• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年11月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 第2回GSC賞受賞記念特集

商品コード: 31115

  • 発行日: 2003年11月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

第2回GSC賞受賞記念特集

--------------------------------------------------------------------------------

副生CO2を原料とする新規な非ホスゲン法ポリカーボネート製造プロセス
A Novel non-Phosgene Polycarbonate Production Process using By-product CO2 as Starting Material

--------------------------------------------------------------------------------
福岡伸典 Shinsuke Fukuoka  旭化成(株) 研究開発本部 理事授  

 旭化成は,世界で初めてCO2を原料とする非ホスゲン法ポリカーボネート製造プロセスの開発・工業化を成功させた。これまで非ホスゲン法による工業化はほとんど成功していなかったが,旭化成は長期にわたる研究開発の結果,世界に誇りうるブレークスルーを成し遂げた。ホスゲン法のもつ環境面での課題を克服しているだけでなく,高純度,高性能のポリカーボネートを容易に製造できる特徴をもち,さらにこの新プロセスでは,これまで大気中に排出されていた副生CO2をポリカーボネートの主骨に導入することに成功しており,CO2の排出量削減にも寄与している。新プロセスは,化学系企業がめざすGSC賞(第1回経済産業大臣賞)を受賞した。さらに,この新プロセスは技術として確立されており,産業状の価値が高く化学技術の進歩と化学工業の発展に大きく寄与することが認められ,2003年第35回日化協技術賞(総合賞)をも受賞した。

〜目次〜
1.はじめに
2.旭化成法PC製造プロセスの概要と特徴
3.モノマー製造プロセス
 3.1 EC製造工程
 3.2 DMC,MEG製造工程
 3.3 DPC製造工程
4.ポリマー製造プロセス
5.旭化成法ポリカーボネートの特徴
 5.1 塩素系不純物を含まない
 5.2 金型汚れやスタンパー汚れが少ない
 5.3 流動性に優れ,転写生に優れる
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

地球に優しい新規5員環フッ素化合物の製造技術
The Development of the Manufacturing Technology of New Environment-friendly Five-ring Fluorine Compounds

--------------------------------------------------------------------------------
山田俊郎 *1  大槻記靖 *2  杉本達也 *3  田中公章 *4  関屋 章 *5

*1  Tshiro Yamada 日本ゼオン(株) 総合開発センター 化学品研究グループ グループ長  
*2  Noriyasu Otsuki 日本ゼオン(株) 総合開発センター 高機能ケミカル事業部 化学品販売部課長
*3  Tatsuya Sugimoto 日本ゼオン(株) 総合開発センター 化学品研究グループ 主任研究員
*4  Kimiaki Tanaka 日本ゼオン(株) 総合開発センター 高機能ケミカル事業部 事業部長
*5  Akira Sekiya (独)産業技術総合研究所 フッ素等温暖化物質対策テクノロジー研究センター 副センター長 

 オゾン層破壊の抑制や地球温暖化防止は,地球環境状の大きな課題である。日本ゼオンと産業技術総合研究所は,独創的な分子設計により,環境適合と高性能を両立した2種類の新規フッ素系化合物(精密洗浄溶剤用途のヘプタフルオロシクロペンタンおよび半導体製造用ドライエッチング剤用途のオクタフルオロシクロペンテン)を実用化し,その製造技術を開発した。

〜目次〜
1.開発の背景と経緯
2.ゼオローラの分子設計
3.開発した化合物のグリーン度
4.製造技術のグリーン度
5.ゼオローラHの用途展開
 5.1 ゼオローラHの特長
 5.2 ゼオローラHシリーズの基本特性
 5.3 ゼオローラHの安全性
 5.4 ゼオローラHの洗浄性
6.ゼオローラZFL-58の用途展開
 6.1 ゼオローラZFL-58の特長
 6.2 ゼオローラZFL-58の基本物性
 6.3 ゼオローラZFL-58の安全性
 6.4 温暖化物質の排出削減
7.今後の発展性


--------------------------------------------------------------------------------

環境調和型触媒の高効率有機合成への応用
High Efficient Organic Syntheses using Environmentally Benign Catalysts

--------------------------------------------------------------------------------
石原一彰 Kazuaki Ishihara  名古屋大学大学院 工学研究科 生物機能工学専攻 教授  

 近年,有機合成反応にはグリーンサステイナブルケミストリーの観点から高い原子効率と低いEファクターが強く求められている。われわれはカルボン酸とアルコールの等モル量混合物からのエステル縮合触媒,カルボン酸とアミンの量モル混合物からのアミド縮合触媒,第1級アミドまたはアルドオキシムからニトリルへの脱水触媒,デザイン型含フッ素超強度触媒の開発に成功した。これらの触媒は高活性であるだけでなく,反応後の回収・再利用が可能である。

〜目次〜
1.はじめに
2.エステル類の環境調和型高効率合成法の開発
3.アミド類の環境調和型高効率合成法の開発
4.ニトリル類の環境調和型高効率合成法の開発
5.含フッ素超強酸触媒の設計
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

研究開発情報 

--------------------------------------------------------------------------------

新規殺虫剤ピリダリルの創製
Discovery of Pyridalyl,A Novel Insecticidal Agent

--------------------------------------------------------------------------------
坂本典保 *1  梅田公利 *2
*1  Noriyasu Sakamoto  住友化学工業(株) 農業化学品研究所 主席研究員   
*2  Kimitoshi Umeda  住友化学工業(株) 農業化学品研究所 主席研究

 一般名:ピリダリル,商品名「プレオ フロアブル」(プレオは住友化学工業の登録商標)は,住友化学工業が独自に解明,開発した新規殺虫剤であり,野菜,果樹やワタの鱗翅目,アザミウマ目害虫に高い防除効果を示す。本剤は,既存の殺虫剤に対して感受性が低下した害虫にも効果があり,さらに天敵昆虫や有用生物への影響も少ない。また,さまざまな防除方法を活用して総合的に病害虫を防除するIPM(総合的有害生物管理)に適合する。

〜目次〜
1.はじめに
2.リード化合物探索
 2.1 リード化合物の発見
 2.2 リード化合物としての有用性判断
3.リード化合物からピリダリルへの展開
 3.1 リード化合物3からの構造変換
 3.2 セカンドリード4からの構造変換
4.開発化合物の選抜
5.ピリダリルの性状
6.ピリダリル剤のプロフィール
7.ピリダリル剤の殺虫活性
8.有用昆虫等に対する影響
9.ピリダリルの作用特性
10.ピリダリルの特長
11.開発状況
12.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:コンピューターケミストリーとファインケミカル(8)
 -企業研究者のための実際的入門-

--------------------------------------------------------------------------------

機能性色素に関する電子スペクトルの計算を始める前に-
Beginner's Guide to Calculation of Electronic Spectra of Functional Dyes

--------------------------------------------------------------------------------
古後義也 Yoshiya Kogo  日本化薬(株) 創薬本部 システム情報担当 主管  

 前回は種々の計算法によって励起エネルギーがどの程度再現されるかbonzeneとphridineを取り上げ比較検討した。今回は,まず置換bonzene類の励起エネルギーに対する置換基効果に注目する。次いで色素の基本骨格として重要なstilbeneと azobenzeneに関する計算結果を紹介し,最後にstilbene類,azobenzeneに関する計算結果を紹介し,最後にstilbene類,azobenzene類,anthraquione類の最低(ππ*)励起エネルギーに関するPPP,INDO/SおよびTD-BZ3LYP計算値と実測値を比較検討する。

〜目次〜
2.各種計算法による基本的化合物の励起エネルギー計算結果
 2.4 モノ置換Benzene類
 2.5 パラ置換Aniline類
 2.6 StilbeneおよびAzobenzene
 2.7 Azobenzene,Stilbene, Anthraquinone誘導体
3.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト
・国内編
このページのTOPへ