• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2003年4月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 30415

  • 発行日: 2003年4月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
--------------------------------------------------------------------------------

ブロック化カルボン酸の開発と機能性コーティング材への応用
Development of Blocked Carboxylic Acids and Their Apoplications to Functional Coatings

--------------------------------------------------------------------------------
押部義宏 *1  石戸谷昌洋 *2
*1  Yoshihiro Oshibe   日本油脂(株) 電材事業開発部 電材研究開発室 室長
*2  Masahiro Ishidoya   日本油脂(株) 電材事業開発部 第2開発営業部 部長

 カルボン酸化合物は化学的に抗活性であり,熱硬化性樹脂の硬化剤として,なかでもエポキシドと組み合わせた際の優れた硬化剤として注目されてきた。しかしながら,1液型化や長いポットライフを得るのが困難なこと,難溶解性の固体物質で均一な組成物にしにくい点が問題とされ,その応用が限定されている。われわれは,これらの問題点を解決するには,カルボキシル基を一時的に他の官能基に転換する潜在化技術が有効と考え,アルキルビニルエーテルによるカルボキシル基のヘミアセタールエステル化変換法を確立した。本法により得られるブロック化カルボン酸は,液状物質であり,溶剤,エポキシ樹脂に幅広く溶解,相溶することが示された。また,反応活性発現と貯蔵安定性の両立が可能であった。カルボン酸の種類,保護基の種類を適宜選択することにより,多様な分子設計ができる。幅広い使用条件に対応させることができるため,種々の用途への展開が考えられる。本報告では,液晶表示ディスプレイ用コーティング材,難燃性付与コーティング材への応用例を紹介する。

〜目次〜
1.はじめに
2.ブロック化カルボン酸の基本特性
 2.1 アルキルビニルエーテルによるカルボキシル基の潜在化
 2.2 合成と性状
 2.3 熱解離反応
 2.4 エポキシドとの硬化反応
3.機能性コーティング材への応用
 3.1 液晶ディスプレイ用コーティング材
 3.2 難燃性付与コーティング材
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 連載:コンピューターケミストリーとファインケミカル(3)
  -企業研究者のための実際的入門-

--------------------------------------------------------------------------------

反応情報を知的基盤とした反応予測への取り組み-化学反応の履歴から反応の制御因子を探る-
Utilization of Reaction Data as Information Source for Reaction Prediction-Investigation of Factors Controlling Reactions from Their Physicochemical Origin-

--------------------------------------------------------------------------------
佐藤寛子 Hiroko Satoh  国立情報学研究所 知能システム研究系 計算知能研究部門 助教授

 筆者らは化学研究に実践的に活用できる方法論やコンピューターの活用を念頭に置き,主として有機化学反応予測をめざした研究を進めている。これは,ファインケミカルを生成する精密合成化とも深いかかわりをもつ,本稿では,化学情報やコンピューターを化学研究に実践的に活用するための研究の最近の動向について,主として化学反応予測研究を中心に紹介する。

〜目次〜
1.反応情報の種類と表現
 1.1 反応データベース
 1.2 反応表現法
 1.3 データマイニングとソフトコンピューティング
2.化学反応の予測
 2.1 予測の難しさ
 2.2 化学反応の規則
3.化学反応の系図と反応予測
4.化学情報を利用した筆者らのシステムの実例
 4.1 反応試薬機能予測モデル
 4.2 13C-NMR化学シフト予測システム
5.化学研究のための化学情報とコンピューターのこれから


--------------------------------------------------------------------------------

New Drugs of the World:2001

--------------------------------------------------------------------------------

世界の新薬2001(1)

--------------------------------------------------------------------------------
村上尚道 Hisamichi Murakami  元・山川薬品工業(株) 研究開発部長

〜目次〜
1.新薬の動向
2.合成法新薬の概況
3.合成法新薬各論-その1
 (1)Bimatoprost(Allergan)
 (2)Bosentan(Actelion)
 (3)Desloratadine(Schering-Plough)
 (4)Edaravone(三菱ウェルファーマ)


--------------------------------------------------------------------------------

マーケット情報 

--------------------------------------------------------------------------------

産業用酵素工業の市場動向
Market Forecast on Industrial Enzymes

--------------------------------------------------------------------------------
 産業用酵素は洗剤や繊維,タンパク加工,油脂加工,製パン,麺類,醸造,異性化糖向けなどに応用され,確固たる市場を形づくっている。消費者のナチュラル指向の高まりを背景に,最近では天然由来の酵素があらためて注目されており,化学合成品を代替えする形で需要の裾野を広げている。酵素については,さまざまな微生物や天然素材に関する不断の研究が必要である。その意味では,酵素産業には規模が小さくてもユニークな技術力で存在感を示す企業が多く,研究開発の動向が注目される。

〜目次〜
1.酵素の市場概況
2.国内市場動向
 2.1 食品・飼料用
 2.2 洗剤用
3.メーカー動向
 (1)ノボザイムズジャパン
 (2)天野エンザイム
 (3)ナガセケムテックス
 (4)大和化成


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

2,3-ジクロロ-1,4-ナフトキノン
2,3-Dichloro-1,4-naphtoquinone

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
 (1)概要
 (2)毒性
 (3)製法
 (4)生産
 (5)需要
 (6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

1,3-ジオキソラン
1,3-Dioxolane

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
 (1)概要
 (2)毒性
 (3)製法
 (4)生産
 (5)需要
 (6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・国内編
このページのTOPへ