• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

2010年 機能性色素の市場

  • Market of Functional Dyes 2010

商品コード: Z0190

  • 監修: シーエムシー出版
  • 発行日: 2009年11月
  • 価格(税込): 70,200 円
  • 体裁: B5判、205ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0181-5

個数: 

カゴに入れる

刊行にあたって

 近年環境意識の高まりのなか、「色素増感太陽電池」「有機薄膜太陽電池」の研究開発競争が急速に進んでいる。その研究開発を支えているキーマテリアルに「機能性色素」がある。機能性色素はエネルギー分野だけではなく、液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイ、有機EL、電子ペーパーなどの情報表示用分野に、インクジェットプリンターやレーザープリンターなどの情報記録分野などのエレクトロニクス産業に広く応用されている。また医療・診断用などのバイオメディカル分野、さらに食品から化粧品など我々の日常生活の隅々まで入り込んでいる。
 弊社では1981年の「機能性色素の化学」以来10冊を超える機能性色素に関わる書籍を発行し好評を博してきた。今回は市場動向、企業動向、開発動向を中心に、前述した太陽電池などの最最先端分野を始め幅広い産業までの市場をまとめた。
(「はじめに」より)

 2009年11月  シーエムシー出版 編集部

目次

第1章 機能性色素の概況
1. 機能性色素材料の種類
1.1 はじめに
1.2 アゾ色素
1.3 キノン系色素
1.4 シアニン系色素
1.5 フタロシアニン系色素
1.6 ポルフィリン系色素
1.7 アリールメタン系色素
1.8 縮環系色素
1.8.1 キナクリドン類
1.8.2 アクリジン系色素
1.8.3 ペリレン系色素
1.9 スクアリリウム系色素
1.10 スチリル系色素
1.11 フォトクロミック色素
1.11.1 アゾベンゼン
1.11.2 スピロピラン
1.11.3 スピロオキサジン
1.11.4 フルギド

2. 機能性色素の応用市場
2.1 機能性色素の主要応用分野
2.1.1 情報記録分野
2.1.2 情報表示分野
2.1.3 その他の分野
2.2 機能性色素の市場動向
2.2.1 情報記録分野
2.2.2 情報表示分野

第2章 情報記録用色素
1. インクジェット用色素
1.1 概要
1.2 市場動向
1.3 メーカー動向

2. 感熱色素
2.1 概要
2.2 市場動向
2.3 メーカー動向

3. 感圧色素
3.1 概要
3.2 市場動向
3.3 メーカー動向

4. 昇華転写用色素
4.1 概要
4.2 市場動向
4.3 メーカー動向

5. 溶融転写用色素
5.1 概要
5.2 市場動向
5.3 メーカー動向

6. ジアゾ感光材
6.1 概要
6.2 市場動向
6.3 メーカー動向

7. 電子写真用色素
7.1 概要
7.2 市場動向
7.3 メーカー動向

8. トナー用電荷調整剤
8.1 概要
8.2 市場動向
8.3 メーカー動向

9. レーザー記録用色素(光ディスク用近赤外吸収色素)
9.1 概要
9.2 市場動向
9.3 メーカー動向

第3章 情報表示用色素
1. 液晶ディスプレイ(LCD)用色素
1.1 二色性色素
1.1.1 概要
1.1.2 市場動向
1.1.3 メーカー動向
1.2 偏光フィルム用色素
1.2.1 概要
1.2.2 市場動向
1.2.3 メーカー動向
1.3 カラーフィルター用色素
1.3.1 概要
1.3.2 市場動向
1.3.3 メーカー動向

2. プラズマディスプレイ(PDP)蛍光体用色素
2.1 概要
2.2 市場動向
2.3 メーカー動向

3. 有機EL用色素
3.1 概要
3.1.1 低分子型有機EL
3.1.2 高分子型有機EL
3.2 市場動向
3.3 メーカー動向

4. 電子(デジタル)ペーパー用色素
4.1 概要
4.2 市場動向
4.3 メーカー動向

5. エレクトロクロミック色素
5.1 概要
5.2 市場動向
5.3 メーカー動向

第4章 エネルギー変換用色素
1. 色素増感太陽電池用色素
1.1 概要
1.2 開発動向
2. 有機薄膜太陽電池用色素
2.1 概要
2.2 開発動向
3. 色素レーザー用色素
3.1 概要
3.2 市場動向
3.3 メーカー動向
4. 有機非線形光学色素
4.1 概要
4.2 開発動向

第5章 バイオメディカル用色素
1. 生体(生細胞)染色用色素
1.1 概要
1.2 市場・メーカー動向
2. 医薬用(治療用)色素
2.1 概要
2.2 開発動向

第6章 食品・化粧品用色素
1. 食品用色素
1.1 概要
1.2 市場動向
1.3 メーカー動向
2. 化粧品用色素
2.1 概要
2.2 市場動向
2.3 メーカー動向

第7章 その他用途の色素
1. フォトクロミック色素
1.1 概要
1.2 市場動向
1.3 メーカー動向
2. サーモクロミック色素
2.1 概要
2.2 市場動向
2.3 メーカー動向
このページのTOPへ