• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年12月1日・15日(合併号)

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 31201

  • 発行日: 2003年12月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
-------------------------------------------------------------------------

メソポーラスシリカを利用する有機合成反応

-------------------------------------------------------------------------
伊藤彰近(岐阜薬科大学合成薬品製造学教室 講師)
正木幸雄(岐阜薬科大学合成薬品製造学教室 教授)

 多孔質結晶であるメソポーラスシリカは,細孔が均一でその細孔分布が非常に狭いという特徴を有している。したがって,高選択性が要求される精密有機合成においても,高分子独特の反応場を供与可能な興味深い材料である。ここでは,メソポーラスシリカの有機合成反応への応用についてわれわれが得たいくつかの興味ある知見について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.各種メソポーラスシリカの合成
3.固体酸としての応用
3.1 接触水素添加条件下Ti-HMSによる脱ベンジル化反応の選択的加速効果
3.2 MCM-41によるTBDMS基存在下TES基の選択的脱保護
4.光反応促進剤としての応用
4.1 α -ヒドロキシカルボン酸,フェニル酢酸誘導体,N-保護-α-アミノ酸における酸化的光脱炭酸反応
4.2 アリールメチルハライド類の光酸化反応
4.3 ベンジルならびにアリルアルコール類の光酸化反応
4.4 スチレン類の光酸化的開裂反応
4.5 FSM-16の再利用
4.6 反応機構
5.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

新規モノラウリン酸ポリグリセリルの開発

-------------------------------------------------------------------------
高瀬嘉彦(太陽化学(株) FI 事業部研究開発 主任研究員)
内田一仁(太陽化学(株) FI 事業部研究開発 副主席研究員)

 ポリグリセリン脂肪酸エステルは,食品,化粧品,トイレタリーに界面活性剤として広く応用されている。われわれは,ポリグリセリン脂肪酸エステルを身体洗浄剤として利用する検討を行った結果,ポリグリセリンモノラウリン酸エステルのモノエステル含量を高めることで,非常に優れた機能を発揮することを見いだした。以下に開発の背景,技術的な特徴,洗浄基剤としての可能性について述べたい。

【目次】
1.はじめに
2.製法と組成
3.溶液物性
4.基本的機能
4.1 皮脂洗浄力
4.2 起泡力
4.3 泡の動的弾性率
4.4 保湿性
5.安全性
5.1 細胞毒性
5.2 タンパク変性
6. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

香粧品原料として利用される含硫化合物の微生物生産

-------------------------------------------------------------------------
木野邦器(早稲田大学 理工学部 応用化学科 教授)

含硫化合物には,含硫アミノ酸やビタミン,補酵素など生体内において重要な生理活性を有するものが多いが,効率的な生産方法の確立されているものは少ない。本稿では,香粧品や医薬品原料として利用されている含硫化合物の微生物生産法について概説する。最近,直接発酵法による生産が困難であったL-システインの新たな生産技術が開発されており,従来の生産技術とあわせて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.微生物における硫黄代謝とシステイン合成
3.酵素法によるL-システインの生産
3.1 DL-ATCからの微生物変換法
3.2 システインデスルフヒドラーゼ活性を用いる合成法
3.3 O-アセチルセリンスルフヒドリラーゼ活性を用いる合成法
3.4 トリプトファンシンターゼ活性を用いるL-セリンからの変換法
4.発酵法によるL-システインの生産
5.グルタチオンの生産
6.ビオチンの発酵生産
7.チオ配糖体の酵素合成
8.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

連載最近の大型工業化触媒(4)

-------------------------------------------------------------------------

チタン―酒石酸エステル錯体触媒/「香月Sharpless酸化反応」の技術展開

-------------------------------------------------------------------------
鈴木謙二(日産化学工業(株) 物質科学研究所 合成研究部 主席研究員)

日産化学は,日本国内で「香月Sharpless酸化反応」の不斉エポキシ化技術を工業化している唯一の企業である。Sharplessが2001年ノーベル化学賞を受賞したことでも非常によく知られる,このチタン-酒石酸エステル錯体を触媒とした不斉エポキシ化反応について,当社が15年以上取り組んできたプロスタグランジン化合物の製造を中心に,その技術展開について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.香月Sharpless酸化反応
3.プロスタグランジン類合成技術への展開
3.1 ジビニルカルビノールの不斉エポキシ化技術
3.2 γ-ヨードアリルアルコールの速度論的分割技術
3.3 日産化学のプロスタグランジン化合物
4.香月Sharpless酸化反応のその他化合物への展開
5. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

New Drugs of the World:2002

-------------------------------------------------------------------------

世界の新薬2002( 5 )

-------------------------------------------------------------------------
村上尚道

【目次】
3. 合成法新薬各論‐その5
(21)Temoporfin(Biolitec Pharma)
(22)Tiotropium Bromide(Boehringer Ingelheim)
(23)Treprostinil sodium(United Therapeutics)
(24)Valdecoxib(Pharmacia/Pfizer)
(25)Voriconazole(Pfizer)
4. 光学活性体の製法
5. 半合成法新薬
6. 生物学的製品


-------------------------------------------------------------------------

マーケット情報
Market Report

-------------------------------------------------------------------------

Li 系二次電池材料の海外市場動向

-------------------------------------------------------------------------
竹下秀夫(インフォメーションテクノロジー総合研究所副社長)

【目次】
1. Li イオン二次電池の世界市場の概要
2. Li イオン二次電池主要構成材料の世界市場
2.1 正極活物質
2.2 負極活物質
2.3 セパレーター
2.4 電解液


-------------------------------------------------------------------------

ケミカル・プロフィル

-------------------------------------------------------------------------

プロピオニル酢酸メチル
(Methyl propionylacetate)

-------------------------------------------------------------------------
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


-------------------------------------------------------------------------

1―ヒドロキシベンゾトリアゾール1 水和物
(1―Hydroxybenzotriazole monohydrate)

-------------------------------------------------------------------------
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


-------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

-------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編


-------------------------------------------------------------------------
ファインケミカル2003 年総目次(Vol.32 No.1〜21)


-------------------------------------------------------------------------
★『半月刊ファインケミカル』04年1月号から月刊化★
このページのTOPへ