• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

ペットフード・ペットビジネスの動向

  • Trend of Petfood and Petbusiness
★ プレミアムフード、サプリメントから特別療法食まで―多様化するペットフードの最新開発情報を掲載!
★ 多種多様に広がるペットビジネスを紹介!
★ 犬猫飼育率増加!年々拡大するペット関連市場を解説!

商品コード: T0572

  • 監修: 本好茂一・大木富雄
  • 発行日: 2007年8月
  • 価格(税込): 70,200 円
  • 体裁: B5判・310ページ
  • ISBNコード: 978-4-88231-698-5
こちらの書籍については、お問い合わせください。
  • ドッグフード,キャットフード,サプリメント,特別療法食,歯周病,肥満,高齢,ペットビジネス,マイクロチップ,

刊行にあたって

 日本国内でイヌとネコが2、500万頭もペットオーナーのもとで飼われています。この中で自家製フードに依存している人は少なく、大部分のオーナーはペットフードの恩恵に浴していることは間違いありません。しかし、ペットフードの背景を認識し、理解している人は意外と少ないのではないかと思われます。
 このような状況の中、再度“ペットフード、ペットビジネスの現状”を紹介し、更なる発展を願おうとするのは当然の帰結といえるのではないでしょうか。コンパニオンアニマルが日本にも定着し、獣医療が人医療に一歩でも近づけるよう予防から高齢動物、幼齢動物への栄養管理は申すに及ばず、その基本知識から広汎な社会的背景なども、また不安をつのらす要因分析などあらゆる角度から常識と非常識の社会現象も理解し、是正し、進歩し、結果として愛するペットへの投資として読んで頂ければと期待しています。
 ペットフードへの科学的知識や利用者の誤った使用法はペットアニマルへの健康や性格、行動などに異常が示されるに及んではじめてフードの合理的給与と管理面での非を認識することとなります。
 日本でのペットフードやサプリメントへの監督庁の理解や指導への方向は明確でなく、個々に行われがちです。風評や苦情は正しく報道されず、誤解と不信を招くことも多々あります。こんな時どこをどのように対処すればよいのか判断する力を養成することが大切であります。
 また近年動物への栄養や管理面への指針ともなるような研究実績は少なく、動物病院などの治療面からの栄養指導が必ずしも正しく伝えられないという不親切さも加わります。環境問題にやさしく、資源の入手法など不安を除き、正しい食餌管理をやさしく正しく理解し、健康で元気で長寿へ向け寿命を全うさせることがペットオーナーの責任であることを自覚させるような知識と常識を学びとって頂きたいと念願いたします。
(「まえがき)より抜粋)
日本獣医生命科学大学 名誉教授  本好茂一

著者一覧

本好茂一   日本獣医生命科学大学 名誉教授;日本ウマ科学会 名誉会長;獣医東洋医学会 名誉会長
大木富雄   日本ペットフード(株) 常務取締役
大島誠之助   アニマテック オオシマ 代表
金兵孝雄   ニッケペットケア(株) 商品開発室 室長
谷口順一   (株)ヤマヒサ ペットケア事業部 マーケティング部 食品開発室 室長
内野富弥   (株)動物エムイーリサーチセンター センター長
高津善太   (株)森乳サンワールド 生産部 開発担当部長
坂根 弘   ヒルズペットニュートリション アジア-パシフィック(株)日本支社 学術部 アソシエイトディレクター
阿部又信   麻布大学 名誉教授;ヤマザキ動物看護短期大学 教授
大野和彦   ペットフード公正取引協議会 事務局長
左向敏紀   日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 教授
矢野史子   近畿大学 生物理工学部 生物工学科 教授
田代靖人   明治製菓(株) 健康・機能情報部 部長
藤田桂一   フジタ動物病院 院長
石岡克己   日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 講師
古瀬充宏   九州大学 大学院農学研究院 動物資源科学部門 教授
深田恒夫   岐阜大学 応用生物科学部 教授
髙畑能久   日本ハム(株) 中央研究所 主任研究員
仲村州夫   パシフィックサイエンス(株)
島村麻子   アニコムパフェ(株) 代表取締役社長
川岸惠子   (有)ピー・アイ・テクノ 代表取締役;(社)日本愛玩動物協会 理事
的野英夫   大日本住友製薬(株) アニマルサイエンス部 マネージャー
山﨑恵子   ペット研究会「互」 主宰

目次

第1章 総論―ペットフードの歴史と変遷―
1. はじめに
2. 規制の動向
2.1 表示規制
2.1.1 公正競争規約
2.1.2 薬事法
2.1.3 容器包装リサイクル法
2.1.4 製造物責任法(Product Liability法)
2.2 製造規制
2.2.1 家畜伝染病予防法
2.2.2 牛海綿状脳症対策特別措置法
2.3 輸入・販売規制
2.3.1 毒物及び劇物取締法
3. 環境の動向
3.1 ペットは家族の一員
3.2 犬の小型化
3.3 高齢化
3.3.1 飼育場所
3.4 ペットの社会化

【ペットフードの開発編】
第2章 フードの形態による分類
1. ドッグフード
1.1 はじめに
1.2 ドライフード
1.2.1 ドライフードとは
1.2.2 原料
1.2.3 製造方法
1.2.4 エクストルーダのペットフード製造への採用の経緯
1.2.5 ドライフードの特徴
1.2.6 ドライフードの種類
1.2.7 栄養学的位置づけ
1.3 ウェットフード(缶詰、レトルトパウチ詰、アルミトレイ詰など)
1.3.1 ウェットフードとは?
1.3.2 原料
1.3.3 製造方法
1.3.4 ウェットフードの種類と栄養
1.4 セミモイストフード、ソフトモイストフード、ソフトドライフード
1.4.1 セミモイストフード、ソフトモイストフード、ソフトドライフードとは?
1.4.2 原料
1.4.3 製造方法
1.4.4 セミモイストフード、ソフトモイストフードの種類と栄養
1.5 その他のフード
1.5.1 ミルク
1.5.2 チューブ詰栄養フード

2. キャットフード
2.1 はじめに
2.2 ドライフード
2.2.1 ドライフードとは
2.2.2 原料
2.2.3 タウリン秘話
2.2.4 製造方法
2.2.5 ドライフードの特徴
2.2.6 ドライフードの種類
2.2.7 栄養学的位置づけ
2.3 ウェットフード(缶詰、レトルトパウチ詰、アルミトレイ詰など)
2.3.1 ウェットフードとは?
2.3.2 原料
2.3.3 製造方法
2.3.4 ウェットフードの種類と栄養
2.4 セミモイストフード
2.4.1 セミモイストフードとは?
2.4.2 原料
2.4.3 製造方法
2.4.4 種類と栄養

3. プレミアムフード
3.1 はじめに
3.2 プレミアムフードの定義
3.3 プレミアムフードの歴史
3.4 プレミアムフードの原料と栄養設計
3.4.1 ライフステージ
3.4.2 主要原料
3.4.3 ビタミン・ミネラル・機能性原料
3.4.4 タンパク質保証値と脂肪保証値
3.5 プレミアムフードの主要銘柄と特徴
3.6 プレミアムフードの市場
3.6.1 日本
3.6.2 米国
3.6.3 西欧
3.7 プレミアムフードの今後

4. スナック
4.1 はじめに
4.2 スナックの分類
4.3 スナックの品質保持
4.4 ビーフジャーキー
4.5 ササミジャーキー
4.6 ササミ巻き
4.7 その他の犬用スナック
4.8 猫用スナック
4.9 動物検疫

5. 観賞魚用フード
5.1 はじめに
5.2 金魚とフード
5.3 錦鯉とフード
5.4 熱帯魚とフード
5.5 その他のフード

6. 小鳥・愛玩鳥用フード
6.1 はじめに
6.2 小鳥の飼育
6.3 小鳥の飼育と栄養
6.3.1 セキセイインコ
6.3.2 カナリア
6.3.3 ブンチョウ(文鳥)
6.3.4 キュウカンチョウ(九官鳥)
6.3.5 ハト(鳩)
6.4 小鳥のフード

7. 動物用サプリメントの分類
7.1 はじめに
7.2 対象疾患からの分類
7.3 動物サプリメント臨床試験判定法の分類
7.4 動物サプリメントの形状の分類
7.5 サプリメントの今後に求められるもの

8. ミルク
8.1 ミルクの特徴
8.1.1 ミルクの本来の意義と栄養バランス
8.1.2 たんぱく質
8.1.3 乳脂肪
8.1.4 炭水化物
8.1.5 ミネラル
8.1.6 ビタミン類と機能性成分
8.2 各種動物の母乳組成
8.2.1 一般的比較
8.2.2 母乳の組成の違いと種の繁栄
8.2.3 各種動物乳の調製
8.3 ペットフードにおけるミルクの位置
8.3.1 わが国でのペットミルクの歴史
8.3.2 犬猫の授乳期および離乳期
8.3.3 成犬・成猫の栄養補給と栄養バランスの改善
8.3.4 飲み物として、ふりかけとして
8.3.5 ハイシニア・病態の犬猫の主食や、栄養補給に
8.4 ペット用ミルクの形態
8.5 ミルクを使用したペット向け製品
8.6 おわりに

9. 犬と猫の特別療法食
9.1 獣医科用特別療法食のはじまり
9.2 特別療法食の位置付け
9.3 操作対象の栄養素
9.3.1 蛋白質、アミノ酸
9.3.2 脂肪酸
9.3.3 炭水化物、繊維質
9.3.4 ビタミン類
9.3.5 ミネラル類
9.4 栄養補助食品
9.4.1 カルニチン
9.4.2 αリポ酸
9.4.3 グルコサミン、コンドロイチン硫酸
9.4.4 ミドリイガイ抽出物
9.5 利用可能な特別療法食の種類
9.6 臨床研究によるエビデンス

第3章 ペットのライフステージ栄養
1. ライフステージ栄養の概念
2. 一般的なライフステージ区分
2.1 年齢要因による区分
2.2 年齢以外の区分
2.2.1 品種(種)差
2.2.2 性別および不妊処置の有無
2.2.3 活動レベルとストレス
2.2.4 環境・季節要因
2.2.5 疾患状態
2.2.6 繁殖状態(妊娠・授乳期)
3. 栄養要求とライフステージ
3.1 水
3.2 エネルギー
3.2.1 パピー
3.2.2 アダルト
3.2.3 シニア
3.2.4 妊娠期
3.2.5 授乳期
3.3 蛋白質
3.3.1 パピー
3.3.2 アダルト
3.3.3 シニア
3.3.4 妊娠・授乳期
3.4 脂肪および必須脂肪酸
3.4.1 パピー
3.4.2 アダルト
3.4.3 シニア
3.4.4 妊娠期
3.4.5 授乳期
3.5 炭水化物ならびに繊維質
3.5.1 妊娠期
3.5.2 授乳期
3.6 ミネラル類:リン、カルシウム、ナトリウム、クロライドその他
3.6.1 パピー
3.6.2 アダルト
3.6.3 シニア
3.6.4 妊娠期
3.6.5 授乳期
3.7 ビタミン類
3.7.1 脂溶性ビタミン
3.7.2 水溶性ビタミン
4. おわりに

第4章 NRC飼養標準とAAFCOの養分基準
1. はじめに
2. NRC飼養標準
2.1 NRC
2.2 NRCの養分要求量
2.3 NRC飼養標準がバイブルであった時代
2.4 NRC飼養標準の没落
3. AAFCOの養分基準
3.1 アメリカ飼料検査官協会
3.2 AAFCO養分基準の登場
3.3 わが国の対応
4. NRCの巻き返し
4.1 2006年版NRC飼養標準
4.2 新機軸の数々
4.3 新NRC標準による犬の蛋白質要求量
4.4 新NRC標準はバイブルになり得るか?

第5章 ペットフードの表示について
1. ペットフードの表示
2. ペットフードの表示に関する公正競争規約
2.1 表示の基本
2.2 ペットフードの定義
2.3 必要表示事項
2.4 表示の文字
2.5 総合栄養食について
2.5.1 「総合栄養食」の基準
2.5.2 「総合栄養食」の表示
2.5.3 「総合栄養食」表示する事業者の責任
2.6 特定事項の表示基準
2.7 不当表示について

【応用編】
第6章 犬猫の健康と必須脂肪酸
1. はじめに
2. 脂肪酸の吸収
3. 体脂肪の使用
4. 脂肪酸添加とカルニチン
5. 皮膚疾患
6. 心機能
7. 腫瘍疾患に対する脂肪酸の利用
8. 関節疾患

第7章 ミネラル原料
1. はじめに
2. ミネラルとは
2.1 ミネラルの種類と役割
2.2 ミネラルの吸収に影響を及ぼす要因
2.3 ミネラルの生体利用性(bioavailability)と恒常性維持機能(Homeostatic mechanism)
3. 多量ミネラル
3.1 カルシウム(Ca)とリン(P)
3.2 カルシウムの吸収と体内代謝
3.3 カルシウムの要求量
3.4 過剰のカルシウム給与がもたらす害
3.5 カルシウム源
3.6 リン源
3.7 カルシウムとリンの比率
3.8 マグネシウム(magnesium、Mg)
3.9 ナトリウム(sodium、Na)、カリウム(potassium、K)と塩素(chlorine、CI)
4. 微量ミネラル
4.1 鉄(Fe)
4.2 亜鉛(Zn)
4.3 銅(Cu)
4.4 マンガン(Mn)
4.5 ヨウ素(ヨード、I)
4.6 セレン
4.7 その他の微量ミネラル

第8章 オリゴ糖と腸内細菌
1. オリゴ糖とは
2. ペットの腸内細菌
3. オリゴ糖のペットの腸内細菌に対する影響
4. オリゴ糖のペットの便臭・尿臭に対する効果
5. オリゴ糖と栄養素吸収
6. オリゴ糖のその他の機能

第9章 歯周病予防効果
1. はじめに
2. 歯周病の疫学的特徴
3. 口腔の感染防御機構
4. 歯周病の発生
5. 歯周病における予防歯科処置
6. 歯周病の予防効果
7. おわりに

第10章 肥満と疾病とフード
1. はじめに
2. 肥満の定義と疫学
3. 肥満の原因
3.1 原発性肥満
3.2 症候性肥満
4. 肥満と疾患
4.1 ヒトの肥満との共通点・相違点
4.2 イヌとネコの肥満がもたらすその他の害
5. 肥満の評価法
5.1 一般的な評価法
5.2 体脂肪計による肥満評価
5.3 CTスキャンによる体脂肪評価
5.4 血中レプチンの測定
5.5 その他の方法
6. 肥満の治療・予防法
6.1 療法食を用いた肥満治療
6.2 薬物による肥満治療
6.3 肥満の予防について
7. おわりに

第11章 高齢動物の栄養
1. 高齢・老齢とは
2. 高齢・老齢による変化
2.1 血液成分の変化
2.2 代謝の変化
2.3 皮膚の変化
2.4 消化器の変化
2.5 泌尿器系の変化
2.6 骨格筋系の変化
2.7 心臓血管系の変化
2.8 感覚の変化
2.9 行動の変化
3. 高齢ペットに対する栄養的配慮
3.1 エネルギー
3.2 タンパク質とアミノ酸
3.3 脂質
3.4 ビタミンとミネラル

第12章 老齢犬における栄養と腸内細菌叢
1. はじめに
2. 老齢犬の定義と老齢犬の食餌管理
3. 加齢によって生じる生理的変化
4. 犬および猫の正常腸内細菌叢について
5. 加齢と腸内細菌叢の関係について
6. 栄養素と腸内細菌叢の関係について
6.1 蛋白質
6.2 脂質
6.3 炭水化物
7. 老齢犬における腸内細菌叢からみた必要な栄養
8. 老齢犬における栄養と腸内細菌叢
9. 老齢犬におけるプロバイオティクス、プレバイオティクスおよびシンバイオティクスの応用
10. おわりに

第13章 高齢化と疾病と食餌管理
1. はじめに
2. 高齢・老齢期の疾病
2.1 加齢と除脂肪体組織
2.2 加齢と糖尿病
2.3 加齢と歯周病/口腔疾患
2.4 加齢と循環器疾患
2.5 心疾患と栄養素
2.6 加齢と腎疾患
2.7 加齢と抗酸化成分
2.8 加齢とがん(癌)
2.9 高齢犬の認知機能低下
2.10 加齢と猫の尿石症
3. おわりに

第14章 ペットフードの添加物
1. 添加物の利用
2. 食品添加物と飼料添加物
3. 添加物の法的位置付け
4. ペットフードに使用する添加物
4.1 ドライフードに利用される添加物
4.2 セミモイスト・ソフトドライフードに利用される添加物
4.3 ウエットフード(缶詰・レトルト等)
5. 使用制限のある添加物の例
5.1 プロビレングリコール
5.2 エトキシキン
5.3 セレン化合物
6. 加工による添加物の変化
6.1 ビタミンの劣化
6.2 加工時の反応

第15章 畜産副生物のペットフードへの利用
1. はじめに
2. 畜産副生物による「グルメ化」への対応
3. 畜産副生物による「高齢化」への対応
4. おわりに

第16章 ペットフード製造機器の技術開発の動向について
1. はじめに
2. 一軸押出機VS二軸押出機
3. 押出機(Cooking Extruder)
4. 押出機スクリューの回転数
5. バックプレッシャーバルブ(Back Pressure Valve/BPV)
6. プレコンディショナー(Preconditioner)の役割
7. ダイ(Die)
8. トリート(Treats)
9. 押出機の自動化
10. 乾燥機(ドライヤーとクーラー)
11. 使用済原料を再利用(Waste Recycle System)
12. 品質管理

第17章 デンタルケア用品
1. はじめに
2. 食餌を食べることによって歯垢・歯石の付着を予防する
2.1 療法食
2.1.1 プリスクリプションダイエットt/d(ヒルズ社)
2.1.2 デンタルケアフード(アイムス社)
3. 咬むことや歯に接触することにより歯垢・歯石の付着を予防する
3.1 玩具、骨、ひづめ、生皮、縄
3.2 トリーツ(デンタルガムを含む)
3.2.1 C.E.T.ビルバックチュウ
3.2.2 C.E.T.ベジタルチュウ
3.2.3 デンタボーン
3.2.4 デンタエックス
3.2.5 グリニーズ
4. 飼い主が動物の歯を擦ったり、液体を口腔内に入れることより歯垢・歯石を予防する
4.1 歯磨きシート
4.2 歯磨きコットンシートセット
4.3 フィンガーブラシ
4.4 液体歯磨き
4.5 口腔スプレー
5. 飼い主が動物の歯磨きをすることにより歯垢・歯石を予防する
5.1 ポリッシングペースト(歯磨剤)
5.1.1 C.E.T酵素入り歯磨きペースト(ビルバック社)
5.2 歯ブラシ
6. デンタルモデルを利用して飼い主へデンタルホームケアを促す
7. おわりに

【ペットビジネスと市場編】
第18章 ペットビジネス市場
1. 保険
1.1 ペット保険の始まりと現状
1.2 さまざまなペット保険システム
1.3 引受
1.3.1 引受対象動物
1.3.2 新規加入条件
1.3.3 割増引
1.3.4 掛金
1.4 保障
1.4.1 保障項目
1.4.2 給付金受取方法
1.4.3 保障方法と利用限度額
1.5 その他
1.6 今後のペット保険市場

2. ペットホテル
2.1 ペットホテルとは
2.2 ペットホテルの形態別例
2.3 開業・経営にあたって
2.3.1 お客様のペットホテルに対する要望
2.3.2 開業時に必要な項目(資格・届け出・スタッフ教育)
2.3.3 経営効率を上げる
2.3.4 予想される苦情と対策「例:鳴き声、臭い」
2.3.5 予想される事故(アクシデント)と対策
2.4 仕事の内容(日常の仕事(全般))と具体例
2.5 ペットホテルの今後

3. 動物愛護とマイクロチップ
3.1 動物の固体識別の歴史
3.2 動物用マイクロチップの歴史
3.3 動物用マイクロチップとは
3.4 動物用マイクロチップの規格
3.5 動物用マイクロチップの安全性
3.6 動物用マイクロチップの行政での活用
3.6.1 わが国の犬等の検疫制度とマイクロチップ
3.6.2 特定動物へのマイクロチップ装着規定
3.6.3 動物愛護管理法とマイクロチップ
3.7 マイクロチップの使用方法とデータベースへの登録
3.8 次世代の動物用マイクロチップの導入
3.8.1 ライフチップバイオサーモの位置づけ
3.9 今後の展望

4. 人材育成ビジネス
4.1 はじめに
4.2 教育システム
4.3 ペットビジネスの職種
4.3.1 ペットビジネス系
4.3.2 看護系
4.3.3 訓練系
4.3.4 トリミング系
4.3.5 人間の医療・福祉に関わるもの
4.4 動物分野における人材育成ビジネスの課題
4.5 おわりに
4.6 情報収集に役立つ組織

第19章 ペットフード・ペットビジネス市場
1. ペット関連市場の動向
2. ペットフード市場の動向
2.1 概略
2.2 ドッグフード・キャットフードの動向
3. ペット用品市場の動向
3.1 概略
3.2 今後どういった方向にシフトするか
3.3 注目市場
3.3.1 サプリメント
3.3.2 特別療法食
3.3.3 消臭剤/脱臭剤
3.3.4 オムツ
3.3.5 ペット保険
4. 今後の展望
このページのTOPへ