• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2004年11月号

特集:マイクロ波利用技術

商品コード: E0411

  • 発行日: 2004年10月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:マイクロ波利用技術
--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ波プラズマを用いたダイオキシン類無害化技術

--------------------------------------------------------------------------------
笹井亮(名古屋大学 エコトピア科学研究機構 環境システム・リサイクル科学研究部門 助手)
伊藤秀章(名古屋大学 エコトピア科学研究機構 環境システム・リサイクル科学研究部門 教授)

 減圧条件下で気体分子にマイクロ波を照射すると,家庭用電子レンジ程度の低消費エネルギーで高い反応性を有する プラズマ 状態を作ることができる。マイクロ波により生成可能なプラズマ状態は,さまざまな産業において薄膜を作製する主要な手段としてすでに利用されている。近年,このマイクロ波プラズマを排ガス中の有害物質除去などの環境浄化に利用する技術が開発され始めたが,今日社会的な問題となっている一般廃棄物焼却飛灰に濃縮されているダイオキシン類の分解除去に関する検討はまったく行われていない。われわれは,固体中に吸着・固着した有害有機物質を完全に分解・除去・無毒化する手法としてマイクロ波プラズマの利用を考案し,焼却飛灰中に濃縮されたダイオキシン類を,低エネルギーかつ短時間で完全に分解し,無害化することに成功した。

【目次】
1. はじめに
2. ダイオキシン類の毒性評価
3. 実験用マイクロ波プラズマ処理装置
4. マイクロ波プラズマ照射のダイオキシン骨格分解に及ぼす効果
5. 一般廃棄物焼却飛肺灰へのマイクロ波プラズマ処理の適用
5.1 焼却飛灰成分の性状に及ぼすマイクロ波プラズマ処理の影響
5.2 マイクロ波プラズマ処理による焼却飛灰中ダイオキシン類の分解
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ波を用いた有機塩素化合物からの塩素分離回収装置

--------------------------------------------------------------------------------
樋泉光紀((株)メイコー 開発部 開発部長)

 従来,マイクロ波は単なる加熱技術と考えられていたが,最近になって極性分子にマイクロ波を照射することにより,これら極性分子が選択的に加熱され,化学反応速度が飛躍的に促進されることがわかってきた。当社ではこの知見に基づき,山梨大学クリーンエネルギー研究センターおよび山梨県富士工業技術センターと共同で「マイクロ波加熱によるハロゲン化物の脱塩素化技術の開発」に関する研究を行い,有機塩素化合物を塩化水素と炭化水素に分離し再資源化することを可能としたシステムと装置を開発したので紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 装置の特徴と解説
2.1 装置の構成と構造
2.2 有機塩素化合物からの塩素の分離方法
2.3 有機塩素化合物からの塩素回収方法
2.4 本装置の特徴
3. 実験結果
3.1 小型処理装置
3.2 大型処理装置
4. 課題と今後の展望
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ波照射殺菌と環境浄化への応用

--------------------------------------------------------------------------------
佐藤誠吾(筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物機能科学専攻 教授)

 マイクロ波殺菌の機構は微生物の熱死滅が主要であることを食品殺菌の指標菌を用いた実験データから解説し,マイクロ波を殺菌へ応用する場合の長所と食品殺菌の実施例を紹介する。また環境保全への応用として,マイクロ波照射によるアオコ殺藻技術の開発を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. マイクロ波照射殺菌
2.1 非熱的殺菌作用の有無
2.2 n-パラフィン中でのマイクロ波照射殺菌
2.3 マイクロ波吸収限界粒子径
2.4 殺菌機構
3. 食品加工への応用
3.1 マイクロ波殺菌の長所
4. 水環境修復への応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO NEW ENERGY

--------------------------------------------------------------------------------

直接メタノール燃料電池用電解質膜の開発

--------------------------------------------------------------------------------
小山俊(信州大学 繊維学部 機能高分子学科 高分子電子化学講座 助教授)

 高スルフォン化による膜抵抗の低減と架橋によるメタノールクロスオーバーの抑制を両立する,高度に架橋したスルフォン化フェノール系ポリマー膜を作製した。この新規電解質膜を直接型メタノール燃料電池に適用して,両極とも触媒金属密度 1.0mg cm-2,セル温度60℃,燃料濃度 1.5M,燃料供給速度2.8ml min-1,空気供給速度 0.5l min-1で,出力密度43mWcm-2を達成した。

【目次】
1. はじめに
2. 直接メタノール燃料電池の特長と課題
3. 直接メタノール燃料電池用電解質膜の開発
3.1 スルフォン化フェノール樹脂電解質膜の作製と膜特性
3.2 スルフォン化フェノール樹脂電解質膜のDMFC特性
3.3 スルフォン化フェノール樹脂電解質膜の改良
4. 今後の課題と展望


--------------------------------------------------------------------------------

ECO TECHNOLOGY

--------------------------------------------------------------------------------

電子機器用の高機能バイオプラスチックの開発

--------------------------------------------------------------------------------
位地正年(日本電気(株) 基礎・環境研究所 エコマテリアル TG 研究部長)

 現在,石油資源枯渇や地球温暖化の防止対策から,植物資源を利用したバイオプラスチックへの関心が高まっている。なかでもポリ乳酸は,トウモロコシを原料とした量産化が開始され,すでにフィルムや繊維向けに製品化され,電子機器筐体の一部にも採用が始まっている。しかし,電子機器への普及の拡大にはいっそうの高機能化が課題である。ここでは,バイオプラスチックの現状と課題について述べ,さらに,ポリ乳酸の高機能化のため開発した,ケナフ繊維による高耐熱・高強度化,安全な難燃化,およびリサイクル可能な形状記憶に関する技術について解説し,最後に今後の展開について述べる。

【目次】
1. 電子機器用バイオプラスチックの現状と課題
2. ケナフ繊維添加ポリ乳酸の開発
3. 難燃性ポリ乳酸の開発
4. リサイクル可能な形状記憶性ポリ乳酸
5. まとめと将来展望


--------------------------------------------------------------------------------

微生物内包マイクロカプセルの応用技術開発

--------------------------------------------------------------------------------
吉田昌弘(鹿児島大学 工学部 応用化学工学科 助手)
樋之口大作(鹿児島大学 工学部 応用化学工学科 博士後期課程)
塩盛弘一郎(宮崎大学 工学部 物質科学工学科 助教授)
清山史朗(都城工業高等専門学校 助教授)
上村芳三(鹿児島大学 工学部 応用化学工学科 助教授)
河野恵宣(宮崎大学 工学部 物質科学工学科 教授)
幡手泰雄(鹿児島大学 工学部 応用化学工学科 教授)

 微生物を高効率で包括固定化でき,かつカプセル壁を通して物質の拡散性に優れたコア/シェル型の多孔性マイクロカプセルの開発を行った。使用した微生物は独立栄養性の脱窒細菌およびパン酵母である。これらのカプセル化微生物に対して,(1)脱窒細菌に関しては硝酸性窒素で汚染された水源のバイオレメディエーション,(2)パン酵母に関しては非水環境中における不斉還元反応に関して検討を加えた。微生物の反応場としてのマイクロカプセルの可能性を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 脱窒細菌を固定化したマイクロカプセルを用いたバイオレメディエーション技術
2.1 概要
2.2 使用した脱窒細菌および培養
2.3 脱窒細菌固定化PMMAマイクロカプセルの調整
2.4 脱窒細菌固定化PMMAマイクロカプセルを用いた脱窒実験
2.5 結果および考察
3. パン酵母固定化マイクロカプセルを用いた非水環境中における不斉還元
3.1 概要
3.2 パン酵母固定化PMMAマイクロカプセルの調整
3.3 パン酵母固定化PMMAマイクロカプセルを利用する不斉還元
3.4 結果および考察
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO ENGINEERING

--------------------------------------------------------------------------------

食品工場の廃棄物からの乳酸生産

--------------------------------------------------------------------------------
進藤昌(秋田県総合食品研究所 醸造試験場 主任研究員)

 生分解性プラスチックの中で,乳酸のエステル重合体であるポリ乳酸は,加工特性や自然界での分解特性から有用なプラスチックであると考えられる。そこで,生分解性プラスチックの原料である乳酸を低コストで生産するために,食品工場の廃棄物から爆砕装置とバイオリアクターを用いた乳酸生産システムを開発し,効率よく乳酸を生産することに成功した。

【目次】
1. はじめに
2. 食品廃棄物の爆砕による可溶化
3. 爆砕可溶化液の酵素処理
4. 爆砕可溶化液からの乳酸生産
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO SERIAL REPORT:環境共生建築からの都市へ(9)

--------------------------------------------------------------------------------

都市におけるビオトープ

--------------------------------------------------------------------------------
神吉紀世子(和歌山大学 システム工学部 環境システム学科 助教授)

 ビオトープは本来,生物学的にみた景域(Landschaft)の構成単位であり,動植物種の棲息環境を守り,再生することがその概念の普及に深く関連している。近年のドイツの都市市街地での環境整備の現場では,衰退しがちな動植物相を再生・維持することや,雨水の浄化・地下浸透を促進することを主眼とした事例が多くなっている。

【目次】
1. はじめに
2. 景域(Landschaft)とビオトープ(Biotope)の定義
3. ドイツにおけるビオトープの保護,改善,創出
4. 日本でのビオトープ事業
5. ドイツの都市市街地におけるビオトープ創出


--------------------------------------------------------------------------------

ECO SERIAL REPORT:環境ビジネスモデルの成功例(3)

--------------------------------------------------------------------------------

チャフローズコーポレーション 産学連携で成功する環境ビジネスモデル

--------------------------------------------------------------------------------
鵜沼伸一郎(エコビジネスネットワーク)

 チャフローズコーポレーションは,もみ殻や雑草などから抽出したセルロースを原料とする台所用スポンジ,ホタテ貝殻を原材料とする内装材など,生物資源を有効利用した環境配慮型商品で知名度を得ている。加えて,同社は八戸工業大学などとの産学連携による環境関連技術~商品・事業開発のビジネスモデルを確立した稀有な企業でもある。

【目次】
1. ホタテの基礎研究をベースに次々と商品開発
2. チャフロース社と「大学教授」との産学連携
3. 産学連携成功のポイント
4. より高い売上げ回収率,付加価値の商品と事業開発


--------------------------------------------------------------------------------

ECO GREEN COMPANY

--------------------------------------------------------------------------------

富士重工業株式会社
 ~「2004 環境・社会報告書」~

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 事業概要
2. 環境方針
3. 環境低減に向けた主な具体的取り組み
3.1 開発段階・商品
3.2 生産段階
3.3 リサイクル
3.4 物流段階
4. 環境会計


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MARKET

--------------------------------------------------------------------------------

太陽光発電市場の現状 (その 1:太陽電池)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 開発概況
2. 市場動向


--------------------------------------------------------------------------------

ECO INFORMATION

--------------------------------------------------------------------------------
<製品開発情報>
(株)クラレ 「メガフローFシリーズ」を開発・発売    
<イベント情報>
ECO-Manufacture2004/製造業環境対策展    製造業環境対策展事務局
酵素工学研究会第52回講演会    京都大学 農学研究科 酵素工学研究会事務局
このページのTOPへ