• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

複合糖質の化学と最新応用技術

  • Glycoconjugate Chemistry and Modern Applied Technology
※こちらの書籍は,電子書籍(eBook)として販売をしております。
・価格4,800円(税抜)
丸善販売サイト「Knowledge Worker」にてPDF版販売中!
http://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1024390816

★ 前書刊行以降5年間の糖鎖化学の研究開発の動向を網羅した糖科学研究者必読の一冊!!
★ 基礎的合成技術、発展的合成技術、応用展開の3編構成!基礎から応用までを詳述!!
★ 第一線で活躍する国内研究者68名による分担執筆!!

商品コード: T0688

  • 監修: 正田晋一郎・稲津敏行
  • 発行日: 2009年6月
  • 価格(税込): 70,200 円
  • 体裁: B5判、298ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0131-0

個数: 

カゴに入れる

  • グリコシル化 / フルオラス糖鎖 / シアル酸 / エンド酵素 / 糖ペプチド / 糖タンパク / プロテオグリカン / シクロデキストリン / セルロース / ヒアルロン酸

刊行にあたって

 インフルエンザウイルスによる感染など、身近な疾患に糖質化合物が深く関わっていることが明らかにされている。糖研究は古くから我が国のお家芸であり、ライフサイエンスとしての糖鎖生物学、構造解析、合成、機能研究など、今なお世界の最先端領域を牽引し続けている。そこでは合成化学の基盤が不可欠なものとなっている。ケミストリーという強固な礎の上に築かれる糖科学であるからこそ、砂上の楼閣とならずに、大きく発展することができるのである。
 本書は、1)基礎的合成技術、2)発展的合成技術、3)応用展開の三篇から構成され、複合糖質の化学における最新の基礎および応用技術が、第一線で活躍中の研究者・技術者によって平易に、しかも熱く語られている。実践的なものづくりに携わっている研究者だけでなく糖鎖生物学の分野の研究者にとっても、お役に立てれば執筆者一同法外の喜びである。
(「はじめに」より)

2009年6月  東北大学大学院 工学研究科 正田晋一郎

著者一覧

楠本正一   (財)サントリー生物有機科学研究所 所長
山田英俊   関西学院大学 理工学部 教授
朝倉典昭   関西学院大学大学院 理工学研究科 博士研究員
水野真盛   (財)野口研究所 糖鎖有機化学研究室 室長
岡 夏央   岐阜大学 工学部 応用化学科 准教授
松村史子   Burnham Institute for Medical Research 博士研究員
和田 猛   東京大学 大学院新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻 准教授
安藤弘宗   岐阜大学 応用生物科学部 准教授、京都大学 物質-細胞統合システム拠点
石田秀治   岐阜大学 応用生物科学部 教授
木曽 真   岐阜大学 応用生物科学部 教授、京都大学 物質-細胞統合システム拠点
石渡明弘   (独)理化学研究所 基幹研究所 伊藤細胞制御化学研究室 専任研究員
伊藤幸成   (独)理化学研究所 基幹研究所 伊藤細胞制御化学研究室 主任研究員
清水弘樹   (独)産業技術総合研究所 ゲノムファクトリー研究部門 分子発現制御研究グループ 研究員
西村紳一郎  北海道大学大学院 先端生命科学研究院 先端生命科学部門 先端生体制御科学分野 教授
田中浩士   東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授
高橋孝志   東京工業大学 大学院理工学研究科 教授
橘田和憲   慶應義塾大学 理工学研究科
濱田 学   慶應義塾大学 理工学研究科
梅澤一夫   慶應義塾大学 理工学部 教授
東 利則   慶應義塾大学 薬学部 助教
須貝 威   慶應義塾大学 薬学部 教授
野口真人   東北大学大学院 工学研究科 助教
田中知成   東北大学大学院 工学研究科
小林厚志   東北大学大学院 工学研究科 助教
正田晋一郎  東北大学大学院 工学研究科 教授
苫米地祐輔  東海大学大学院 総合理工学研究科 総合理工学専攻;東海大学 糖鎖科学研究所 リサーチアシスタント
稲津敏行   東海大学 工学部 応用化学科 教授、東海大学 糖鎖科学研究所
梅川碧里   京都大学大学院 生命科学研究科 統合生命科学専攻 
山本憲二   京都大学大学院 生命科学研究科 統合生命科学専攻 教授
北岡本光   (独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品バイオテクノロジー研究領域 酵素研究ユニット ユニット長
佐藤憲一   神奈川大学 工学部 物質生命化学科 教授
赤井昭二   神奈川大学 工学部 物質生命化学科 助教
北條裕信   東海大学 工学部 生命化学科 教授
中原義昭   東海大学 工学部 生命化学科 教授
梶原康宏   大阪大学大学院 理学研究科 教授
岡本 亮   大阪大学大学院 理学研究科 特任研究員
戸谷希一郎  成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科 准教授
田村純一   鳥取大学 地域学部 地域環境学科 教授
羽田紀康   慶應義塾大学 薬学部 天然医薬資源学講座 准教授
竹田忠紘   慶應義塾大学 薬学部 天然医薬資源学講座 教授
石田秀樹   東京化成工業(株) 糖鎖技術部
松﨑祐二   東京化成工業(株) 糖鎖技術部
寺尾啓二   (株)シクロケム 代表取締役、東京農工大学 客員教授
荒木 潤   信州大学 ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点 テニュアトラック特任助教
伊藤耕三   東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授
榊原圭太   京都大学 大学院農学研究科 森林科学専攻 博士研究員
小川泰弘   京都大学 大学院農学研究科 森林科学専攻
中坪文明   京都大学 名誉教授、京都大学 生存圏研究所 産官学連携 特任教授
宇山 浩   大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 教授
情野治良   ピアス(株) 中央研究所 主査
濱田和彦   ピアス(株) 中央研究所 取締役中央研究所長
鈴木克彦   (株)三菱化学生命科学研究所 主任研究員
蟹江 治   (株)三菱化学生命科学研究所 主任研究員
湯浅英哉   東京工業大学大学院 生命理工学研究科 准教授
新倉謙一   北海道大学 電子科学研究所 准教授
田中克典   大阪大学大学院 理学研究科 助教
深瀬浩一   大阪大学大学院 理学研究科 教授
小島直也   東海大学 工学部 生命化学科 教授
石原雅之   防衛医科大学校 防衛医学研究センター 医療工学研究部門 教授
山本 理   生化学工業(株) 研究開発本部 研究開発推進部 次長 
松岡浩司   埼玉大学大学院 理工学研究科 准教授
幡野 健   埼玉大学大学院 理工学研究科 講師
照沼大陽   埼玉大学大学院 理工学研究科 教授
和泉雅之   (元)東京工業大学 大学院生命理工学研究科 助手
橋本弘信   (独)大学評価・学位授与機構 学位審査研究部 客員教授
三浦佳子   北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科 准教授
井上貴之   立教大学 大学院理学研究科 化学専攻
田渕眞理   立教大学 理学部 化学科・極限生命情報研究センター 准教授;島根大学 客員教授

目次

序論 

【 第 1 編 基礎的合成技術 】

第1章 立体配座の束縛を利用したグリコシル化反応
1. はじめに:ピラノース環の立体配座
2. グリコシル化反応の立体選択性に関連するピラノース環の立体配座
3. 嵩高いシリル基の導入による立体配座の束縛
4. 立体配座の束縛を利用した立体選択的O-グリコシル化反応
5. 立体配座の束縛を利用した立体選択的C-グリコシル化反応
6. アキシアル配向した置換基の効果
7. Super armed糖供与体
8. まとめ

第2章 フルオラス糖鎖合成の最近の展開
1. はじめに
2. フルオラス法とは
3. フルオラス法による糖鎖合成
3.1 マイクロリアクターとF-SPE法の組み合わせ
3.2 動物細胞を利用した糖鎖合成への応用
3.3 糖鎖ライブラリー合成
3.4 フルオラス糖鎖の固定化
4. 単糖ユニット合成
4.1 F-SPE法による単糖ユニット合成
4.2 F-LLE法による単糖ユニット合成
4.3 化学-酵素法とF-SPE法によるシアル酸誘導体の合成
5. おわりに

第3章 糖-1-リン酸誘導体の化学合成
1. 糖-1-リン酸構造を含む天然物及びその化学修飾体
2. 糖-1-リン酸構造の化学合成法
2.1 グリコシルホスフェートトリエステルを用いた糖-1-リン酸誘導体の合成
2.2 H-ホスホネート法による糖-1-リン酸誘導体の合成
2.3 ホスホロアミダイト法による糖-1-リン酸誘導体の合成
2.4 ボラノホスホトリエステル法による糖-1-リン酸誘導体の合成
3. 今後の展望

第4章 シアル酸化学の新局面―過去5年の動向から
1. はじめに
2. 5位修飾型シアル酸供与体の発展
3. オリゴシアル酸合成の新局面
4. シアル酸グリコシドのミミック合成
5. おわりに

第5章 グリコシル化の高効率立体制御法
1. はじめに
2. 溶媒効果による高効率立体制御 : グリコシル化反応の迅速最適化法の開発と1,2-cis-α-グリコシル化反応
3. 環状保護基の効果を利用した高効率立体制御 : 1,2-cis-β-Araf構築法
4. 電子吸引性保護基の立体電子効果による高効率立体制御 : 1,2-cis-α-GalNAc結合構築法
5. 分子内アグリコン転移反応(IAD)による高効率立体制御 : 2-ナフチルメチル(NAP)エーテルを介した1,2-cisグリコシル化について
6. おわりに

第6章 グリコシル化の改良
1. はじめに
2. マイクロ波を利用したグリコシル化反応
2.1 マイクロ波とは?
2.2 メチルグリコシド糖供与体によるグリコシル化反応
2.3 低温下でマイクロ波照射したルイスX3糖体合成
2.4 マイクロ波利用合成化学の今後の展開, 展望
3. 金ナノ粒子上での糖鎖合成
4. 難溶性糖基質に対する糖転移酵素反応におけるシクロデキストリン効果
5. おわりに

第7章 ラボオートメーション技術を利用する効率的糖鎖合成技術の開発研究
1. はじめに
2. ラボオートメーション技術の糖鎖合成への適応
3. ラボオートメーション技術を利用した糖鎖ユニットの調製
4. ワンポットグリコシル化を用いる糖鎖合成
4.1 ワンポットグリコシル化反応を用いるα(2,3)シアル酸含有糖鎖の合成
4.2 ワンポットグリコシル化反応を用いるα(2,9)オリゴシアル酸合成
5. 固相法を用いる保護糖鎖の脱保護法の開発
6. まとめ

第8章 位置・立体選択的反応を鍵段階とする酵素―化学複合合成法の開発―
1. はじめに
2. シアル酸およびN-アセチルマンノサミンの合成
3. KDO及び誘導体の合成
4. 位置選択的反応の応用
5. 酵素-化学複合法による配糖体合成
6. おわりに

第9章 酵素的グリコシル化に用いる糖供与体の一段階合成技術
1. はじめに
2. 脱水縮合反応と糖転移反応
3. 糖供与体の一般的合成経路
4. 水中において一段階で合成可能なトリアジン型糖供与体
5. 糖オキサゾリン誘導体の一段階合成
6. おわりに

第10章 エンド酵素は糖鎖転移反応の際に糖鎖受容体のどこを認識しているか
1. はじめに
2. エンド酵素の糖鎖転移反応
3. Endo-Mはピラノース環内酸素を認識しているか?
4. ピラノース環構造は必須か?
5. おわりに

第11章 改変型エンド酵素を用いる糖転移反応とその応用
1. はじめに
2. Endo-Mの糖転移活性
3. Endo-Mの部位特異的変異の導入
4. Y217F変異体の糖転移活性の上昇
5. Endo-Mの反応機構
6. グライコシンターゼ様に機能するN175A変異体
7. 改変型Endo-Mを用いた糖鎖複合体の合成
8. おわりに

第12章 ホスホリラーゼ工学による糖鎖合成  
1. ホスホリラーゼについて
2. ホスホリラーゼのオリゴ糖ライブラリー合成への利用
2.1 セロビオースホスホリラーゼを利用したβ1→4オリゴ糖合成
2.2 β1→4グルコ/キシロヘテロオリゴ糖ライブラリーの調製
2.3 β1→3-1→4グルコオリゴ糖ライブラリーの調製
3. ホスホリラーゼ工学
3.1 同じ糖1-リン酸エステル生成ホスホリラーゼの組合せ
3.2 異なる糖1-リン酸エステル生成ホスホリラーゼの組合せ : ホスホリラーゼ工学の機能性糖鎖調製への適用
4. 今後の課題


【 第 2 編 発展的合成技術 】

第1章 糖質を出発原料とするテトロドトキシンの立体選択的合成
1. はじめに
2. 糖質を出発原料とする天然物合成の意義
3. テトロドトキシン(TTX)について
4. 3つの手法によるTTXの全合成計画と鍵反応
5. 3つの方法によるテトロドトキシン(TTX)の立体選択的合成
5.1 myo-イノシトールからのTTXの合成(A法)
5.2 D-グルコースからの光学活性テトロドトキシンの合成(B法)
5.3 Ferrier(II)反応を鍵反応とするD-グルコースからの光学活性テトロドトキシンの合成(C法)
6. おわりに

第2章 糖ペプチド, 糖タンパク質の化学合成法
1. はじめに
2. 糖タンパク質合成をめざした新規なペプチドチオエステル合成法の開発
3. チオエステル法の発展
4. 糖ペプチドデンドリマー合成法の開発
5. おわりに

第3章 糖鎖を有するタンパク質の合成とホールディング
1. はじめに
2. 糖タンパク質の化学合成
3. 糖タンパク質のホールディング
4. おわりに

第4章 N-結合型糖鎖プローブの合成とタンパク質品質管理機構解析への応用
1. はじめに
2. タンパク質品質管理と糖鎖
3. N-結合型糖鎖プローブの合成
4. UGGTの解析
5. グルコシダーゼIIの解析
6. CRTの解析
7. おわりに

第5章 プロテオグリカンの化学合成をめざして
1. プロテオグリカンの化学構造
2. 繰返し二糖領域の化学合成
3. 結合領域の化学合成
4. 小型プロテオグリカンの合成
5. クラスター型プロテオグリカンの合成
6. まとめ

第6章 無脊椎動物由来糖脂質の合成
1. はじめに
2. 無脊椎動物由来の糖脂質
2.1 キシャヤスデ由来の糖脂質
2.2 ブタ回虫由来の糖脂質
2.3 フトミミズ由来の糖脂質
2.4 エキノコックス由来の糖脂質
3. おわりに

第7章 機能性糖鎖の工業化をめざす糖鎖中間体の大量合成
1. はじめに
2. アノマー位の保護
3. 単糖ブロック
4. オリゴ糖ブロック
5. 安価な糖から高価な糖への誘導
6. 将来の展望

第8章 シクロデキストリンの化学―最近の進歩― 
1. はじめに
2. CDの医薬分野への応用
2.1 水溶性CDを用いる薬物吸収性の改善
2.2 疎水性CDを用いる薬物の放出制御
2.3 薬物-CD結合体による大腸特異的送達システム
3. CDの栄養補助(機能性)食品分野への応用
3.1 γCDによる生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)の向上
3.2 CDによる機能性成分の安定性改善
4. CDを用いる超分子化学
4.1 CDを用いる人工レセプター
4.2 CDを用いる人工アシル基転位酵素
4.3 高分子とCDの包接形成によるポリロタキサンの合成とその応用
5. おわりに

第9章 環動ゲルおよび環動高分子材料の開発
1. はじめに
2. 超分子ポリロタキサンと“第3のゲル”環動ゲル
3. 環動ゲルおよび環動高分子材料の調製法
4. 環動ゲルおよび環動高分子材料の物性
4.1 「滑車効果」の寄与による, 高伸張性・高膨潤性・高強度などの特異な力学物性
4.2 内部構造の均一性
4.3 生体材料にきわめて近い力学的物性
4.4 周囲環境の変化に誘起される架橋点の移動と, それに伴う物性の変化
5. 様々な環動ゲルおよび環動高分子材料の調製例
5.1 環動ゲルの調製例
5.2 機能性環動ゲルの調製
5.3 他の環動高分子材料
6. おわりに

第10章 セルロースの役割分担型機能化と光電変換機能セルロース
1. はじめに
2. セルロースの役割分担型機能化
2.1 化学合成法による高位置選択的置換セルロース誘導体の調製と性質
2.1.1 構造明確な高位置選択的置換セルロース誘導体の調製
2.1.2 高位置選択的置換セルロース誘導体の性質
2.1.3 その他―オルトエステルの開環重合法の応用―
2.2 高位置選択的置換セルロース誘導体によるLangmuir-Blodgett(LB)膜の調製と性質
3. 役割分担型機能化セルロースによる光電変換機能膜
3.1 有機材料による光電変換機能膜
3.2 疎水相互作用型構築法(HIF法)
3.3 共有結合型構築法(CBF法)
3.4 セルロース誘導体の化学構造の最適化
3.5 セルロース誘導体とフラーレン分子の混合超薄膜の光電変換特性
4. おわりに

第11章 キトサン物理ゲルの形成
1. はじめに
2. 両親媒性キトサン誘導体の水中での物理ゲル形成
3. 両親媒性キトサン誘導体の化粧品への応用
4. おわりに

第12章 コンビナトリアル糖鎖ライブラリー
1. はじめに
2. 糖鎖ライブラリーの合成
3. 機能解析に向けた展開
4. 質量分析による構造情報抽出への展開
5. 次世代アグリコンの提案(多目的に使えるライブラリーのために)
6. おわりに


【 第 3 編 応用展開 】

第1章 モレキュラーマシンの部品としての糖鎖
1. はじめに
2. 糖の環構造変化と生理機能
3. 単糖の立体配座変化を用いた分子デバイスの開発

第2章 糖鎖で被覆した金属および半導体ナノ粒子の合成と応用
1. はじめに
2. 微粒子をツールとした糖鎖研究
2.1 糖鎖提示金属ナノ微粒子が可能とする糖鎖のクラスター効果
2.2 糖鎖提示量子ドットによるセンシングおよび細胞内イメージング
3. 糖鎖ナノ微粒子を用いた核内輸送研究
4. おわりに

第3章 糖鎖のインビボダイナミックイメージング
1. はじめに
2. 可溶性糖鎖, および糖タンパク質の生体内イメージング
2.1 リポソームを糖鎖の担体とするシアリルルイスXの炎症や癌のインビボ蛍光イメージング
2.2 リジン残基への革新的標識法の開発に基づく糖タンパク質の陽電子放出崩壊断層撮影(PET)イメージング : シアル酸含有糖鎖によるタンパク質の血中内安定性への影響
3. 生き物を丸ごと用いた生細胞上の糖鎖発現パターン変化のインビボダイナミック蛍光イメージング
4. おわりに

第4章 オリゴマンノース被覆リポソームの医療応用
1. はじめに
2. 人工糖脂質と人工糖脂質被覆リポソーム
3. がんの腹腔内転移を標的とした細胞運搬法への応用
4. Th1免疫応答誘導アジュバントとしてのOML
5. がんワクチンへの応用展開
6. おわりに

第5章 光硬化キトサンハイドロゲルの医療応用
1. はじめに
2. 創傷治療用材料
3. 光硬化性キトサンハイドロゲルの構造と調製
4. 生体接着剤(止血剤)としての光硬化性キトサンハイドロゲル
5. 創傷被覆剤としての光硬化性キトサンハイドロゲル
6. 内視鏡を併用した消化器粘膜切除術への充填材として光硬化性キトサンゲルの適用
7. 光硬化性キトサンハイドロゲルの安全性
8. おわりに

第6章 ヒアルロン酸の医療展開
1. ヒアルロン酸の歴史
2. ヒアルロン酸の体内分布
3. ヒアルロン酸の化学構造
4. 化学修飾HA
5. 医療応用
5.1 関節内注入療法
5.2 眼科領域
5.3 消化器領域
5.4 その他の応用
6. ヒアルロニダーゼ
7. ヒアルロン酸関連学術情報サイト
8. 今後の課題と焦点

第7章 ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究
1. はじめに
2. インフルエンザウィルスノイラミニダーゼ
3. インフルエンザウィルスノイラミニダーゼ阻害剤
4. チオグリコシド型インフルエンザウィルスノイラミニダーゼ阻害剤
5. 多価型インフルエンザウィルスノイラミニダーゼ阻害剤
6. おわりに

第8章 二基質結合型糖転移酵素阻害剤
1. はじめに
2. 二基質結合型アナログのデザイン
3. グリコシルリン酸結合を持たないアナログ
4. グリコシルリン酸結合を持つアナログ
5. おわりに

第9章 糖鎖材料を用いたアルツハイマー病へのアプローチ
1. はじめに
2. アルツハイマー病における糖鎖の役割
3. 人工的な糖鎖材料を利用したAβの解析
4. シアル酸で修飾した電極による, アルツハイマーアミロイドβの検出
5. アミロイド化を阻害, コントロールする材料の開発
6. おわりに

第10章 バクテリア産生多糖の医療産業への活用
1. はじめに
2. バクテリアセルロースの生産
3. バクテリア産生多糖の医療応用(1)創傷被覆剤(人工皮膚)としての利用
3.1 Veloderm(R)と世界市場
3.2 生体親和性の評価
3.3 透過性の評価
3.4 Veloderm(R)の臨床結果
4. バクテリア産生多糖の医療応用(2)ナノ材料としての利用
4.1 医療計測への利用
4.2 紫外線防御効果
4.3 安全性
5. バクテリアセルロースの医療応用(3)その他の利用
5.1 ヘテロ多糖の利用
5.2 酢酸菌の利用
6. まとめ
このページのTOPへ