• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

ナノマテリアルの市場実態と展望

  • Market & Prospect of Nano Materials
★ 広範囲にわたる産業に、革新的な発展をもたらすナノテクノロジー。その基盤技術であるナノマテリアルの全容を解明!!
★ 本書ではナノマテリアル及び周辺技術、応用製品の概要、用途市場規模、企業動向等を詳細に解説!!

商品コード: Z0183

  • 発行日: 2008年2月
  • 価格(税込): 70,200 円
  • 体裁: B5判、223ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0021-4

個数: 

カゴに入れる

刊行にあたって

 ナノとは1mmの百万分の1という微小な物の単位であり、ナノテクノロジーは、ナノレベルもしくはそれ以下の領域において自在に制御する技術の総称である。ナノテクノロジーは、物質の機能・特性を向上させ、大幅な省エネルギー化や環境負荷低減に寄与することができるなどの理由から期待されており、広範囲にわたる産業技術分野に革新的な発展をもたらすとされている。
 ナノマテリアルは、いうまでもなくナノテクノロジーの基盤技術であり、情報通信、環境・エネルギー、バイオテクノロジーなどの重要な産業技術分野を支える基盤技術として重要視されている。ナノマテリアルには、フラーレン、カーボンナノチューブ、ゼオライトなどがあり、グラファイトやダイヤモンドなどの従来の炭素材料にはない特徴的な性質から、多方面への応用が検討されている。
 またナノテクノロジーは、トップダウン方式とボトムアップ方式という手法で分けてみることができる。
 トップダウン方式は、物質を原子論的にみた集団的変化の方法論を利用して、微細にこれを再編成する技術である。トップダウン方式は、主に機械・電子系の分野で研究が行われており、目的が明確である場合が多く、研究対象もシリコンなど半導体が多い。
 ボトムアップ方式は、原子や分子(0.1~10nm程度)を正確に1つ1つ組み合わせることによって新しい機能を持った材料を作っていく方法である。ボトムアップ方式は、主に化学系の分野で研究が行われており、多様な材料が使用されている。なかでも、様々なユニークな性質がされているフラーレンや、導電性・機械強度に優れているカーボンナノチューブやカーボンナノホーン、全く新しい発光材料である量子ドットなどが盛んに研究されている。
 本書では、ナノマテリアルおよび周辺技術、応用製品についてピックアップし、概要、用途、市場規模、企業動向等について記しており、ナノテクノロジーにかかわる方々にとって有用なものになっていただければ幸いである。

目次

第1章 総論
1. ナノテクノロジーとナノマテリアル 
2. 技術体系
3. ナノテクノロジーの公的プロジェクト
3.1 内閣府「科学技術基本計画」
3.2 経済産業省「ナノテクノロジープログラム」

第2章 ナノマテリアル市場
1. カーボンナノチューブ
1.1 概要
1.2 用途
1.3 市場規模
1.4 企業動向
1.4.1 日機装、産業技術総合研究所
1.4.2 住友商事
1.4.3 独バイエル
1.4.4 日立造船
1.4.5 昭和電工

2. フラーレン
2.1 概要
2.2 用途
2.3 市場規模
2.4 企業動向

3. ナノコンポジット
3.1 概要
3.2 用途
3.3 市場規模
3.4 企業動向
3.4.1 ユニチカ
3.4.2 日本触媒

4. ナノゼオライト
4.1 概要
4.2 用途
4.3 市場規模
4.4 企業動向

5. ナノガラス
5.1 概要
5.2 用途
5.3 市場規模
5.4 企業動向

6. 高張力鋼板
6.1 概要
6.2 用途
6.3 市場規模
6.4 企業動向

7. ナノ磁性材料
7.1 概要
7.2 用途
7.3 市場規模
7.4 企業動向
7.4.1 日立金属
7.4.2 富士フイルム
7.4.3 物質・材料研究機構

8. ナノ粒子
8.1 概要
8.2 用途
8.3 市場規模
8.4 企業動向
8.4.1 ホソカワミクロン
8.4.2 英ナノコ・テクノロジーズ社
8.4.3 産業技術総合研究所
8.4.4 大阪大学

9. ナノ繊維
9.1 概要
9.2 用途
9.3 市場規模
9.4 企業動向
9.4.1 東レ
9.4.2 帝人

10. フォトニック結晶
10.1 概要
10.2 用途
10.3 市場規模
10.4 企業動向
10.4.1 フォトニックラティス
10.4.2 松下電器産業

11. 光触媒
11.1 概要
11.2 用途
11.3 市場規模
11.4 企業動向
11.4.1 石原産業
11.4.2 テイカ
11.4.3 日本エクスラン工業

第3章 ナノ加工・計測装置市場
1. CVD
1.1 概要
1.2 用途
1.2.1 半導体製造分野
1.2.2 DLC(ダイヤモンドライクカーボン)
1.2.3 カーボンナノチューブ
1.2.4 薄膜シリコン太陽電池
1.3 市場規模
1.4 企業動向
1.4.1 アルバック
1.4.2 キヤノンアネルバ
1.4.3 米アプライド マテリアルズ社

2. PVD
2.1 概要
2.2 用途
2.3 市場規模
2.4 企業動向
2.4.1 ルネサステクノロジ
2.4.2 住友電工ハードメタル

3. ドライエッチング装置
3.1 概要
3.2 用途
3.3 市場規模
3.4 企業動向
3.4.1 住友精密工業
3.4.2 スイスUnaxis(ユナクシス)社

4. FIB装置
4.1 概要
4.2 用途
4.3 市場規模
4.4 企業動向
4.4.1 日立ハイテクノロジーズ
4.4.2 日本電子

5. ナノインプリント装置
5.1 概要
5.2 用途
5.3 市場規模
5.4 企業動向
5.4.1 SCIVAX
5.4.2 アイトリックス、ナノニクス

6. ナノ粒子分散機
6.1 概要
6.2 用途
6.3 市場規模
6.4 企業動向
6.4.1 三井鉱山
6.4.2 その他のメーカー

7. 粒度分布測定装置
7.1 概要
7.2 種類
7.3 用途
7.4 市場規模
7.5 企業動向
7.5.1 日機装
7.5.2 堀場製作所

8. TEM
8.1 概要
8.2 用途
8.3 市場規模
8.4 企業動向

9. SEM
9.1 概要
9.2 用途
9.3 市場規模
9.4 企業動向

第4章 通信・エレクトロニクス分野での応用
1. 有機半導体
1.1 概要
1.2 用途
1.3 市場規模
1.4 企業動向
1.4.1 旭化成
1.4.2 日立製作所、旭化成など
1.4.3 E-Ink
1.4.4 フィリップス
1.4.5 サムスン電子

2. CMOSセンサー
2.1 概要
2.2 用途
2.3 市場規模
2.4 企業動向
2.4.1 東芝
2.4.2 半導体テクノロジーズ(セリート)

3. 有機EL
3.1 概要
3.2 用途
3.3 市場規模
3.4 企業動向
3.4.1 東北パイオニア
3.4.2 TDK
3.4.3 ソニー
3.4.4 サムスンSDI
3.4.5 オプトロレックス、日本精機
3.4.6 京セラ
3.4.7 住友化学
3.4.8 セイコーエプソン
3.4.9 出光興産

4. 電子ペーパー
4.1 概要
4.2 種類
4.2.1 電気泳動方式
4.2.2 ツイストボール方式
4.2.3 トナーディスプレイ方式
4.2.4 磁気粒子回転方式
4.2.5 磁気泳動方式
4.2.6 サーマル/ケミカル・リライタブル方式
4.2.7 液晶方式
4.2.8 電気化学方式
4.3 用途
4.4 市場規模
4.5 企業動向
4.5.1 E-Ink、ルーセントテクノロジー
4.5.2 ソニー
4.5.3 凸版印刷
4.5.4 キヤノン
4.5.5 NOK
4.5.6 蘭フィリップス
4.5.7 ブリヂストン
4.5.8 スタンレー電気
4.5.9 米モトローラ、米E-Ink
4.5.10 富士ゼロックス
4.5.11 コニカミノルタ
4.5.12 その他

5. 磁気ヘッド
5.1 概要
5.2 用途
5.3 市場規模
5.4 企業動向
5.4.1 TDK
5.4.2 富士通グループ
5.4.3 東芝
5.4.4 日立製作所

6. FED
6.1 概要
6.2 用途
6.3 市場規模
6.4 企業動向
6.4.1 双葉電子工業
6.4.2 ソニー(エフ・イー・テクノロジーズ)
6.4.3 キヤノン
6.4.4 松下電工
6.4.5 その他のメーカー

7. DMD
7.1 概要
7.2 用途
7.3 市場規模
7.4 企業動向

8. 光ディスク
8.1 概要
8.2 用途
8.3 市場規模
8.4 企業動向
8.4.1 東芝
8.4.2 ソニー
8.4.3 三菱化学メディア
8.4.4 日立マクセル

9. 量子ドット
9.1 概要
9.2 用途
9.2.1 単電子トランジスタ
9.2.2 量子コンピュータ
9.2.3 量子テレポーテーション
9.2.4 量子ドットレーザー
9.2.5 量子ドット型太陽電池
9.2.6 バイオ研究(蛍光色素)
9.3 市場規模
9.4 企業動向
9.4.1 富士通研究所
9.4.2 富士通
9.4.3 NEC
9.4.4 英ナノコ・テクノロジーズ

第5章 エネルギー分野での応用
1. 燃料電池
1.1 概要
1.2 種類
1.3 用途
1.3.1 燃料電池自動車
1.3.2 定置用燃料電池
1.4 市場規模
1.4.1 PAFC
1.4.2 MCFC
1.4.3 SOFC
1.4.4 PEFC
1.4.5 DMFC

2. リチウムイオン電池
2.1 概要
2.2 用途
2.3 市場規模
2.4 企業動向
2.4.1 三洋電機
2.4.2 東芝
2.4.3 昭和電工
2.4.4 KRI

3. 薄膜シリコン太陽電池
3.1 概要
3.2 用途
3.3 市場規模
3.4 企業動向
3.4.1 シャープ
3.4.2 三菱重工業

4. 色素増感太陽電池
4.1 概要
4.2 用途
4.3 市場規模
4.4 企業動向
4.4.1 フジクラ
4.4.2 TDK
4.4.3 昭和電工

5. 電気二重層キャパシタ
5.1 概要
5.2 用途
5.3 市場規模
5.4 企業動向
5.4.1 NECトーキン
5.4.2 松下電子部品
5.4.3 オムロン
5.4.4 明電舎
5.4.5 北川精機
5.4.6 FDK
5.4.7 日清紡、日本無線

第6章 バイオ分野での応用
1. バイオチップ
1.1 概要
1.2 種類・用途
1.2.1 DNAチップ
1.2.2 プロテインチップ
1.2.3 糖鎖チップ
1.2.4 細胞・微生物チップ
1.3 市場規模
1.4 企業動向
1.4.1 タカラバイオ
1.4.2 東洋紡
1.4.3 日立ソフトエンジニアリング
1.4.4 理化学研究所
1.4.5 日立製作所
1.4.6 山武
1.4.7 NEC
1.4.8 その他

2. バイオセンサー
2.1 概要
2.2 種類
2.2.1 酸化還元酵素センサー
2.2.2 その他の酵素センサー
2.2.3 微生物センサー
2.2.4 免疫物質センサー
2.2.5 遺伝子センサー
2.2.6 細胞・器官センサー
2.2.7 その他の生体物質センサー
2.2.8 脂質・脂質膜センサー
2.2.9 感覚模倣センサー
2.2.10 トランスデューサ等
2.3 用途
2.3.1 医療分野
2.3.2 環境分野
2.3.3 食品分野
2.4 市場規模
2.5 企業動向
2.5.1 大阪工業大学
2.5.2 日本無線、英オーラ・プロテイン・テクノロジーズ
2.5.3 アンデス電気

第7章 医療・健康・生活分野での応用
1. DDS
1.1 概要
1.2 用途
1.3 市場規模
1.4 企業動向
1.4.1 バイオメッドコア
1.4.2 富士フイルム
1.4.3 日油(旧日本油脂)

2. 再生医療
2.1 概要
2.1.1 生体親和性材料
2.1.2 組織再生技術
2.2 用途
2.3 市場規模
2.4 企業動向
2.4.1 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
2.4.2 三菱化学メディエンス(旧三菱化学ビーシーエル)
2.4.3 オリンパス、テルモ

3. ナノ化粧品
3.1 概要
3.2 用途
3.3 市場規模
3.4 企業動向

4. ナノ食品
4.1 概要
4.2 用途
4.2.1 有機ナノチューブ
4.2.2 カーボンナノケージ
4.3 市場規模
4.4 企業動向
4.4.1 沖縄発酵化学
4.4.2 林原生物化学研究所
4.4.3 日清ファルマ
4.4.4 味の素
4.4.5 扶桑化学工業
このページのTOPへ