• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年6月1日号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: 20601

  • 発行日: 2002年6月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】
--------------------------------------------------------------------------------

生分解性高分子材料と酵素(1)-生分解性高分子材料の酵素的・非酵素的加水分解-
 Biodegradable Polymers and Enzymes (1)-Enzymatic and Non-Enzymatic Hydrolysis of Biodegradable Polymers-

--------------------------------------------------------------------------------
辻 秀人 Hideto Tsuji  豊橋技術科学大学 工学部 エコロジー工学系 助教授

 生分解性高分子材料の定義および必要条件,評価法の基礎について概説し,酵素的・非酵素的加水分解の「分子レベル」および「材料レベル」における機構・挙動とそれに影響を与える「内部要因」(材料内部の要因:モノマー単位の種類,分子量,結晶化度,およびポリマーブレンドなど)および「外部要因」(周囲の環境の要因)について解説する。

〜目次〜
1.はじめに
2.生分解性高分子材料の定義と必要条件
3.生分解性高分子材料の加水分解
 3.1 機構
  3.1.1 分子レベルにおける加水分解機構
  3.1.2 材料レベルにおける加水分解機構
 3.2 加水分解を左右する要因
  3.2.1 内部要因
   (1)モノマー単位の種類
   (2)分子量
   (3)結晶化度
   (4)ポリマーブレンド
  3.2.2 外部要因
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

 ハゲマンズエステル誘導体の医農薬中間体への応用
 Hagemann's Ester Derivatives Applying for Intermediates of Pharmaceuticals or Agrochemicals

--------------------------------------------------------------------------------
戸谷哲也 Tetsuya Toya  日本化薬(株) 精密化学品開発本部 精密化学品開発研究所 主幹研究員 

 医薬・農薬の経済的な製造法を確立するには,鍵となる中間体をいかに効率的に合成するかが大きな問題となる。Hagemann’s esterは機能的な構造を有しているため,これら中間体の合成素子として有用と考えられる。本総説では新規殺虫剤・クロマフェノジドへの応用と,多置換型芳香族化合物の合成を紹介する。

〜目次〜
1.はじめに
2.ハゲマンズエステル誘導体について
 2.1 合成法
 2.2 各種誘導体への変換
3.医農薬中間体への応用
 3.1 2-メチル安息香酸誘導体
  (1) 5-メチルクロマン酸の合成
  (2) 3,4-ジヒドロキシ-2-メチル安息香酸の合成
  (3) 4-クロロ-2-メチル安息香酸の合成
  (4) 3-ヨウ素安息香酸誘導体の合成
 3.2 ビフェニル誘導体の合成
 3.3 ヘテロ環置換安息香酸誘導体の合成
4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:中堅製薬企業の販売と新薬開発動向(3) 
 ・科研製薬

--------------------------------------------------------------------------------
目次
1.関節機能改善剤アルツで躍進後に苦戦
2.期待の再生医療新薬の登場
3.業績を牽引した整形外科領域の製品群
4.安定した売上げで業績を支えるPGl2誘導体プロサイリン
5.売上げの拡大をめざす高脂血症治療薬リパンチル
6.国産初の外用抗真菌剤メンタックス
7.抗NSAID潰瘍剤サイトテックを単独販売に
8.適応拡大で売上げ好調な排尿障害治療薬エブランチル
9.新薬の開発動向
 9.1 申請中
 9.2 申請後追加試験検討中
 9.3 新生準備中
 9.4 フェーズ
   (1) TRK-530
   (2) トラフェルミン
 9.5 フェーズ
   (1)アースロテック
   (2)KP-102LN
   (3)Kn-48
10.創薬開発を加速,3分野に集中


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

・ザルコシン酸ナトリウム

--------------------------------------------------------------------------------
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要


--------------------------------------------------------------------------------

・クロロアセトアルデヒドジメチルアセタール

--------------------------------------------------------------------------------
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・国内編
このページのTOPへ