• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年11月1日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 21101

  • 発行日: 2002年11月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
酸化反応に用いられるグリーンケミストリー試薬
Oxidizing Agents for Green Chemistry
大野桂二(和光純薬工業(株) 化成品研究所 主任研究員)
佐藤睦(和光純薬工業(株) 化成品研究所 研究員)
佐野淳典(和光純薬工業(株) 化成品研究所 化成品開発部部長)

 世は挙げて「環境」の時代である。医薬品やファインケミカルズの分野においても、環境や人に対して製造過程で生じる影響が考慮されるようになり、グリーンケミストリーを志向した新しい触媒やこれらの触媒を用いた反応の開発が積極的に行われている。化合物に機能性を付与する基本的な化学変換反応である酸化反応もその例に漏れず、この研究分野におけるグリーンケミストリーの話題は確実に増加している。本稿では、われわれが試薬として販売している実用性に優れたいくつかの酸化触媒に焦点を当て、グリーンケミストリーを達成するための試薬としての有用性や特長について紹介したい。

【目次】
1. はじめに
2. 工業的酸化触媒としての高分子固定化四酸化オスミウム
3. 固定化パラジウム触媒によるアルコールの空気酸化
4. 弱臭性のスルフィド誘導体を利用した酸化反応
5. おわりに


第1回グリーンサステイナブルケミストリー賞受賞記念特集(3)
水性リサイクル塗装システムの開発と応用
―FUJIMEDICAL Dry Imaging Film DI-AL― Development and Application of RecycleWater-borne System
小西一(日本ペイント(株) 環境品質本部 製品安全部 部長)

 「水性リサイクル塗装システム(RWBシステム)」は、従来、産業廃棄物として捨てられていた未塗着の塗料ダストを回収、水と塗料に分離し再生・再利用できるゼロエミッション型の環境に優しい画期的な塗装システムである。さらに、高防錆タイプや多色対応型システムを開発して、自動車用、工業用分野に市場拡大をめざしている。

【目次】
1. はじめに
2. 水性リサイクル塗装システムの概要
3. リサイクル用水性塗料の設計
4. 環境評価
5. 水性リサイクル塗装システムの新しい展開
6. 水性リサイクル塗装システムの今後の展開
7. グリーンサステイナブルケミストリーの意味
8. おわりに


連載:中堅製薬企業の販売と新薬開発動向(8)
ツムラ/帝国臓器製薬
Sales and R&D Analysis on Middle-sized Pharmaceutical Companies(8)―Tsumura&Co./TeikokuHormone Mgf.Co.,Ltd.

ツムラ
1. 100年以上の歴史と伝統を誇る漢方製剤のトップメーカー
2. 小柴胡湯の副作用で業績暗転へ
3. 急ピッチで進む漢方薬営業基盤の強化
3.1 医院10万軒のローラー作戦で処方医を拡大
3.2 活発化する漢方薬の普及活動
3.3 西洋医学と漢方医学の組み合わせ療法を研究
4. 回復傾向が著しい漢方薬
5. 初の非漢方薬となる皮膚真菌症治療剤
6. 2003年3月期は大幅な増収増益を見込む
7. 新薬の開発動向
7.1 承認済み
7.2 フェーズIII
7.3 フェーズII
7.4 フェーズI


帝国臓器製薬
1. 主要製品の販売動向
2. 新薬の開発動向
2.1 申請中
2.2 フェーズIII準備中
2.3 フェーズI
2.4 前臨床


ケミカルプロフィル
ジメチルカーボネート
Gimethyl carbonate
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ニュースダイジェスト
国内編
このページのTOPへ