• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年9月1日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 20901

  • 発行日: 2002年9月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
--------------------------------------------------------------------------------

 カチオン-π相互作用を利用するキラルなジヒドロピリジン類の合成
 Synthesis of Chiral Dihydropyridines using Cation-π Interaction as a Conformation-controlling Tool

--------------------------------------------------------------------------------
山田眞二 Shinji Yamada  お茶の水女子大学 人間分化研究科 複合領域科学専攻 有機化学研究室 助教授

 分子内カチオン-π相互作用を利用する,キラルなジヒドロピリジン類の新しい合成方法を開発した。不斉補助基を有するニコチン散アミド誘導体をピリジニウム塩に変換すると,分子内カチオン-π相互作用によりピリジニウム環の片面の面が遮蔽され,求核試薬が逆側から攻撃することで立体選択的にジヒドロピリジン類が生成した。3種類の不斉補助基について検討したところ,それぞれに特徴ある結果が得られた。

1.はじめに
2.反応設計と分子設計
3.ビシクロアミンの不斉補助基としての利用
 3.1 不斉補助基の合成
 3.2 画選択的付加反応
 3.3 反応機構
4.オキサゾリジン基の不斉補助基としての利用
 4.1 不斉補助基の合成
 4.2 カチオン-π相互作用の確認
 4.3 画選択的付加反応
 4.4 反応機構
5.チアゾリジン-2-チオン基の不斉補助基としての利用
 5.1 不斉補助基の合成
 5.2 種々の求核試薬の画選択的付加反応
 5.3 C=S基またはC=Oとピリジニウム環との相互作用の証明と反応機構
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 ポリ乳酸エマルション「プラセマL110」の開発と応用展開1
 Development and Applications for the Polylactic-acid Emulsion "PLASEMA L110"

--------------------------------------------------------------------------------
齊内直文 Naofumi Saiuchi  第一工業製薬(株) 事業本部 事業研究本部 界面活性剤研究部 主任研究員

 生分解性樹脂の汎用化は21世紀初頭の地球環境にとって重要な課題といえる。「プラセマL110」は生分解性樹脂の一つ,ポリ乳酸のエマルション化品である。本稿では,その特徴と物性データとともに,ポリ乳酸のエマルション化で現出するであろう新規市場や,応用展開の可能性について論述する。

〜目次〜
1.はじめに
 1.1 背景
 1.2 生分解性樹脂の意義
 1.3 エマルション化の利便性
2.エマルションの特徴
 2.1 一般性状
 2.2 造膜条件
3.エマルションフィルムの性質
 3.1 フィルム物性
 3.2 生分解性
4.応用展開
 4.1 コーティング用増粘処方
 4.2 紙への塗工
 4.3 ホットメルト接着剤
 4.4 ポリ乳酸発泡シートの形成
 4.5 成形加工
 4.6 エマルション粉体
5.安全性
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:中堅製薬企業の新薬開発動向(6)
 ・参天製薬

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
1.抗菌点眼液タリビッドで業績拡大
2.2003年3月期は海外事業が健闘
3.主要医薬品に販売動向
 3.1 感染症治療用点眼液
 3.2 緑内障治療剤
 3.3 角膜上皮障害,ドライアイ治療用点眼剤
 3.4 炎症,アレルギー疾患治療用点眼剤
 3.5 抗リウマチ剤
4.新薬の開発動向
 4.1 承認済〈オフサグリーン静注用25mg(インドシアニングリーン)〉
 4.2 申請中〈チオラ(チオプロニン)〉
 4.3 フェーズ〈DE-076(シクロスポリン)〉
 4.4 フェーズ〈DE-081(アパファント)〉
 4.5 主要な研究開発提携医薬品
5.海外展開(グローバリゼーション)
 5.1 販売動向
 5.2 新薬の開発動向


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

 8-ヒドロキシキノリン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40
 8-Hydroxyquinoline

--------------------------------------------------------------------------------
 (1)概要
 (2)毒性
 (3)製法
 (4)生産
 (5)需要
 (6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・国内編
このページのTOPへ