• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年4月1日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 20401

  • 発行日: 2002年4月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】

新規ジルコニア薄膜作製用前駆体溶液「エオリード(R) Z-661B」の開発
Development of New Precursor Solution “EOLEADTM Z-661B” for ZrO2 Thin Films
大槻哲也(ナガセケムテックス(株) ファイン事業本部 研究開発部門 研究開発第3課)
阪下好顕(ナガセケムテックス(株) ファイン事業本部 研究開発部門 研究開発第3課 同課統括)
野村式栄(長瀬産業(株) 化成品開発室)

 本稿は新規ジルコニア薄膜作製用前駆体溶液エオリード(R)Z-661Bの開発に関するものである。当該開発品は分子プレカーサー法により設計されたアミノポリカルボン酸系キレート剤の金属錯体または金属塩とアミンからなる極性溶媒溶液であり、該薬液は水に対する安定性が非常に高いため、成膜時の作業性に優れ、大面積への塗布も容易であり、また得られたジルコニア膜の膜物性も良いものである。

【目次】
1. はじめに
2. 特徴
3. エオリードシリーズについて
4. 今後の展望


フタロシアニン系消臭剤の生分解性顆粒化および家庭用生ゴミ処理機への応用検討
Bio-degradating and Odor-removing Granules Consisted of Phthalocyanine Deodorant and Application for a Home Used Composting System
山崎康寛(オリヱント化学工業(株) 第3開発部 部長)
古塚寛(オリヱント化学工業(株) 第3開発部)
本馬克憲(オリヱント化学工業(株) 第3開発部)

 触媒機能を有するフタロシアニン系消臭剤(オリヱント化学工業(株)社製;商品名DEORASE/デオラーゼ(R))を消臭原体として有し、基材にセルロースを用いた、環境にやさしい生分解性顆粒状消臭剤((株)尾関販売:商品名DEORASE/デオラーゼ GC)の開発を行った。本論文では、本消臭顆粒の消臭効果を含めた特徴とその応用例として、家庭用生ゴミ処理機から発生する臭気への適用を試みたのでその結果について報告する。適用例としては、家庭用生ゴミ処理機の排気口に、本顆粒の充填されたフィルターの装着並びに直接家庭用生ゴミ処理機内への投入による消臭効果を、検知管法による発生臭気濃度測定、半導体センサー値、及び六段階臭気強度による判定でおこなった。いずれの方法においても相当緩和される結果を得た。また、機内直接投入により、本顆粒状消臭剤は、ほぼ菌床使用の1サイクル(1〜2ヶ月)期間内で、ほぼ分解され、効果もその期間中実用レベルで持続することが検証できた。

【目次】
1. はじめに
2. 実験方法
2.1 顆粒化
2.2 消臭効果の測定
3. 結果および考察
3.1 消臭顆粒の消臭効果
3.2 家庭用コンポストへの応用
4. 安全性
5. おわりに


連載 中堅製薬企業の販売と新薬開発動向(2)
大塚製薬
【目次】
1. 医療用部門の売上げ規模は業界第11位
2. グループには大鵬薬品工業など有力企業も
3. 医療用医薬品の販売動向
3.1 大塚製薬のトップ製品:胃炎・胃潰瘍治療剤ムコスタ
3.2 50億円の売上げをめざすヘリコバクターピロリ菌感染診断薬ユービット
3.3 動脈閉塞症治療剤市場で堅調な売上げを示すプレタール
3.4 気管支拡張β2刺激剤市場で首位を堅持するメプチン
3.5 輸液・栄養剤のリーディングカンパニー
3.6 小児の用法・用量も追加したIFNα製剤オーワイエフ
3.7 ワンプッシュ式注射用無菌調整キットの受託生産事業が軌道に
4. 新薬の開発動向
4.1 申請中
4.2 フェーズIII
4.3 眼科領域の製品拡充で米社から硝子体出血治療剤導入
4.4 ゲノム創薬への取り組み
5. 海外展開(グローバリゼーション)


コンベンション情報
CPhI JAPAN開催直前情報


ケミカルプロフィル
α-アセチル-γ-ブチロラクトン
(α-Acetyl-γ-buthyrolactone)
【目次】
1. 概要
2. 毒性
3. 製法
4. 生産
5. 需要
6. 価格


p-クロロベンジルクロライド
(p-Chlorobenzyl chloride)
【目次】
1. 概要
2. 毒性
3. 製法
4. 生産
5. 需要
6. 価格


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ