• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

UV・EB硬化材料・製品の市場実態と展望

  • Market & Prospect of UV/EB Radiation Curing Material and product
★ 省資源,省エネルギー,環境保全の観点から注目されるUV・EB硬化技術!
★ 本書では「材料編」として,モノマー,オリゴマー,光重合開始剤の市場動向を解説!!
★ 「応用編」では,コーティング,印刷インキ,ディスプレイ材料など主要応用分野での用途動向,メーカー動向,価格などを詳述!!

商品コード: Z0180

  • 監修: シーエムシー出版
  • 発行日: 2007年6月
  • 価格(税込): 70,200 円
  • 体裁: B5判,210ページ
  • ISBNコード: 978-4-88231-946-7

個数: 

カゴに入れる

刊行にあたって

 我が国において環境・安全に対する意識は益々強まっている。また,生産性向上は企業にとって変わりない命題であり,それに対する方策の一つとして1970年代にUV・EB硬化技術が開発され,技術的にも材料,硬化技術,装置すべてにおいて大きく進化している。
 また応用分野も従来のコーティングや印刷インキ分野などから,ディスプレイ材料やレジスト,光造形など,情報,エレクトロニクス関連等にも広がりを見せており,市場規模も着実に増加傾向にある。
 弊社ではこれらUV・EB硬化技術に関しての技術レポートとして,ラドテック研究会の編集により1989年に「UV・EB硬化技術の応用と市場」を刊行して以来,1992年,1997年,2002年,2006年に改訂版を刊行,最新の技術開発の動向をまとめてきた。いずれも好評を博し,UV・EB硬化技術に対する期待の高さを感じている。
 本書は,これらUV・EB硬化技術を利用した製品,及び使用される材料の市場動向を詳細に調査したレポートである。
 本書は「材料編」と「応用編」の2編構成となっており,「材料編」では使用されるモノマー,オリゴマー,光重合開始剤について,その市場規模,メーカー動向,応用分野等を品種別にまとめた。また「応用編」では,コーティング,印刷インキなど,主要な応用分野におけるUV・EB硬化材料の需要実績,メーカー動向,価格等を詳細にまとめ,材料,応用の両面から,市場の実態と今後の展望が分かるようにした。
 本レポートが樹脂メーカー,添加剤メーカー,また利用されるユーザー業界など関連企業の方々の一助となれば幸いである。
(「はじめに」より)

2007年6月  シーエムシー出版 編集部

目次

UV・EB硬化材料・製品の市場概要
1. はじめに
2. UV・EB硬化型樹脂材料
2.1 アクリル系モノマー・オリゴマー
2.2 非アクリル系モノマー・オリゴマー
2.3 光重合開始剤
3. UV・EB硬化型樹脂の応用分野
3.1 コーティング材料
3.2 印刷インキ
3.3 接着剤・粘着剤
3.4 ディスプレイ材料
3.5 レジスト
3.6 光造形材料

【材料編】
第1章 アクリル系モノマー・オリゴマー
1. アクリレートモノマー
1.1 概要
1.2 市場動向
1.3 品種別動向
1.3.1 単官能アクリレートモノマー
1.3.2 二官能アクリレートモノマー
1.3.3 多官能アクリレートモノマー
1.4 メーカー動向
(1) 東亞合成
(2) 大阪有機化学工業
(3) 共栄社化学
(4) 新中村化学工業 
1.5 主要メーカーの製品

2. オリゴマー
2.1 概要
2.2 市場動向 
2.2.1 エポキシアクリレートオリゴマー
2.2.2 ウレタンアクリレートオリゴマー
2.2.3 ポリエステルアクリレートオリゴマー 
2.2.4 不飽和ポリエステル樹脂
2.3  メーカー動向
2.3.1 エポキシアクリレートオリゴマー
2.3.2 ウレタンアクリレートオリゴマー
2.3.3 ポリエステルアクリレートオリゴマー

第2章 非アクリル系モノマー・オリゴマー・ポリマー
1. 光ラジカル重合系材料
1.1 マレイミド
1.2 ポリエン・チオール
1.3 その他
(1) メチレンジオキソラン化合物
(2) アセトアセテート

2. 光カチオン重合系材料
2.1 エポキシ化合物
2.2 オキセタン化合物
2.3 ビニルエーテル化合物

3. 光架橋性ポリマー

4. 主要メーカーの製品
4.1 光ラジカル重合系材料
4.2 光カチオン重合系材料
4.3 光架橋性ポリマー(UVA3000シリーズ)

第3章 光重合開始剤
1. 光重合開始剤の種類と要求物性
1.1 光重合開始剤の種類と国内市場
1.2 光重合開始剤への要求物性

2. ラジカル型光重合開始剤
2.1 分子内開裂型開始剤
2.1.1 ベンジルケタール型
2.1.2 α-ヒドロキシアセトフェノン型
2.1.3 アミノアセトフェノン型
2.1.4 アシルフォスフィンオキサイド型
(1) モノアシルフォスフィンオキサイド(MAPO)
(2) ビスアシルフォスフィンオキサイド(BAPO)
2.1.5 水系処方用ラジカル型光重合開始剤
2.1.6 低揮発性・低マイグレーション性ラジカル型光重合開始剤
2.1.7 電子材料用O-アシルオキシム型光ラジカル重合開始剤
2.1.8 その他のラジカル系光重合開始剤
2.2 水素引き抜き型光重合開始剤
2.2.1 ベンゾフェノン
2.2.2 その他の水素引き抜き型開始剤

3. カチオン型光重合開始剤
3.1 カチオン型光重合開始剤の特徴
3.2 カチオン型光重合開始剤の種類
3.2.1 ブレンステッド酸発生タイプ
3.2.2 ルイス酸発生タイプ
3.2.3 ラジカル型光重合開始剤との組み合わせ

4. 光酸発生剤

5. メーカー動向

6. 主要メーカーの製品
6.1 ラジカル型光重合開始剤
6.2 カチオン型光重合開始剤
6.3 光酸発生剤

【応用編】
第1章 コーティング材料
1. 概要

2. 自動車用塗料
2.1 ボディー用UV硬化型塗料
2.2 塗装の方法
2.3 メーカー動向

3. 建材用塗料
3.1 木工コーティング
3.1.1 用途動向
3.1.2 市場動向
3.1.3 メーカー動向
3.2 PVC床コーティング
3.2.1 用途動向 
3.2.2 市場動向
3.2.3 メーカー動向
3.3 窯業壁コーティング
3.3.1 用途動向
3.3.2 市場動向
3.3.3 メーカー動向
3.4 建材用EBコーティング
3.4.1 EB硬化型コーティング化粧シート(大日本印刷)
3.4.2 市場およびメーカー動向
3.5 UV硬化型粉体塗料
3.5.1 用途動向
3.5.2 市場動向
3.6 主要メーカーのUVコーティング製品

4. 樹脂ハードコート、メタライズベースコート
4.1 用途動向
4.1.1 樹脂ハードコート
(1) 携帯電話機用ハードコート
(2) 自動車部品用ハードコート
(3) パーソナルコンピュータ
(4) 化粧品容器
4.1.2 メタライズベースコート
4.2 市場動向
4.3 メーカー動向
4.4 主要メーカーの製品

5. フィルムコーティング
5.1 用途動向
5.1.1 液晶ディスプレイ(LCD)用コーティング
5.1.2 プラズマディスプレイ(PDP)用コーティング
5.2 市場動向
5.3 メーカー動向
5.4 主要メーカーの製品

6. 光ディスク用コーティング
6.1 用途動向 
6.2 市場動向
6.3 メーカー動向
6.4 主要メーカーの製品

7. 金属コーティング
7.1 用途動向
7.2 市場動向
7.3 メーカー動向
7.4 主要メーカーの製品

8. 光ファィバーコーティング
8.1 用途動向
8.2 市場動向
8.3 メーカー動向
8.4 主要メーカーの製品

第2章 印刷インキ
1. 概要

2. 平版インキ
2.1 用途動向
2.2 市場動向
2.3 メーカー動向
2.4 主要メーカーの製品

3. 金属缶インキ
3.1 用途動向
3.2 市場動向
3.3 メーカー動向
3.4 主要メーカーの製品

4. スクリーン印刷インキ
4.1 用途動向
4.2 市場動向
4.3 メーカー動向
4.4 主要メーカーの製品

5. グラビアニス・光沢加工
5.1 用途動向
5.2 市場動向
5.3 メーカー動向
5.4 主要メーカーの製品

第3章 接着剤・粘着剤
1. 用途動向
1.1 紫外線硬化型接着剤
1.2 可視光硬化型接着剤

2. 市場動向

3. メーカー動向
3.1 UV接着剤
3.2 可視光硬化型接着剤

4 主要メーカーの製品
4.1 UV接着剤
4.2 可視光硬化型接着剤

第4章 ディスプレイ材料
1. 概要

2. 液晶ディスプレイ(LCD)
2.1 液晶用フォトレジスト
2.1.1 用途動向
2.1.2 市場動向
2.1.3 メーカー動向
2.1.4 主要メーカーの製品
2.2 カラーフィルター用顔料分散レジスト
2.2.1 用途動向
2.2.2 市場動向
2.2.3 メーカー動向
2.2.4 主要メーカーの製品
2.3 ブラックマトリックス材料(黒色レジスト)
2.3.1 用途動向
2.3.2 市場動向
2.3.3 メーカー動向
2.3.4 主要メーカーの製品
2.4 カラーフィルターオーバーコート剤
2.4.1 用途動向
2.4.2 市場動向
2.4.3 メーカー動向
2.4.4 主要メーカーの製品
2.5 シール剤
2.5.1 用途動向
2.5.2 市場動向
2.5.3 メーカー動向

3. プラズマディスプレイ(PDP)
3.1 用途動向
3.2 市場動向
3.3 メーカー動向

第5章 レジスト
1. 概要

2. 半導体レジスト
2.1 用途動向
2.1.1 g線・i線用レジスト
2.1.2 Deep-UV用レジスト
2.2 市場動向
2.2.1 UVレジスト(g線・i線用レジスト)
2.2.2 Deep-UVレジスト(エキシマ用レジスト)
2.3 メーカー動向
2.3.1 UVレジストメーカー
2.3.2 Deep-UVレジストメーカー
2.4 主要メーカーの製品

3. ドライフィルムレジスト
3.1 用途動向
3.2 市場動向
3.3 メーカー動向
3.4 主要メーカーの製品

4. 液状ソルダーレジスト
4.1 用途動向
4.2 市場動向
4.3 メーカー動向
4.4 主要メーカーの製品

第6章 光造形材料
1. 用途動向
2. 市場動向
3. メーカー動向
関連商品
このページのTOPへ