• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2002年1月1日・15日(合併号)

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】化学合成を指向したマイクロリアクター研究の現状と展望

商品コード: 20101

  • 発行日: 2002年1月1日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【特集】化学合成を指向したマイクロリアクター研究の現状と展望
--------------------------------------------------------------------------------

総論-化学合成を指向したマイクロリアクター研究の現状と展望
Microreacter Technology for Chemical Synthesis -Present State and Future View-

--------------------------------------------------------------------------------
佐藤忠久 Tadahisa Sato 富士写真フィルム(株) 足柄研究所 主席研究員

 最近「マイクロリアクター」と呼ばれる新しい概念の化学反応装置技術が欧米(特にドイツ)を中心に検討されている。マイクロリアクターは,エレクトロニクスおよびMEMS技術として20世紀後半に発達した微細加工技術を利用して作られるものである。2000年化学技術戦略推進機構(JCII)のワーキンググループで行った本技術に関する調査結果に基づき,その現状と将来展望について報告する。

 〜目次〜
 1.はじめに
 2.マイクロリアクターとは何か
 3.化学合成を指向したマイクロリアクター研究への国内外の取り組み状況
 4.化学合成を指向したマイクロリアクターの研究の現状
 5.工業的物質生産におけるマイクロリアクター技術への期待
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

化学合成用マイクロリアクターの開発-ハード面(構造体・製作技術)
Development of Microreacters for Chemical Synthesis -Fabrication Technology

--------------------------------------------------------------------------------
細川和生 Kasuo Hosokawa 理化学研究所 バイオ工学研究室 先任研究員

 マイクロリアクターの基本構成要素は,断面寸法が数十〜数百マイクロメートルのマイクロ流路である。マイクロ流路は2枚の基板,すなわち微細な溝を加工した基板と,平らな基板を接合することによって形成される。本稿では,これを製作するのに必要な2つの要素技術,すなわち微細な溝を加工する技術と,2枚の基板を接合する技術の現状を解説する。

 〜目次〜
 1.はじめに
 2.微細な溝を加工する技術
 3.接合技術
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロリアクターにおける流体の制御
Fluid Manipulation in Microreacters

--------------------------------------------------------------------------------
藤井輝夫 Teruo Fujii 東京大学 生産技術研究所 海中工学研究センター 助教授

 近年,新しい化学技術として注目を集めているマイクロリアクターの研究開発にあたっては,マイクロスケールの流体におけるさまざまな効果を考慮しなければならない。本稿では,そのような流体挙動の特徴と化学操作に及ぼす影響について概観すると同時に,そうした効果を利用した具体例ならびに流体挙動の制御技術を紹介する。 

 〜目次〜
 1.はじめに
 2.マイクロスケールでの流体の特徴
 3.マイクロリアクターにおける流体の制御
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロリアクターの有機合成反応
Organic Synthesis with Microreactors

--------------------------------------------------------------------------------
吉田潤一,菅 誠治,港 晶雄
Jun-ichi Yoshida 京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 教授
Seiji Suga 京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 講師
Akio Minato 京都薬科大学 薬学教育研究センター 講師

 有機合成は,新しい物質を創造し,科学技術のさまざまな分野に提供するという役割を担っている。化学のダウンサイジングの流れの中から登場したマイクロリアクターは,有機合成の分野でどのように役立つのだろうか。また,マイクロリアクターの特長を生かしてどのような有機合成反応が行えるのだろうか。これらの点について,現状を紹介するとともに,今後の展望を考えてみたい。

 〜目次〜
 1.はじめに
 2.有機合成におけるマイクロリアクターの特長
 3.均一系有機合成反応
 4.気-液界面反応
 5.液-液界面反応
 6.固-液界面反応
 7.今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロリアクターによる触媒反応と重合反応
Catalytic and Polymerization Reactions by the Use of Microreactors

--------------------------------------------------------------------------------
柳 日馨,佐藤正明
Ilhyong Ryu 大阪府立大学 総合科学部 物質科学科 教授
Masaaki Sato 大阪府立大学 総合科学部 物質科学科 助教授

 触媒反応や高分子合成反応にマイクロリアクターやマイクロミキサーが活用されるようになってきた。本稿では最新の研究例や工学的な応用例を紹介し,マイクロメートルオーダーの微小流路がこの2種の反応に与える貢献について総括している。そして,「マイクロ化学」が今後,どのような役割を演じることができるのかを展望している。

 〜目次〜
 1.触媒反応とマイクロリアクター
 2.重合反応とマイクロリアクター
 3.今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

研究開発情報

--------------------------------------------------------------------------------

ポストメタロセン触媒の開発
Development of Post-Metallocene Catalysts

--------------------------------------------------------------------------------
古城真一,藤田照典,柏典夫
Shin-ichi Kojoh 三井化学(株) 特別研究室 研究課長補佐
Terunori Fujita 三井化学(株) マテリアルサイエンス研究所 研究主幹
Norio Kashiwa 三井化学(株) 特別研究室 室長

 近年,ポリオレフィン製造用触媒として均一系錯体触媒が注目されている。なかでもポストメタロセン触媒は1995年のBrookhartらの報告を契機に急速に熱を帯び,種々の新規触媒の発見へと急展開している。三井化学におけるポストメタロセン触媒の研究開発を他の代表的なポストメタロセン触媒とともに紹介する。

 〜目次〜
 1.はじめに
 2.ポストメタロセン触媒研究の考え方
 3.後周期遷移金属錯体
 4.前周期遷移金属錯体触媒
 5.三井化学におけるポストメタロセン触媒の研究開発
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マーケット情報

--------------------------------------------------------------------------------

フラットパネルディスプレイ用ケミカルスの市場展望
Market View of Chemicals for Flat Panel Display

--------------------------------------------------------------------------------
 フラットパネルディスプレイは,携帯電話,パソコン,TVなどをはじめ各種マルチメディア機器に至る情報機器におけるキーデバイスとしての重要な一角を占めている。近年,機器・環境の著しい変化にあわせて,大画面,高画質,カラー特性,高速応答性など性能面や,低価格で用途に応じた要求がいちだんと明確となり,これに対してPDPやEL,FEDなど各種のディスプレイも次々と実用化,提案され,先行したLCDを含めてディスプレイ間の優劣が論じられている。需要面では,携帯電話やノートパソコンに加えて,近年はデジタル放送用の高画質,大画面TV向けをはじめ,各種マルチ機器向けの需要が本格的な立ち上がりをみせつつあり,各種ディスプレイの成長が期待されている。

 〜目次〜
 1.LCDの市場動向
 2.PDPの市場動向
 3.有機ELの市場動向
 4.LCD構成材料の市場
 5.PDP構成材料の市場
 6.有機ELの構成材料の市場


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
・海外編
・国内編
このページのTOPへ