• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年3月1日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 30301

  • 発行日: 2003年3月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】

ビフェニル骨格を有する有機溶媒に可溶な耐熱性ポリアリレート
A Heat Resistant Polyarylate with Biphenyl Skeleton
杉義弘(岐阜大学 工学部 機能材料工学科 教授)
窪田好浩(岐阜大学 工学部 機能材料工学科 助教授)
三輪實(岐阜大学 工学部 機能材料工学科 教授)
山内孝介((株)日生化学工業所 研究開発部)
石榑芳直(岐阜県製品技術研究所 関分室 所長)
 ビフェニル骨格を有するポリアリレートは、400℃近くに達する耐熱性を有するとともに、有機溶媒に可溶なことから、優れた耐熱性と加工性を有することが期待される。従来、多くの耐熱性ポリマーが開発されてきたが、その多くは加工性が低いので実用化が困難であった。本ポリアリレートは、加工性に優れているばかりでなく、耐熱性および機械的強度に優れているので、耐熱性樹脂の加工性が低い欠点を解決することができる。

【目次】
1. はじめに
2. ビフェニル-4,4'-ジカルボン酸ジエステルの合成
3. ポリアリレートの合成
4. ポリアリレートの物性
5. ポリアリレートの複合材料マトリックスへの応用
6. おわりに


注射剤におけるミセル製剤技術
Pharmaceutical Micellization Technology in Parenteral Dosage Form
浅井泰行(エーザイ(株) 製剤研究所 川島研究室 研究員)

 医薬品の開発において、両親媒性物質の注射剤を設計する場合、製剤中でミセルを形成することが示唆される。本稿では、注射剤におけるミセル製剤技術(ミセルの評価技術)について、新規抗PAF剤E5880を例にして紹介したい。E5880の形成するミセルを例に、臨界ミセル濃度、粒子径、ミセル形状、会合分子数、ミセル内部のミクロ極性について、表面張力法、光散乱法、蛍光法により明らかにした。

【目次】
1. はじめに
2. E5880ミセルの水溶液中での物性評価
2.1 つり板法による表面張力の測定
2.2 吸着等温線および1分子当たり占有面積の決定
2.3 脂質分子間の横方向の相互作用の評価
2.4 ミセル形状の推定
2.5 動的光散乱法による粒子径の測定
2.6 ナイルレッド(NR)の付近のミクロ環境の測定
2.7 まとめ
3. E5880注射剤の製剤設計
3.1 pH安定性
3.2 賦形剤の最適化
3.3 E5880凍結乾燥製剤の安定性に及ぼす水分の影響
4. E5880製剤中におけるミセル物性の評価
4.1 蛍光法による臨界ミセル濃度の測定
4.2 単分子膜法による1分子当たり占有面積の決定
4.3 ミセル形状の推定
4.4 静的光散乱法によるミセルの分子量の測定
4.5 NR付近のミクロ環境の測定
4.6 まとめ
5. おわりに


マーケット情報
自動車用化学製品工業の市場動向
Market Forecast on Chemical Products for Automobiles
 日本オートケミカル工業会の調査によると、2000年度のオートケミカル出荷額は856億円、2001年度の出荷見込み額は2000年度実績に比べ9%減少の780億円となっている。出荷額の減少の主因は、価格競争の激化による価格破壊である。世界的な経済不況、カーメーカーのコスト削減要請、環境への配慮など、オートケミカル工業の抱える問題は多い。

【目次】
1. 世界の自動車産業
2. カーケミカル業界の動向
3. ブレーキ液市場
4. 不凍液市場
5. カーワックス市場
6. 芳香・消臭・脱臭剤市場


ケミカルプロフィル
シュウ酸ジクロライド
(Oxalyl chloride)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ジイソプロピルケトン
(Di-isopropyl ketone)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ