• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年11月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 老化防止化粧品素材の最新動向

商品コード: 21115

  • 発行日: 2002年11月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:老化防止化粧品素材の最新動向
--------------------------------------------------------------------------------

 特集にあたって
 Introduction

--------------------------------------------------------------------------------
鈴木正人 Masato Suzuki  王子製薬(株) 研究所  研究所長

〜目次〜
1.はじめに
2.肌の老化防止の範囲
3.肌の老化因子
4.肌の老化防止の方法論
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

活性酸素を消去する素
Scavengers of Reactive Oxygen Species

--------------------------------------------------------------------------------
正木 仁
 Hitoshi Masaki   (株)コスモステクニカルセンター 機能評価部  部長

 近年の研究成果から,皮膚においては紫外線と老化の関連が明かとなったこと,紫外線に曝露された皮膚内では活性酸素が発生することから,老化の原因として活性酸素が大きく関与していることは否定できない事実となった。そこで,生体内における活性酸素消去システムと一般的な活性酸素消去素材について,筆者らの報告を含めて紹介する。

〜目次〜
1.はじめに
2.活性酸素と生体内活性酸素消去成分
3.活性酸素消去ビタミン類
 3.1 ビタミンC
 3.2 ビタミンE
 3.3 カロチノイドおよびビタミンA
 3.4 ビタミンB2
 3.5 ビタミンB6
4.天然由来活性酸素消去物質
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

抗酸化素材
Antioxidants for Human Skin

--------------------------------------------------------------------------------
河野義行 Yoshiyuki Kohno   (株)資生堂 マテリアルサイエンス研究センター 素材開発研究所 所長

 抗酸化素材は,活性酸素・フリーラジカルの生成を抑制する予防的抗酸化剤とラジカルによる連鎖開始・成長反応を抑制するラジカル捕捉型抗酸化剤に分類されるが,ビタミン類,天然素材を中心に例示した。また皮膚で生起している脂質過酸化反応を踏まえて抗酸化素材の皮膚への適用の意義,有効性および有用性についても考察した。

〜目次〜
1.はじめに
2.抗酸化素材の概要
 2.1 抗酸化素材としてのビタミン類
 2.2 抗酸化素材としての天然由来成分
3.ヒト皮膚における酸化ストレスと脂質過酸化反応
4.皮膚における過酸化反応の防御
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

新しいメカニズムによる老化を防止する素材
The Anti-aging Material with New Mechanism

--------------------------------------------------------------------------------
大原光晴 Mitsuharu Ohara   一丸ファルコス(株) 製品開発部 製品開発1課 係長

 老化の進行を遅らせることは,万人の待ち望んでいるところであり,化粧品分野でも例外でない。当社では,老化を光老化と生理的老化ととらえ,コラーゲンケアの観点から植物エキスによる開発を進めてきた。その結果,それぞれの老化防止素材としてファルコレックス,ホオノキ,ファルコレックス マロニエBに効果を見いだしたので報告する。

〜目次〜
1.はじめに
2.光老化(photo-Aging)について
 2.1 本質
 2.2 光老化モデルマウスの作製
 2.3 皮膚弾力性低下抑制効果
 2.4 表皮肥厚抑制効果
 2.5 真皮コラーゲン線維束崩壊抑制効果
 2.6 コラゲナーゼ(MMP-1)産生抑制効果
 2.7 コラゲナーゼ,エラスターゼ活性抑制効果
 2.8 考察
3.生理的老化(Physiological-Aging)について
 3.1 老化架橋により予想される障害
 3.2 本質
 3.3 メイラード反応阻害活性(1)
 3.4 メイラード反応阻害活性(2)
 3.5 考察
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

老化に関する酵素とその活性制御素材
Enzymes in Senescence and their Modulators

--------------------------------------------------------------------------------
井上紳太郎 Shintaro Inoue  カネボウ(株) 基礎科学研究所  副所長,主席研究員

 老化は加齢に伴って生ずる生理機能低下過程であり,防ぐことはできないが遅延や症状の改善は可能である。ここでは,“老化に関与する酵素”を,“ダメージの蓄積と,それを取り除くシステムのバランスに関与する酵素”定義し,作用メカニズムにこれら酵素類が関わり,抗老化化粧品素材としての可能性のある例を紹介する。

〜目次〜
1.老化に関与する酵素とは
 1.1 早老症の原因遺伝子が目標となるか?
 1.2 加齢で変動する酵素が目標となるか?
2.多様な老化とその要因
3.老化に関与する酵素のターゲティング
 3.1 ダメージ除去と修復の加齢変化
 3.2 新陳代謝(ターンオーバー)の加齢変化
 3.3 ROSの生成・除去に関わる酵素群
4.候補酵素の活性調節の具体例
 4.1 ヒアルロン酸合成酵素(HAS)
   (1)表皮HA合成酵素
   (2)真皮HA合成酵素
 4.2 マトリックス金属プロテイナーゼ(MMP)
   (1)真皮MMP類
   (2)基底膜MMP
   (3)線維芽細胞由来エラスターゼ
 4.3 角質細胞間脂質合成酵素
   (1)HMG-CoAリダクターゼ
   (2)セリン-パルミトイルトランスフェラーゼ
 4.4 抗酸化活性酵素
5.今後の課題


--------------------------------------------------------------------------------

紫外線による障害を防御・修復する素材
Protection of UV-Irradiated Human Skin

--------------------------------------------------------------------------------
石塚由紀子 Yukiko Ishitsuka   (株)コーセー 研究本部 開発研究所 皮膚・薬剤研究グループ

 われわれの皮膚を取り巻く外的環境因子の中で,特に紫外線は皮膚に大きな障害をもたらす。本稿では,紫外線によって引き起こされる皮膚影響について概説し,さらにその障害を予防・改善する薬剤について,その防御メカニズムを中心に報告する。

〜目次〜
1.紫外線による皮膚障害
2.活性酸素と皮膚障害
3.免疫系への影響
4.薬剤の評価手法
 (1)in vitro抗酸化評価系
 (2)in vitro光加齢モデル系
 (3)in vitro細胞加齢系
5.防御薬剤の開発
 5.1 ルチン糖誘導体
 5.2 ゴマリグナン配糖体
 5.3 N-(4-ピリドキシルメチレン)-L-セリン
 5.4 アスタキサンチン
 5.5 L-ヒスチジン
 5.6 甘草エキス
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

抗老化作用を有する植物素材
Plant Materials with Anti-aging Effects

--------------------------------------------------------------------------------
木曽昭典 *1  神原敏光 *2  秦ゆう子 *3
*1 Akinori Kiso     丸善製薬(株) 研究開発本部 総合研究所  素材研究部副主任
*2 Toshimitu Kambara   丸善製薬(株) 研究開発本部 総合研究所  素材研究部部長
*3 Yuko Hata       丸善製薬(株) 研究開発本部 総合研究所  商品開発部

 近年,オゾン層破壊により地球上に到達する紫外線が増大しており,人体への影響が危惧されている。植物は光合成能を維持するため葉に紫外線フィルターとしての化合物を配し,それに対抗している。今回,植物の葉由来素材の抗老化化粧品への応用を目的として,抗老化に関連した評価を行い,効果の認められた素材について紹介する。

〜目次〜
1.はじめに
2.月桃葉エキスについて
 2.1 細胞外マトリックス成分分解阻害作用(Collagense阻害作用)
 2.2 UVB照射による細胞障害抑制作用
3.甘草葉エキスについて
 3.1 線維芽細胞増殖作用
 3.2女性ホルモン様作用
 3.3 レプリカ法を用いたシワ改善作用
4.スターフルーツはエキスについて
 4.1 活性酸素消去作用(一重項酸素,DPPHラジカルおよびスーパーオキサイド消去作用)
 4.2 コラーゲン産生促進作用
5.アシタバエキスについて
 5.1 マトリックス成分産生促進作用(ヒアルロン酸産生促進作用,コラーゲン産生促進作用)
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

テクニカルインフォメーション

--------------------------------------------------------------------------------
昭和電工(株)
アミノフェクト
<アミノフェクトの特性>
(1)高い海綿活性
(2)高い生分解性
(3)低い皮膚1次刺激性


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・国内編
このページのTOPへ