• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2006年2月号

特集:ポリ乳酸系高分子の高機能化

商品コード: E0602

  • 発行日: 2006年1月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:ポリ乳酸系高分子の高機能化
序に代えて―環境材料としてのポリ乳酸から、機能材料のポリ乳酸へ―
田實佳郎(関西大学大学院 工学研究科 物性物理工学研究室 教授)


ポリ乳酸の機能化を見据えて―特異な物性「圧電性」―
田實佳郎(関西大学大学院 工学研究科 物性物理工学研究室 教授)

 ポリ乳酸は、いわゆる“生分解性高分子”の一つとして10年以上前に注目され始め、今では環境対応高分子として確たる地位を築きつつある。現在では、CDやパソコンのハウジング材などとしても市場に出回るようになった。しかし、ポリ乳酸のさらなる発展のためには、“機能化”が必要である。そこで、ポリ乳酸がもつ特異な物性の一つである“圧電性”に注目し、その可能性を解説した。

【目次】
1. はじめに
2. ポリ乳酸を昨日発現のためにどのようにとらえるか
3. らせん高分子の圧電性
3.1 圧電性の物理学的表現―キラル高分子結晶の圧電性(ポリ乳酸結晶)
3.2 無機物との複合化による圧電性の向上
3.3 他の圧電性高分子に対する優位性
3.4 特異な物性を昇華した応用展開―繊維型機能素子(プロトタイプ)の試作
4. おわりに


ポリ乳酸の電気特性
大木義路(早稲田大学 理工学術院 電気・情報生命 教授)

 電気エネルギー利用の分野においても環境負荷の低い材料が望まれている。L-型ポリ乳酸(PLLA)は、電気特性もある程度調べられており、コンピューターや光ディスク基板などに使われ始めた。本稿では、PLLAと他の高分子の電気特性を比較することにより、電気絶縁材料や筐体材料としての適用可能性を検討する。

【目次】
1. はじめに
2. 電気特性に影響を与える諸因子
2.1 結晶化度
2.2 温度
3. 他の高分子との比較
3.1 導電特性
3.2 絶縁破壊強度
3.3 耐部分放電性
3.4 耐電気トリーイング性
4. おわりに


ポリ乳酸の光ディスク材料への適用―MildDisc(R)の開発―
前納良昭(三洋マービック・メディア(株) パッケージメディアBU 製造部 開発グループ マネージャー)
樋口政廣(三洋マービック・メディア(株) 事業企画BU リーダー)

 三洋マービック・メディアでは、光ディスク基板にポリ乳酸(PLA)あるいはポリ乳酸のハイブリッド材料(alloy)を使った光ディスクメディアを開発している。環境に優しい光ディスク(環境対応型光ディスク)「MildDisc」としてコンパクトディスクの商品化を行い、さらにCD-R、DVDを開発しサンプルを完成させた。その開発経緯とディスク特性・技術的な課題について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. MildDisc開発の意義
2.1 省資源
2.2 環境汚染対策
2.3 バイオマス樹脂
2.4 カーボンニュートラル
3. 光ディスクを取り巻く状況
3.1 光ディスクの開発動向
3.2 光ディスクの生産規模
4. 光ディスク基板に要求される性能
4.1 光ディスク再生の原理
4.2 要求光学特性
4.3 要求機械的特性
(1) CD
(2) DVD
4.4 要求転写性
(1) CD
(2) DVD
5. ポリ乳酸の特性
6. 光ディスクの製造プロセス
6.1 原盤プロセス
6.2 成形プロセス
7. ポリ乳酸による光ディスクの特性
7.1 光学特性
(1) 複屈折
(2) 透過率
7.2 機械的な特性
7.3 転写性
7.4 電気特性(再生信号特性)
7.5 耐熱性
8. まとめ、今後の課題


ポリ乳酸の開発動向と今後の展望
川島信之(三井化学(株) ポリマー事業開発室 LACEAグループ グループリーダー)

 植物を原料とするポリ乳酸は、温室効果ガスの抑制ならびに化石資源の節約に寄与する。本稿では、ポリ乳酸の開発経緯、植物由来の材料として果たす役割、用途開発状況、今後の課題について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ポリ乳酸開発の歴史
3. ポリ乳酸の役割
4. ポリ乳酸の用途開発
5. 植物度による材料開発
6. PLAの課題と展望


ポリ乳酸「LACEA」の用途開発と耐熱・耐衝撃性材料への技術開発動向
篠田法正(三井化学(株) マテリアルサイエンス研究所 機能設計G 主席研究員)
大淵省二(三井化学(株) 機能樹脂研究所 機能ポリオレフィンG 主席研究員)

 ポリ乳酸は、1990年代生分解性プラスチックとして注目を浴びてきたが、2002年「バイオマスニッポン総合戦略」以来、化石資源を節約し、かつ二酸化炭素の低減に貢献する次世代のプラスチックとして期待されるようになってきた。本稿では、これまでのポリ乳酸「LACEA」の開発状況と、今後期待されている自動車部材や家電製品などの耐久財をめざした材料開発における技術開発動向について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ポリ乳酸LACEAの銘柄と用途開発
(1) フィルム
(2) シート
(3) インフレフィルム
(4) 射出成形品(5) その他
3. 耐熱・耐衝撃性素材への技術開発動向
3.1 金型内での結晶化技術
3.2 耐熱樹脂とのアロイ技術
3.3 共重合技術
3.4 他の添加剤による耐熱性向上技術
(1) ステレオコンプレックス
(2) フィラー添加技術
4. おわりに


ECO ENJINEERING
下水汚泥から発生する硫化水素を原料とした水素製造―その現状と展望―
田路和幸(東北大学大学院 環境科学研究科 教授)

 地球温暖化などの問題を背景に、今、化石エネルギーに代わる新たなクリーンエネルギーの開発に関心が集まっている。その一つが水素エネルギーである。ここでは、下水汚泥が、水素製造の重要な役割を担える可能性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 下水処理でやっかい者の硫化水素に着眼
3. 半導体を使った水素製造の仕組み
4. ナノテクノロジーの導入
5. 硫黄リサイクルシステムの構築と水素製造
6. 製造した水素の利用


ECO TECHNOLOGY
新規耐熱フィルム「クレースト Claist」の開発
蛯名武雄((独)産業技術総合研究所 コンパクト化学プロセス研究センター 主任研究員)

 電子デバイス・包装・ガスケット・継ぎ手部分シールなど多くの用途で、従来よりも高いガスバリア性能の材料が求められている。遮へいする対象は、酸素、水蒸気、空気ガス、燃料ガス、燃焼ガスから水素、新型フロンまで多様である。本稿ではこれらのガスに対する高いバリア性を有する柔軟な耐熱性フィルム「クレースト」を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. クレーストの構成
2.1 主原料である粘土の構造
2.2 原料構成
3. クレーストの物性と特徴
4. クレーストの用途
4.1 広範な用途
4.2 水素エネルギー時代のクレーストへの期待
5. おわりに


ECO PROFILE&PRODUCTS
JSR株式会社
【目次】
1. 企業プロフィール
2. エコプロダクツ
(1) 省エネルギー液晶材料
(2) 風呂ふた・食品トレイ
(3) 自動車・家電部品
(4) タイルカーペット裏打ち材
(5) タイヤ用ポリマー
3. 光触媒製品展開


ECO MARKET
電子ペーパーの現状
【目次】
1. 概要
(1) 電気泳動方式
(2) ツイストボール方式
(3) サーマル/ケミカル・リライタブル方式
(4) 液晶方式
(5) 電気化学方式
(6) エレクトロクロミック方式
2. 市場・製品動向
(1) E lnk/凸版印刷
(2) LG.Philips LCD
(3) JR東日本/日立製作所
(4) セイコーウオッチ
3. おわりに


ECO INFORMATION
<製品開発情報>
 ・エネルギー分散型蛍光X線分析装置EDX-720を発売/(株)島津製作所 分析計測事業部 営業部セールスプロモーション課

<イベント情報>
 ・ENEX 2006 第30回地球環境とエネルギーの調和展/(財)省エネルギーセンター スマートライフ推進本部 企画広報部 メディア・イベント広報グループ
 ・nano tech 2006 国際ナノテクノロジー総合店・技術会議/nano tech実行委員会事務局 (株)ICS コンベンションデザイン内
 ・アルケマの植物由来 エンプラ「リルサン(R)B」ポリアミド11/アルケマ(株) 機能性樹脂営業本部
このページのTOPへ