• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年10月1日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 31001

  • 発行日: 2003年10月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
イオンビームを用いた色とりどり形とりどりの花の創成
Creation of Various Flower-color and Mutants induced by Ion Beams
田中淳(日本原子力研究所 高崎研究所 イオンビーム生物応用研究部 植物資源利用研究グループ グループリーダー)
 イオンビームは植物の突然変異体の作出に有効であり、花の色や形が変化した新しい突然変異体が次々と誘発されている。特に2002年には、カーネーションやキクでイオンビームを用いて新花色・花形の新品種の実用化に初めて成功した。このようなイオンビームの花の突然変異誘発の特徴について述べるとともに、今後の可能性について考察する。

【目次】
1. はじめに
2. イオンビーム育種技術の特徴
3. 褐色や条斑キクの誕生
4. 色とりどり、形とりどりのカーネーション
5. なぜ色や形が変わるのか
6. はたして青いバラは創れるか
7. おわりに


マーケット情報
ソフトコンタクトレンズ用マルチパーパスソリューションの市場動向と展望
Market View of a Contact Lens Care Products
出川宏規((株)シード 開発部 評価グループ 溶液評価チーム)
柳川芳徳((株)シード 開発部 評価グループ 溶液評価チーム チームリーダー)
広瀬裕((株)シード 開発部 評価グループ グループマネージャー)
 ソフトコンタクトレンズ(SCL)は国内では約7割を占め、それに伴いSCLのケア用品も毎年成長を遂げている。成長株はコールド消毒のマルチパーパスソリューション(MPS)である。国内ではすでに弊社が販売しているが、海外では国内MPS以上の性能をもった製品が上市されていることにより、ワンランク上のMPSをいち早く開発・販売することで、マーケットリーダーへの可能性が秘められている。

【目次】
1. 背景
2. 現状
3. 各種コールド消毒製品
3.1 過酸化水素系
3.2 MPS系
4. 今後求められるMPS
4.1 消毒成分としての効果・性質
4.2 海外の最新MPS
4.3 マルチパーパスディスインフェクティングソリューション(MPDS)
5. おわりに


コスト削減を達成するプロセス・シミュレーターの活用
Reduction of R&D Cost by the Use of Process Simulator
モーミンウッディン・チョウドリ((株)チョウドリ ソフトウェア サービス 代表取締役社長)
【目次】
1. はじめに
2. SuperPro Designerの特徴
3. プロセスの概要
3.1 総括物質収支
3.2 SuperPro Designerのプロセススケジュール
3.3 コスト分析と経済評価
3.4 処理量分析
4. おわりに


連載:最近の大型工業化触媒(2)
SEGPHOS(不斉還元)触媒
SEGPHOS Ligands for Asymmetric Catalysis
齊藤隆夫(高砂香料工業(株) 総合研究所 部長)
 触媒的不斉合成は、不斉配位子をいかに設計するかに集約される。代表的な不斉配位子はBINAP配位子であり、多くの成功をもたらした指標ホスフィンである。しかしながら、BINAPといえども万能とはいえず、さらなる進化が望まれていた。今回は、新規軸不斉配位子SEGPHOSの開発を通して、BINAP触媒の新しい応用と展開について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 不斉配位子の設計
3. SEGPHOS配位子の合成
4. 高活性錯体触媒の調整
5. 置換ケトン類の不斉水素化反応への応用
6. SEGPHOS配位子の進化:カルバペネム系抗生物質鍵中間体の合成
7. おわりに


世界の新薬2002(3)
New Drugs of the World:2002
村上尚道【目次】
3. 合成法新薬各論―その3
(11) Gefitinib(AstraZeneca)
(12) Landiolol hydrochloride(小野薬品)
(13) Neridronic acid(Abiogen)
(14) Nitazoxanide(Romark)


ケミカルプロフィル
ブタンスルトン
1,4-Butane sultone
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ブチリル酢酸メチル
Methyl butyrylacetate
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ニュースダイジェスト
国内編
このページのTOPへ