• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2005年1月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

新年号特集:VOC排出抑制技術

商品コード: E0501

  • 発行日: 2004年12月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

新年号特集:VOC排出抑制技術
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって-VOC排出抑制技術の最新動向と今後の展望-

--------------------------------------------------------------------------------
福山尤二(大阪市立環境科学研究所 大気環境課 大気環境課長)

 VOC排出抑制のために大気汚染防止法が2004年5月に改正され,その規制基準の作成が進められているのに伴い,わが国におけるVOCの発生状況や主要な発生源について解説した。また,VOC排出抑制のための技術開発の動向やVOC排ガス処理技術の概要を紹介し,最後に今後のVOC対策の展望について簡単に記述した。

【目次】
1. はじめに
2. VOC発生源と排出状況
3. 原料や工場の見直しによるVOC排出抑制
3.1 低VOC製品への転換
3.2 塗装方法の変更
3.3 施設の構造・管理の改善
4. 代表的なVOC除去技術の紹介
4.1 活性炭吸着法
4.2 燃焼処理法
4.3 生物学的処理法
4.4 まとめ
5. VOCの排出抑制対策の今後の課題と展望


--------------------------------------------------------------------------------

改正大気汚染防止法とVOCの排出抑制

--------------------------------------------------------------------------------
関荘一郎(環境省環境管理局大気環境課長)

 光化学オキシダント,浮遊粒子状物質による大気汚染を改善するために,2004年5月に大気汚染防止法が改正され,揮発性有機化合物(VOC)の排出抑制制度が導入された。 今回の制度は,法規制と自主的取り組みの組み合わせ(ベストミックス)により,日本全体のVOC排出量を2010年度までに2000年度比で3割削減しようという意欲的なものである。2006 年春の法施行に向けて,現在具体的なルール(政省令)の検討が進められている。

【目次】
1. はじめに
2. 大気汚染の状況
3. VOCの排出実態
4. VOCの排出抑制の検討
5. 大気汚染防止法の改正
6. 改正法の施行に向けての検討状況
6.1 中環審への諮問と検討体制
6.2 検討スケジュール
6.3 VOC排出実態調査
6.4 審議事項と論点
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

塗料業界におけるVOC排出抑制の取り組み

--------------------------------------------------------------------------------
西村幸男((社)日本塗料工業会 常務理事)

 地球環境の保全については,人間の力では制御できない自然現象は別にして,産業活動や日常生活に起因する悪化への抑制は最近特に注目を集めてきており,そのままの放置は許されなくなってきた。塗料・塗装から発生するVOCは無視できない量が大気に放出されてきたが,光化学オキシダントの発生要因としてあげられるため,関係業界あげて抑制への取り組みを行っている。その実行を関係者一同が理解し,地道な努力により,おのずと成果として表れてくる。

【目次】
1. 塗料と環境負荷について
2. 塗料におけるVOCの役割と有害性について
3. VOCの代替,削減への取り組み経過
4. VOC排出規制への動き
5. 塗料業界のVOC排出抑制への取り組み
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

活性炭素繊維「Kフィルター」を用いたVOC吸着回収装置

--------------------------------------------------------------------------------
濱松健(東洋紡績(株) AC事業部)

 当社が1973年ころ(約30年前)に世界で初めて工業化に成功した活性炭素繊維「Kフィルター」。この素材の特長を最大限に生かしたKフィルターVOC吸着回収装置を用いたVOC除去について紹介する。

【目次】
1. はじめに
1.1 環境問題と対応の歴史
1.2 VOC回収市場とフロントランナーとしての転換期
2. KフィルターVOC吸着回収装置
2.1 活性炭素繊維Kフィルターとは
2.2 KフィルターVOC吸着回収装置
3. VOC回収装置の歴史と今後の展望
3.1 東洋紡のVOC回収装置の歴史
3.2 VOC吸着回収装置の今後の展望
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

蓄熱式脱臭装置の具体的実施例

--------------------------------------------------------------------------------
平井英雄(アルストム(株) 環境プラント事業部 脱臭装置部 課長)

 環境省は,「ばい煙などの規制で一次粒子は減り大気環境は改善されてきたが,VOCによる二次粒子の汚染が無視できなくなってきた」ということで,中央環境審議会大気部会の判断を受け,今通常国会にVOCの排出抑制を導入する大気汚染防止法改正案が提出され,5 月19日に原案のまま可決された。このように今後いっそうVOC規制が強まっていく中で,ランニングコストが低く,除去効率の高い脱臭装置が要求されることになる。

【目次】
1. はじめに
2. 燃焼式脱臭装置の特徴
3. 蓄熱式脱臭装置の比較
4. 具体的実施例
5. ESCO事業について
6. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

蓄熱式燃焼脱臭装置(RTO)

--------------------------------------------------------------------------------
金田芳典((株)神鋼環境ソリューション 技術本部 環境プラント技術部 技術室)

 大気中に排出されるVOCに対する厳しい規制や,環境保全の社会的要求から,各種排ガス処理装置導入に取り組む動きが活発化している。VOC成分を含む排ガス処理にはさまざまな方法があるが,熱によって分解させる燃焼法は,最も信頼性があり有効な脱臭性能をもつ方法の一つである。なかでもその省エネルギー性から注目されている蓄熱式燃焼脱臭装置(RTO)について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 燃焼脱臭装置
3. RTOの特徴
3.1 RTOの原理
3.2 高い熱回収率
3.3 高い除去性能,耐久性
3.4 運転中に空焼き(ベークアウト)が可能
4. 適用範囲
5. 納入実績例
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

VOCの生物処理

--------------------------------------------------------------------------------
樋口能士(立命館大学 理工学部 環境システム工学科)

 ガス状VOCの生物処理法について概説した。同方法に関しては,緩慢な処理速度や閉塞などが問題となっているが,近年その改善に向けた研究が進ちょくしている。そこで,現状の技術や改正大気汚染防止法の趣旨を考慮して,当面目標とすべき装置性能について提言した。また,生物処理装置の普及によるエネルギーやCO2の削減効果についても議論した。

【目次】
1. はじめに
2. 生物処理法の概要と歴史
2.1 生物処理法(生物脱臭装置)の開発の経緯
2.2 装置の分類と構造
3. 生物処理法からみたVOCの特徴
3.1 VOCを処理するための条件
3.2 研究開発の現状と課題
4. VOC生物処理法の重要性
4.1 省エネルギー効果とCO2削減効果
4.2 排出事業者のイメージ戦略
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO GREEN COMPANY

--------------------------------------------------------------------------------

日清食品株式会社~「Green Plan 2004」~

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 事業概要
2. 環境基本計画
3. 具体的環境対策活動
3.1 省エネルギー・省資源
3.2 地球温暖化,大気・水質汚染防止
3.3 廃棄物削減
4. 環境会計


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MARKET

--------------------------------------------------------------------------------

バイオプラスチックの現状

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概況と市場アウトライン
2. メーカー動向
(1)富士通
(2)トヨタ自動車
(3)松下電池工業
(4)西川リビング/東レ
(5)三洋マービック・メディア/三井化学


--------------------------------------------------------------------------------

ECO INFORMATION

--------------------------------------------------------------------------------
<製品開発情報>
 ・日本コカ・コーラ(株)  メタン発酵処理設備が11月より稼働
<イベント情報>
 ・テクニカルショウヨコハマ2005(第26回工業技術見本市)
 ・神奈川科学技術アカデミー教育講座  特許実務講座-ライフサイエンス分野における研  究開発と知的財産コース
このページのTOPへ