• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年6月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 30615

  • 発行日: 2003年6月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
--------------------------------------------------------------------------------

培養細胞を用いたバイオアッセイ(1) -水質評価への利用と課題-
Cultured-Cell-based Bioassay(1)-Their Uses in Water Quality Evaluation and Related Problems

--------------------------------------------------------------------------------
酒井康行 *1  迫田章義 *2  庄司 良 *3
*1 Yasuyuki Sakai 東京大学 生産技術研究所 人間・社会部門 助教授
*2 Akiyoshi Sakoda 東京大学 生産技術研究所 物質・生命部門 教授
*3 Ryo Shoji 東京工業高等専門学校 物質工学科 助教授

 ヒト培養細胞を用いるバイオアッセイは,特にヒト急性致死毒性との相関性に優れていることから,変異原性や生態毒性をターゲットとしたバイオアッセイに加えて近い将来の環境管理に活用していく価値がある。一般的手法の環境水評価への利用と簡便迅速性をあわせもつ毒性評価デバイスの試作について述べるとともに,それらを通じて明かとなった今後の課題も示したい。

〜目次〜
1.バイオアッセイとその必要性
2.培養細胞を用いるバイオアッセイの位置づけ
3.培養細胞試験のための環境試料調整
4.短期細胞増殖阻害試験の一例
5.培養細胞利用型毒性評価チップ開発の試み
6.培養ヒト細胞の環境評価における課題


--------------------------------------------------------------------------------

連載:コンピューターケミストリーとファインケミカル
  -企業研究者のための実際的入門-

--------------------------------------------------------------------------------

計算化学と情報化学を併用した反応予測の試み
The Trial for Predicting Reaction Yield by use of MO Calculation and Multi-variate Anlysis

--------------------------------------------------------------------------------
岡野克彦 Katsuhiko Okano 第一製薬(株) 製薬技術研究所 技師

 企業における有機合成化学者は,標的となる化合物の合成法を考案し,短い開発期間に安価で安全かつ大量合成できる最も良い合成ルートを構築することが求められる。医薬品業界においても同様であり,開発期間の短縮や開発医薬品の構造の複雑化など厳しい環境のもと,新しい技術の導入が積極的に進められている。創薬研究,薬理活性研究の分野では酵素反応部位のリガンドデザインや構造活性相関などコンピューターの積極的な利用が図られており,一つの分野を築くに至っている。一方,有機合成化学の分野でも反応データベースなどの充実が図られ,さらに合成設計システムの登場により,網羅的な合成ルート提案も可能となってきている。しかし,これに伴い有機合成化学者の手にする情報量も増え,実験により検証する反応の数も増大してきている。つまり,研究期間の短縮と網羅的な研究という相反する要素を満たすことが要求されてきている。そこで当社では,得られた多数の候補合成ルートに含まれる反応をコンピューターにより難易を判断できれば,可能性の低い反応の分の実験を減らし,より早く最善のルートの到達できると考え,コンピューターによる反応性の予測をめざした研究を行っている。その中で,理論化学計算と多変量解析を併用した反応性予測を試みたので,以下に述べる。

〜目次〜
1.はじめに
2.反応性の予測の試み
 2.1 計算方法
 2.2 説明変数として用いた計算化学パラメーター
 2.3 Curtius 転移反応の解析
 2.4 Friedel-Crafts アシル化反応の解析
3.計算化学とQSAR手法を用いた反応性予測の可能性と問題点


--------------------------------------------------------------------------------

<New Drugs of the World:2001>
世界の新薬2001(3)

--------------------------------------------------------------------------------
村上尚道 Hisamichi Murakami   元・山川薬品工業(株) 研究開発部長

〜目次〜
3.合成法新薬各論-その3
4.半合成品および生物学的製品
 (10) Tegaserod Maleate (Novartis) 
 (11) Tenofovir disproxil fumarate (Gilead Sciences)
 (12) Travoprost (Alcon)
 (13) Valganciclovir (Roche)


--------------------------------------------------------------------------------

<マーケット情報>

--------------------------------------------------------------------------------

 飼料添加物・動物用医薬品工業の市場展望
 Market Forecast on Feed Additives and Pharmaceuticals for Animals

--------------------------------------------------------------------------------
 2001年の飼料添加物需要は,畜産種の飼養頭羽数が減少したものの,飼料効率向上のための添加物コストの上昇などにより,堅調需要が続いている。動物医薬品についても2000年は久しぶりに800億円台を突破するなど好調推移となった。

〜目次〜
1.畜産業の概況
2.飼料の需要動向
3.飼料原料の動向
4.飼料添加物の需要動向
5.動物用医薬品の需要動向


--------------------------------------------------------------------------------

<ケミカルプロフィル> 

--------------------------------------------------------------------------------

 フェニル酢酸
 Fhenylacetic acid

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

 シアン化ベンジル
 Benzyl cyanide

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格 


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・国内編
このページのTOPへ