• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2002年12月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

商品コード: I0212

  • 発行日: 2002年11月12日
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

BIO REVIEW

バイオチップ高集積化への基盤
Fundamental Materials for Integrated Functions on Biochips
石原一彦(東京大学大学院 工学系研究科 マテリアル工学専攻 教授)

 先端バイオデバイスとして注目を集めているバイオチップの開発に不可欠な基盤研究要素を、マテリアル工学の視点から概観する。微細加工に加えて、対象が特殊なバイオ関連分子であることから、表面への吸着防止の重要性、特に生体膜類似表面をバイオチップのマイクロ流路に構築する技術の有効性について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. バイオチップ研究の現状
3. バイオチップのマテリアル
4. バイオ分子の吸着抑制技術
5. リン脂質バイオインターフェイスの構築
6. バイオチップの表面処理


超臨界流体内での酵素反応の制御
Control of Enzymes Reaction in Supercritical Fluids
森俊明(東京工業大学大学院 生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻 助教授)
岡畑恵雄(東京工業大学大学院 生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻 教授)

 超臨界流体内での酵素触媒反応を検討したところ、反応系内の圧力・温度などのパラメーターを操作して媒体の性質を変化させると、酵素が失活することなく反応速度、立体選択性などの反応活性を自在に制御できることが分かった。媒体間または媒体-基質間の相互作用をコントロールすることにより新規物質変換システムが構築できると考えられる。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界流体内の酵素反応への適用用
3. 超臨界フルオロホルム中での不斉選択的エステル合成反応
4. 圧力や温度変化による反応の制御
5. 反応制御のメカニズム
6. おわりに


セルフメディケーションに向けたヒト毛髪蛋白質フィルムの創製と販売
Creation and Sale of Human Hair Protein Firms for Self-medication
藤井敏弘(信州大学 繊維学部 感性工学科 教授)

 ヒト由来の培養細胞・組織・器官は、拒絶反応の問題は解消されうる長所をもつが、その作製には長時間、高度技術、特別な設備などを必要とする。筆者らは、ヒトが廃棄している生体物質を原材料として、生体適合性に優れた生体被覆基材などを個人レベルで創製・販売し、セルフメディケーションに向けた新たなシステム構築を目指している。本稿では、ヒト毛髪からの効率的な蛋白質の抽出、フィルム化、コーティング化繊維の作製といった加工法を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 毛髪の役割と構造と構成蛋白質
3. 毛髪蛋白質の抽出方法
4. 毛髪蛋白質フィルムの作製と評価
5. 個人対応製品販売へのビジネスモデル
6. おわりに


酵素マーカーによる遺伝子発現の解析
Analyses of Gene Regulation using Marker Enzymes as a Reporter
酒井正春(北海道大学大学院 医学研究科 生体機能専攻 分子生化学講座 助教授)
 個々の遺伝子の発現抑制解析、細胞や個体内における遺伝子発現の可視化には多くのマーカー酵素が用いられている。ほ乳類が用いられている。ほ乳類にはない酵素遺伝子で簡単に活性が感度よく測定できる酵素や酵素活性によって発色する酵素が多く用いられている。これらを使った遺伝子発現制御解析について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 遺伝子発現解析に用いられるマーカー酵素遺伝子
2.1 大腸菌β-ガラクトシダーゼ(β-gal)
2.2 大腸菌クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ
2.3 ルシフェラーゼ
3. 遺伝子発現解析における酵素遺伝子の活用
3.1 レポーターアッセイ
3.1.1 (方法)プラスミドベクターの構築
3.1.2 レポーター分析の注意点
3.2 動物個体や組織における遺伝子発現の解析
3.3 タンパク質の相互作用の解析(酵母Two-Hybrid法)
4. おわりに


連載:知的財産権をめぐる最近の動向<第1回>
職務発明に対する「相当の対価」をめぐる問題
Appropriate Compensation for Employee Inventions
隅藏康一(政策研究大学院大学 政策研究科 助教授)

 本稿では、2001年10月号から2002年7月号まで7回にわたり、「知的財産マネジメント研究会バイオ分科会報告」として、同分科会で論議された話題について、報告者にそれぞれ執筆していただいた。同研究会は、2002年度も活動を続けており、全体セッションの他、8つの分科会が活発に開催されている。知的財産マネジメント研究会の詳細については、http;//www.smips.rcast.u-tokyo.ac.jp/をご覧いただきたい。当号以降は、新たな連載として知的財産権をめぐる最近の動向のうち、これまで紹介しなかったものをを中心に、概要の紹介や提言を行う。今回は、職務発明に対する対価をいかに設定すべきか、というホットな話題をとり上げる。以下の論考は、「日本知的資産研究会知的資産国際問題分析委員会・第一期報告書(2001年10月〜02年3月)」に筆者が全体のまとめとして寄稿したもの(若干の加筆修正を施した)であり、事務局の了解を得てここに掲載するものである。日本知的資産研究会は、尚美学園人間科学総合研究センターを事務局として運営され、複数の分科会において知的財産権をめぐる諸問題について議論を行っている。

【目次】
1. 特許法35条
2. 「相当な対価」をめぐる訴訟
3. 日本企業における報奨制度
4. 日本の大学等における状況
4.1 総論
4.2 特許
4.3 DNA・細胞などの有体物(マテリアル)
5. 他国の状況
5.1 米国
5.2 ドイツ
5.3 フランス
6. 提言に向けて
7. 残された課題
(1) 発明の重要度に応じた適正な対価還元システムの構築
(2) 報奨制度のあり方の、発明者のインセンティブへの影響
(3) 税制
(4) 発明者以外への報奨の検討
(5) 大学における研究活動の位置づけの画定
(6) 有体物に対する対価


BIO INDUSTRY2001年〜02年のバイオインダストリー
Bio Industry in 2001〜02

【目次】
1. 概要
2. 新しいビジネスチャンス
3. バイオ産業市場
4. 注目バイオテクノロジーの市場予測
4.1 バイオチップ
4.2 プロテインチップ
4.3 DNA自動抽出装置
4.4 体性幹細胞
4.5 微生物農薬
4.6 バイオインフォマティクス
4.7 バイオ技術利用機能性食品
4.8 がん予防食品
4.9 抗体医食品


BIO BUSINESS

脂肪酸工業の市場
Market of Fatty Acid Industry

【目次】
1. 生産需要動向
(1) 脂肪酸(直分・硬化脂肪酸)
(2) 分別・分留脂肪酸
2. 輸出入動向
3. 原料動向
4. メーカー動向


連載:活性炭の医薬への応用―第I部―(第3回)
血液浄化法
Blood Purification
高橋豊三(横浜市立大学 医学部 細菌学教室 助教授)
保坂圭(保坂内科小児科医院 院長)

 清涼飲料水等への異性化糖(ブドウ糖と果糖の混合糖液)の利用は年間100万トンを超え、その製造方法は固定化グルコースイソメラーゼを使用する連続反応である。古くから産業的に利用されてきたグルコースイソメラーゼを、起源、タンパク質の一次構造等のまとめおよび一般的な用途から今後の応用展開の可能性にわたり紹介する。

【目次】
5. イーカム法(extracorporeal ultrafiltration;ECUM)
6. 血液透析濾過法(Hemodiafiltration;HDF)
6.1 On-line HDF法
6.2 Push and Pull HDF法
6.3 On-line HDF法とPush and Pull HDF法の共通点と相違点
6.3.1 共通点
6.3.2 相違点
6.4 Biofiltration法
7. 血液潅流法(Hemoperfusion;HP)
7.1 血漿潅流法(plasma perfution;PP)
7.2 抗凝固剤(anticoagulants)
このページのTOPへ