• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年9月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 超臨界二酸化炭素中における有機合成反応

商品コード: 20915

  • 発行日: 2002年9月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:超臨界二酸化炭素中における有機合成反応
--------------------------------------------------------------------------------

 グリーン媒体としてのハイブリッド超臨界二酸化炭素
 Hybrid Supercritical Carbon Dioxide as a Greener Reaction Medium

--------------------------------------------------------------------------------
碇屋隆雄 Takao Ikariya  東京工業大学大学院 理工学研究科 教授/CREST

 超臨界二酸化炭素は,環境負荷低減合成プロセスにおける有望な反応媒体である。さらに超臨界二酸化炭素と水や有機溶媒など他の相とを組み合わせたハイブリッド媒体を積極的に活用すれば,触媒反応の高効率化が実現できるとともに,触媒回収や再使用が可能となる。われわれが最近見出した超臨界流体を含む多相系触媒反応を概説する。

1.はじめに
2.scCO2-水 二相系中における二酸化炭素の水素化反応
3.scCO2-液状基質 二相系反応
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 超臨界二酸化炭素の固定化技術
 Supercritical Carbon Dioxide Fixation Technology

--------------------------------------------------------------------------------
葭田真昭 Masaaki Yoshida  宇都宮大学 工学部 応用化学科 助教授

 超臨界二酸化炭素中でアミンを用いた二酸化炭素固定化反応は,高選択的,高効率な反応でウレタンを与えることが明らかになった。工業的に有用でありながら塩基性の低い芳香族アミンでも,超臨界二酸化炭素中に極性溶媒を少量添加すると,高選択的,高効率の反応となることも見出した。また,安価で簡便な超臨界二酸化炭素の合成実験法を紹介した。

〜目次〜
1.はじめに
2.二酸化炭素と窒素との結合生成反応
3.超臨界二酸化炭素中での有機合成化学実験
4.超臨界二酸化炭素中でのウレタン合成
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 二酸化炭素からの環状および非環状カーボネート類の合成
 Synthesis of Cyclic and Acyclic Carbonates from Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
坂倉俊康 Toshiyasu Sakakura  産業技術総合研究所 物質プロセス研究部門 グループリーダー

 二酸化炭素を原料とするカーボネート類の合成に関して,環状カーボネート合成を中心にジメチルカーボネート合成などの関連する周辺技術を含めて最近の研究動向をまとめた。超臨界流体の利用による高活性化,固体触媒の利用による触媒分離プロセスの簡素化,高活性触媒の開発による反応速度の向上などがトピックスである。

1.はじめに
2.環状カーボネートの合成
 2.1 市場動向
 2.2 製造法
   (1)従来型均一系触媒
   (2)固体触媒
   (3)超臨界二酸化炭素の利用
   (4)オレフィンからの合成
   (5)環状カーバメートの合成
3.非環状カーボネート類の合成
 3.1 炭酸ジメチル合成
 3.2 スズ触媒の反応機構
 3.3 カーバメートの合成
 3.4 酸化的カルボニル化
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 超臨界二酸化炭素中におけるパラジウム触媒反応 ・・・・・・・31
 Homogeneous /Heterogeneous Catalytic Reactions with Palladium Complexes in Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
藤田進一郎 *1  荒井正彦 *2
*1 shin-chiro Fujita  北海道大学大学院 工学研究科 助手
*2 Masahiko Arai     北海道大学大学院 工学研究科 教授

 超臨界二酸化炭素中でパラジウム錯体触媒によるHeck反応を行い,ホスフィン配位子のフッ素化の影響,二相系触媒の利用および反応の選択性の制御について検討した研究を紹介した。超臨界二酸化炭素を用いることで錯体触媒の活性・選択性が向上すること,および超臨界二酸化炭素と二相系触媒を組み合わせることで触媒の分離・再利用を容易に行えることが示されている。

〜目次〜
1.はじめに
2.パラジウム-フッ素化配位子錯体による反応
3.二相系触媒の利用
4.超臨界二酸化炭素による選択性の制御
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 超臨界二酸化炭素中におけるバイオプロセス
 Biotransformations in Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
松田知子 *1 原田忠夫 *2  中村薫 *3
*1 Tomoko Matsuda  龍谷大学 理工学部 助手
*2 Tadao Harada     龍谷大学 理工学部 教授
*3 Kaoru Nakamura   京都大学 化学研究所 助教授

 環境に優しい有機合成反応の設計をめざす,超臨界CO2中でのバイオプロセスを紹介する。特に,リパーゼやアルコール脱水素酵素を用いた不斉合成反応や,脱炭酸酵素の逆反応による炭酸固定反応について詳しく述べる。

1.はじめに
2.超臨界CO2(高圧)条件下での生体触媒の安定性
3.超臨界CO2中でのバイオプロセスの反応速度:脂質修飾ガラクトシダーゼ,コレステロール酸化酵素の反応
4.超臨界CO2中でのバイオプロセスの立体選択性:リパーゼの反応における圧力による立体選択性の制御
5.超臨界CO2中でのアルコール脱水素酵素による不斉還元反応
6.超臨界CO2中での脱炭酸酵素によるカルボキシル化反応
7.超臨界CO2とイオン性液体を組み合わせたバイオプロセス
8.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 超臨界二酸化炭素中における電気化学的手法による有機合成
 Electrochemical Organic Synthsis in Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
仙北久典 *1  徳田昌生 *2
*1 Hisanori Senboku  北海道大学大学院 工学研究科 分子化学専攻 応用有機化学分野 助教授
*2 Masao Tokuda   i  北海道大学大学院 工学研究科 分子化学専攻 教授

 本稿では,超臨界二酸化炭素中の電解によって各種ハロゲン化合物,アルケン,多環芳香族あるいはアリールケトンなどから二酸化炭素が固定化された芳香族カルボン酸,置換フェニル酢酸,ジカルボン酸あるいはα-ヒドロキシカルボン酸などが高収率で合成できること,またこれらの電解固定化反応が抗炎症剤の合成に応用できることなどについて紹介する。

〜目次〜
1.はじめに
2.超臨界二酸化炭素を反応媒体とした電気化学
3.有機溶媒中常圧の二酸化炭素の固定化によるカルボン酸の合成
4.超臨界二酸化炭素中での電解カルボキシル化反応によるカルボン酸の合成
 4.1 はじめに
 4.2 超臨界二酸化炭素中での電解カルボキシル化反応
 4.3 芳香族カルボン酸の合成
 4.4 フェニル酢酸の合成
 4.5 ジカルボン酸の合成
 4.6 抗炎症剤およびその前駆体の合成
 4.7 二酸化炭素の電気化学的固定化における反応過程
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・国内編
このページのTOPへ