• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年7月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 向精神薬の販売動向と新薬開発

商品コード: 30715

  • 発行日: 2003年7月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:向精神薬の販売動向と新薬開発 
--------------------------------------------------------------------------------

総 論 -統合失調症治療薬,うつ病治療薬,神経症・心身症治療薬の市場動向と新薬開発-

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
1.200万人に迫る精神・行動障害患者,市場は1500億円
2.統合失調症治療薬
 2.1 市場動向
 2.2 新薬の開発動向
3.うつ病治療薬
 3.1 市場動向
 3.2 新薬開発動向
4.神経症・心身症治療薬(抗不安薬,マイナートランキライザー)
 4.1 市場動向
 4.2 新薬の開発動向


--------------------------------------------------------------------------------

統合失調症治療薬 塩酸ペロスピロン(商品名/ルーラン)

--------------------------------------------------------------------------------
日下部治夫 *1  山本眞路 *2
*1 Haruo Kusakabe 住友製薬(株) 営業計画推進室 学術企画 精神・神経グループ マネージャー
*2 Shinji Yamamoto 住友製薬(株) 営業計画推進室 学術企画 精神・神経グループ マネージャー

 日本においては1996年にリスペリドン,2001年にペロスピロン,クエチアピン,オランザピンの4つの非定型抗精神病薬上市以降,統合失調症治療が大きく変わってきている。本論文では,非定型抗精神病薬である塩酸ペロスピロンの創薬研究の背景,創薬の経緯,作用機序,臨床効果さらには非定型抗精神病薬の販売動向についても述べてみる。

〜目次〜
1.はじめに
2.統合失調症と抗精神病薬の開発
3.ペロスピロン創薬の背景
4.ペロスピロン創薬の経緯
5.ペロスピロン創薬の作用機序
6.ペロスピロンの臨床効果
7.新しい抗精神病薬の販売動向
8.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

気分障害・不安障害治療薬 マレイン酸フルボキサミン(商品名/デプロメール)

--------------------------------------------------------------------------------
市丸保幸 Yasuyuki Ichimaru 明治製菓(株) 医薬マーケティング部 第二グループ長 部長

 デプロメール(一般名:fluvoxamine maleate)は世界初の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(Selective Serotonin Re-uptake Inhibitor:SSRI)として,スイスにて1983年に発売された。わが国ではそれから遅れること約15年後の1999年5月に発売された。デプロメールは世界で最初のSSRIであり,かつ日本でも最初に上市されたSSRIである。わが国ではデプロメールのほかSSRIとしてもう一つのパロキセチンが上市されており,現在いくつかのSSRIが開発中である。デプロメールはわが国ではうつ病・うつ状態(気分障害)ならびに強迫性障害(不安障害)の適応がある。後述するが,SSRIの特徴は気分障害(いわゆるうつ)と不安障害(いわゆる神経症)の両方に効果を有する点が特徴である。この意味では,従来からの抗うつ薬と抗不安薬に明確に分けてしまう分類法には問題があり,SSRIをうつ病治療薬に分類するのでもなく,神経症治療薬に分類するのでもなく,本来なら両者にまたがるSSRIというカテゴリーを新たに設けるべきだろう。

〜目次〜
1.デプロメールの構造と薬理作用
 1.1 デプロメールの化学構造
 1.2 デプロメールの薬理作用
  1.2.1 作用機序
  1.2.2 モデル動物における効果
     (1)うつ病モデル
     (2)強迫性障害モデル
  1.2.3 種々の神経伝達物質の受容体に対する親和性
2.薬物動態ならびに薬物相互作用
 2.1 薬物動態
 2.2 薬物相互作用
3.臨床からみたデプロメールの特徴
 3.1 うつ病・うつ状態
 3.2 強迫性障害
4.デプロメール:今後の展開


--------------------------------------------------------------------------------

うつ病治療薬 塩酸ミルナシプラン(商品名/トレドミン)

--------------------------------------------------------------------------------
森田行夫 *1  中村 健 *2
*1 Yukio Morita 旭化成(株) 医薬・医療カンパニー 医薬学術部 第一グループ 部長
*2 Takeshi Nakamura 旭化成(株) 医薬・医療カンパニー 医薬学術部 第一グループ 課長

〜目次〜
1.はじめに
2.神経生化学的発展
 2.1 第1世代の抗うつ薬
 2.2 第2世代の抗うつ薬
 2.3 第3世代の抗うつ薬
 2.4 第4世代の抗うつ薬
3.ミルナシプランの発見
4.ミルナシプランの特徴


--------------------------------------------------------------------------------

神経症・心身症治療薬 ロフラゼプ酸エチル(商品名/メイラックス)

--------------------------------------------------------------------------------
市丸保幸 Yasuyuki Ichimaru 明治製菓(株) 医薬マーケティング部 第二グループ長 部長

 メイラックス(Ethyl loflazepate)はサノフィ社(現サノフィ・サンテラボ社,フランス)により開発され,フランスでは1982年に発売された。現在,海外ではフランス,ベルギーなど32カ国で承認・発売されている。日本国内では,明治製菓が開発し,1988年12月に17番目の(最後の)ベンゾジアゼピンとして発売された。メイラックスは発売後から順調に売上を伸ばし,現在では抗不安薬市場でデパスに次ぐ第2位のポジションに位置している。ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中では最後に発売したにもかかわらず,売上では第2位までに上がってきたことから,臨床的にも評価の高い薬物であることが推測できる。また,今年はメイラックスがちょうど発売15周年を迎える記念の年でもある。発売後15年になるので古い薬であるが,最後に発売したという意味で最も新しいベンゾジアゼピンでもある。メイラックスの特徴について順に述べる。

〜目次〜
1.メイラックスの構造と薬理作用
 1.1 メイラックスの化学構造
 1.2 メイラックスの薬理作用
  1.2.1 作用機序
  1.2.2 動物モデルおよび動物実験における作用
      (1)抗不安作用
      (2)抗けいれん作用
      (3)馴化・静穏作用
      (4)鎮静・催眠作用
      (5)運動機能抑制作用
2.メイラックスの薬理動態
3.臨床面からみたメイラックスの特徴
4.今後の展望
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

抗不安薬 クエン酸タンドスピロン(商品名/セディール)

--------------------------------------------------------------------------------
山本眞路 Shinji Yamamoto 住友製薬(株) 営業計画推進室 学術企画 精神・神経グループ マネージャー

 長期にわたるストレス状態は生体のバランスを破綻させ,身体的な脆弱性と不適切な対処行動に結び付く。このようなとき,抗不安薬が適応となる。抗不安薬はBZ系抗不安薬とセロトニン作動性抗不安薬があり,それぞれの特徴や臨床意義について報告する。

〜目次〜
1.抗精神薬の販売動向
2.不安・ストレスの発症とは
3.不安の治療やストレスを緩和する薬剤とは
 3.1 セロトニン系抗不安薬とBZ系抗不安薬の比較
   (1)抗不安薬と自動車の運転について
   (2)抗不安薬を継続して服用した場合の依存性などについて
 3.2 セロトニン系抗不安薬の不安およびうつに対する作用機序
   (1)タンドスピロンと抗不安効果について
   (2)タンドスピロンと抗うつ効果について
 3.3 セロトニン系抗不安薬の最新の知見
   (1)特に皮膚科・耳鼻科領域のストレスケアについて
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:コンピューターケミストリーとファインケミカル(6)
  -企業研究者のための実際的入門-

--------------------------------------------------------------------------------

 吸収スペクトルの実用的計算をめざして -PPP分子軌道法の改良-
 Practical Calculations of Absorption Spectra of Organic Colorants-Modification of PPP Molecular Orbital Method using New-γ-

--------------------------------------------------------------------------------
蛭田公広 Kimihiro Hiruta  日清紡績(株) 経営企画室 担当課長

〜目次〜
1.はじめに
2.PPP法とnew-γの特徴
3.縮合多環芳香族炭化水素(PAHs)のπ共役系の特徴
4.Spectroactive portionに着目したspectrochemical softness パラメーターの見積もり方
 4.1 縮合多環芳香族炭化水素
 4.2 鎖状共役化合物
5.spectrochemical softness パラメーターの見積もり方
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・海外編
・国内編
このページのTOPへ