• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年8月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 20815

  • 発行日: 2002年8月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
--------------------------------------------------------------------------------

 分子触媒を用いるアルコールの不斉アシル化とその応用
 Asymmetric Acylation of Alcohol mediated by The Molecular Catalyst and its Application

--------------------------------------------------------------------------------
折山 剛 Takeshi Oriyama 茨城大学 理学部 地球生命環境科学科 教授

 最近,分子触媒による不斉合成が精密有機合成の分野で大きな注目を集めている。重要な官能基変換の一つである不斉アシル化においても,従来の生体触媒を用いる手法とは異なる,分子触媒による反応が相次いで開発されている。それらの中には,分子触媒による反応が相次いで開発されている。それらに中には,エナンチオ選択性,効率性に優れ,酵素法を超えるような反応もいくつかある。

1.はじめに
2.TMEDAを用いるアルコールの高速ベンゾイル化
3.不斉アシル化による対称ジオールの触媒的非対称化
 3.1 対称1,2-ジオールの非対称化
 3.2 cis-2-シクロペンテン-1,4-ジオールの非対称化
 3.3 2-置換-1,3-プロパンジオールの非対称化
4.触媒的不斉アシル化によるラセミアルコールの速度論的分割
 4.1 ラセミ第2級アルコールの速度論的分割
 4.2 ラセミ第1級アルコールの速度論的分割
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 蛍光タンパク質遺伝子の植物研究への応用
 Applications of the Gene Encoding A Fluorescent Protein in Plants

--------------------------------------------------------------------------------
丹羽康夫 Yasuo Niwa  静岡県立大学 大学院生活健康科学研究科 助手 

 蛍光タンパク質はその名前が示すように,タンパク質それ自身が蛍光を発するというユニークな特徴をもつ。オワンクラゲからGreen Fluorescent protein(GFP:緑色蛍光タンパク質)の遺伝子が単離された結果,さまざまな分野でその利用がいっせいに始まった。ところがオワンクラゲのGFPは,植物で使用するためにはいくつかの問題を抱えていた。そこでGFP遺伝子を人工合成することにより,植物で利用できるよう改良を試みた。本稿では食打つよう改良型GFPである,sGFP(s65T)の特徴と,植物分野の研究における応用例を紹介する。

〜目次〜
1.はじめに
2.開発の経緯
3.改良型GFPの特徴
4.非破壊法による遺伝子発現のモニタリング
5.タンパク質の局在解析
6.生体におけるオルガネラの可視化
7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マーケット情報

--------------------------------------------------------------------------------

 エポキシ樹脂硬化剤の市場および最近の動向(2)
 Market View of Epoxy Adhesive Hardeners(2)

--------------------------------------------------------------------------------
〜目次〜
1.はじめに
2.硬化剤の種類別需要動向
 2.1 ポリアミドアミン系硬化剤
 2.2 脂肪族アミン(変性アミン),芳香族アミン硬化剤
 2.3 酸無水物系硬化剤
 2.4 その他の硬化剤
3.エポキシ樹脂硬化剤の最近の開発動向


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

 有機ジルコニウム化合物
 Organozirconium compounds

--------------------------------------------------------------------------------
 (1)概要
 (2)毒性
 (3)製法
 (4)生産
 (5)需要
 (6)荷姿


--------------------------------------------------------------------------------

 L-アスパラギン酸-N,N-二酢酸四ナトリウム塩
 L-Aspartic acid N,N-diacetic acid tetrasodium salt

--------------------------------------------------------------------------------
 (1)概要
 (2)毒性
 (3)製法
 (4)生産
 (5)需要
 (6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・海外編
・国内編
このページのTOPへ