• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年7月15日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 層分離・傾斜型皮膜形成による機能性塗料の開発

商品コード: 20715

  • 発行日: 2002年7月15日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【特集】 層分離・傾斜型皮膜形成による機能性塗料の開発
--------------------------------------------------------------------------------

 機能化と環境保全のための複層形成技術
 Self-stratification System for Functionalization and Ecology

--------------------------------------------------------------------------------
村瀬平八 Heihachi Murase  界面科学技術機構 代表

 塗料工業が抱える有機溶剤の揮散や廃水による大気や水質汚染などの環境問題は,塗料システムに本質的な転換を強いることになった。これは,塗膜の性能にも大きな影響を与えている。粉体塗料における自己積層システムは,この問題を解決する画期的な技術として注目を浴びている。

〜目次〜
1.はじめに
2.複数成分による機能の分担化
3.相分離の応用
4.2層形成の要因
 4.1 相溶性
 4.2 表面自由エネルギー
 4.3 融合過程
5.相分離における配向性
 5.1 基材表面への配向
 5.2 気相側への配向性
6.複層形成のための熱力学的条件
7.熱硬化性/熱硬化性ポリマーからの複層形成塗膜
 7.1 架橋と粘度挙動
 7.2 分子設計
8.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 複層形成粉体塗料
 Composite Powder Coating of One-coat Type

--------------------------------------------------------------------------------
大西和彦 Kazuhiko Oonisi 関西ペイント(株) 製品開発研究所 粉体塗料部 

 静電塗装後,溶融,焼き付けすることにより一度で2層塗膜を形成し,合理的に高防食性と高耐侯性の優れた塗膜性能を発揮するアクリル-エポキシ複層形成粉体塗料を開発した。塗料設計のためには極性制御技術,硬化性制御技術,レオロジー制御技術の要因を最適化することが重要である。

〜目次〜
1.はじめに
2.複層形成の要因
 2.1 基本技術(ポリマー要因)
 2.2 塗料化技術
3.実験
 3.1 複層形成粉体塗料の作製
  3.1.1 アクリル粉体塗料の作製
  3.1.2 エポキシ粉体塗料の作製
  3.1.3 複層形成粉体塗料の作製
 3.2 粉体塗装と評価方法
  3.2.1 粉体塗装
  3.2.2 分離性評価方法
  3.2.3 塗膜物性評価方法
  3.2.4 粒径測定方法
  3.2.5 ゲル化時間
4.結果
 4.1 エポキシの硬化方式
 4.2 アクリル樹脂のsP
 4.3 エポキシの硬化速度
 4.4 粒径分布
 4.5 複層形成粉体塗料の形成過程
 4.6 複層形成塗膜の物性
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 傾斜構造塗膜による加工性と硬度・耐汚染性との両立 -プレコート鋼鈑での実用例-
 Paint Film having Excellent Formability,Stain Resistance,and Hardness by Depth Profile Control of Melamine Resin

--------------------------------------------------------------------------------
金井 洋 Hiroshi Kanai 新日本製鐵(株) 表面処理研究部 

 水酸基価の小さいポリエステル樹脂,メチル化度の高いメラミン樹脂,アミンで中和した酸触媒とを組み合わせた焼き付け塗膜では,メラミン樹脂濃度が塗膜表面から内部に向かって小さくなるように制御できること,この塗膜は従来の塗膜に比べて加工性と硬度・耐汚染性とに優れることを述べた。また,このメラミン樹脂濃度勾配が形成される機構についても考察した。

〜目次〜
1.はじめに
2.傾斜構造塗膜の形成条件
3.傾斜構造塗膜の構造と塗膜性能との関係
4.傾斜構造形成の機構
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 建材向け親水性汚染防止塗料
 Stain Resistant Coating with Hydrophilic Property for Building Materials

--------------------------------------------------------------------------------
水口勝信 Katsunobu Mizuguchi 日本油脂BASFコーティングス(株) 工業塗料本部 開発部

 近年,都市部での環境悪化により,建築物外壁の汚れがクローズアップされ,塗膜に対しては従来からの耐侯性のほかに耐汚染性の向上が望まれるようになった。当社ではこれらのニーズに対応するため,有機-無機複合型セラミック形塗料を開発し,建材分野での仕様実績を上げてきた。本稿では親水性,帯電性および架橋密度といった塗膜物性から,汚染防止のメカニズムを説明する。

〜目次〜
1.はじめに
2.汚染物質について
3.汚染防止塗料の基本設計
4.親水性汚染防止塗料
5.汚染防止塗膜の特徴
 5.1 親水性
 5.2 帯電性
 5.3 架橋密度
 5.4 屋外汚染曝露結果
 5.5 促進耐侯性試験結果
 5.6 塗膜性能試験結果
 5.7 課題
6.今後の展望
7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 防食塗膜形成,シリカ有機ハイブリッドポリマー塗料
 Application of Silica-organic Hybrid Polymer Paint to Surface Treatment of Metals

--------------------------------------------------------------------------------
三代澤良明 Yoshiaki MIyosawa 元・関西ペイント(株)/(社)日本塗料工業会 

 金属素材の塗装において,表面処理は不可欠な工程である。近年,環境保全の立場から無公害型処理剤が要望されている。本報では自動車,家電製品のプレコート材料として採用されているシリカ有機ハイブリッドポリマー塗料について,表面処理剤としての適性条件,および傾斜型塗膜形成による防食機構について解説する。

〜目次〜
1.はじめに
2.現状の金属表面処理技術の概要
3.表面処理皮膜剤の設計
4.シリカ有機複合樹脂の設計
 4.1 水性系シリカ・有機複合樹脂の合成
 4.2 溶剤系シリカ・有機複合樹脂の合成
5.表面処理塗膜としての適用
 5.1 無機微粒子・有機複合樹脂の耐食性
 5.2 塗膜中のシリカ量,シランカップリング剤量と耐食性および上塗り塗膜密着性
 5.3 シリカの粒子経,比表面積と耐食性
 5.4 複合塗膜表面のキャラクタリゼーション
 5.5 複合塗膜と金属素材との界面のキャラクタリゼーション
  5.5.1 界面の組成分析,腐食電流密度
  5.5.2 複合塗膜亜鉛板の断面組成(XPS)
  5.5.3 複合塗膜の表面組成(FTIR-ATR)
 5.6 複合塗膜のキャラクタリゼーション
  5.6.1 複合塗膜の粘弾性,機械的性質
  5.6.2 複合塗膜の気体透過性
 5.7 シリカ有機複合樹脂の防食機構
 5.8 工業的に適用されている分野
6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・海外編
・国内編
このページのTOPへ