• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年12月1日

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 21201

  • 発行日: 2002年12月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】

N-ヒドロキシフタルイミド触媒の開発と応用
Development of Innovative Catalyst,N-Hydroxyphthalimide, and its Application
石井康敬(関西大学 工学部 KU-HRC 教授)
坂口聡(関西大学 工学部 KU-HRC 助教授)

 N‐ヒドロキシフタルイミド(NHPI)は従来の概念にない「炭素ラジカル生成触媒」(CarbonRadical Producing Catalyst)として働き、アルカンをはじめとする炭化水素類、アルキルベンゼン、アルコールなどの炭素‐水素結合から対応する炭素ラジカルを、穏和な条件のもと効率よく生成できることを見出した。NHPI触媒を用いることにより、アルカンやアルキルベンゼンの酸素酸化反応が可能となり、対応する酸素化生成物を従来法を凌駕する収率で製造することに成功した。また、本方法の採用によって炭素ラジカルを経由する炭化水素類の数々の官能基化に成功するとともに、炭素ラジカルの付加を利用した穏和な条件のもとでのこう率的な炭素-結合形成方法を達成した。

【目次】
1. はじめに
2. 触媒的炭素ラジカル生成法の創出
3. アルカンの酸素酸化反応
4. アルキルベンゼン類の酸化反応
5. アルケンおよびアルキンの酸素酸化反応
5.1 過酸化水素の製造とアルケンのエポキシ化
5.2 アルキンのプロパギル位への酸素導入反応
6. K/A-オイルの酸素酸化反応
7. NHPI触媒を用いるアルカンの官能基化
7.1 アダマンタンへのCO導入反応
7.2 アルカンの触媒的ニトロ化とスルホン化反応
7.3 アルカンのオキシム化反応
7.4 NHPIを触媒とするアルカンからアルキルカチオンの生成
8. 極性変換触媒としての利用
9. 触媒的な炭素ラジカルの生成を基軸とする炭素‐炭素結合形成反応
10. おわりに


レモン果実抗酸化性フラボノイドによる体内酸化ストレス低減の発見と応用
Discovery and Application of Antioxidative Lemon Flavonoid Having SuppressiveEffect against Oxidative Stress in vivo
三宅義明((株)ポッカコーポレーション 基礎技術研究所 主任研究員)
 体内酸化ストレスの亢進は生活習慣病発症に関わり、これを低減する食品抗酸化素材が疾病予防食品として注目されている。そこで、レモン果実抗酸化性フラボノイドという新たな素材が見だされた。酸化ストレスのバイオマーカーを用いた評価実験により、同素材には糖尿病、運動負荷ラットの体内酸化ストレスの低減作用が実証され、食品抗酸化素材としての有効性が示された。

【目次】
1. はじめに
2. レモン果実からの抗酸化物質の検索と抗酸化素材の開発
2.1 レモンに含まれる機能性成分
2.2 レモンから抗酸化物質の単離
2.3 レモン抗酸化物質の抗酸化活性
2.4 レモン抗酸化物質の特徴
3. 抗酸化食品素材の評価系
4. 糖尿病ラットにおけるレモンフラボノイドの体内酸化ストレス低減効果
5. 運動負荷ラットにおけるレモンフラボノイドの体内酸化ストレス低減効果
6. レモンフラボノイドの他機能
7. おわりに


連載 中堅製薬企業の販売と新薬開発動向(9)
Sales and R&D Analysis on Middle-sized Pharmaceutical Companies(9)鳥居薬品
Torii Pharmaceutical Co.,Ltd.
1. 主要製品の販売動向
2. 1999年10月からJTとの新体制がスタート
3. 新薬の開発動向
3.1 フェーズII
3.2 フェーズI


日研化学
Nikken Chemicals Co.,Ltd.
1. 主力製品の販売動向
2. 新薬の開発動向
2.1 承認済・フェーズIII<セレニカR顆粒:適応拡大、新剤型><サクシゾン:適応拡大>
2.2 フェーズI<NIK-333:肝臓癌の再発予防>
2.3 フェーズI準備中<NIK-810:ヒト成長ホルモン製剤><NIK-616:喘息・慢性閉塞性肺疾患治療剤>
2.4 臨床試験中<NIK-639:喘息治療剤>


日本ケミファ
Nppon Chemiphar Co.,Ltd.
1. 主要製品の販売動向
2. 新薬の開発動向
2.1 申請中<ソレトン錠:急性上気道炎(適応追加)>
2.2 フェーズII終了<イペノキサゾン:老人性神経疾患治療例>
2.3 フェーズII<NC‐1800:糖尿・尿失禁治療例><塩化トロスピウム:末梢性排尿障害治療剤>


ケミカルプロフィル
臭化エチル
Ethyl bromide
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


イセチオン酸
Isethionic acid
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ニュースダイジェスト
国内編
このページのTOPへ