• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2004年8月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

創刊8周年記念特集:都市建築物緑化技術

商品コード: E0408

  • 発行日: 2004年7月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

創刊8周年記念特集:都市建築物緑化技術
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
山田宏之(和歌山大学 システム工学部 環境システム学科 助教授)

 現在,注目を集めている屋上緑化については,有史以前にさかのぼるほど遠い昔からの技術的裏づけのもとに,さまざまな緑化工法,緑化資材が開発されてきている。本稿ではその歴史的背景を解説し,本特集の理解を深めることをねらっている。

【目次】
1. はじめに
2. 屋上緑化の歴史
2.1 バビロニアの空中庭園
2.2 ソッドハウス
2.3 芝棟
2.4 近代日本の屋上緑化
2.5 現代の屋上緑化
3. 多様化する屋上緑化


--------------------------------------------------------------------------------

緑化政策の展開と緑化技術

--------------------------------------------------------------------------------
五十嵐誠(都市緑化技術開発機構 専務理事)

 近年,急速に普及している屋上緑化。当然,屋上緑化も緑化材料である植物という生物が主役となる。土地利用の高密化が進む都市においては,自然と離れた場所に生じる人工的空間(屋上,壁面,屋内など)も,人間の快適な生活空間,活動空間とするために緑化が期待される。そこでは,何らかの技術的サポートが必須要件となる。人間にとって快適な緑化空間を生むためには,植物にとっても快適な空間が用意されなければならないのである。緑化技術の必要性や期待される役割が,どのような都市づくり施策,緑化施策との関連の中から生じたのか,今後の緑化技術の行方をうかがいつつ考える。

【目次】
1. はじめに
2. ”花博”の成功
3. 地球サミットそしてエコシティ
4. 造景の世紀
5. 緑の拠点の計画的設備
6. 緑化技術の必要性
7. 緑の都市計画
8. 計画的な技術開発へ
9. 「特殊緑化空間」の登場
10. 美しさそして景観づくりへ


--------------------------------------------------------------------------------

屋上緑化を利用した制震システム-グリーンマスダンパー-

--------------------------------------------------------------------------------
早野裕次郎((株)山下設計 構造設計部 部長)

 近年,都心部の気温が郊外より上昇するヒートアイランド現象への緩和策として屋上緑化が注目され,技術開発が進み,実施事例も増えている。六本木ヒルズけやき坂コンプレックスの屋上庭園は,高木を植えた本格的なものであるが,それを可能にしたのは厚さ1mの自然土壌である。本建物ではこの大重量を逆用し,マスダンパーとして活用して耐震安全性を高める制震システム(グリーンマスダンパー)を採用した。

【目次】
1. はじめに
2. グリーンマスダンパーの概要
3. 実施例1:六本木ヒルズけやき坂コンプレックス
3.1 建物概要
3.2 構造設計概要
3.3 制振効果の検証
3.4 ダンパーの性能確認試験
3.5 施工
4. 実施例2:富士通蒲田新棟
4.1 建物概要
4.2 構造設計概要
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

建物防水と緑化技術

--------------------------------------------------------------------------------
後藤良昭 (田島ルーフィング(株) 緑化プロジェクト 課長) 

 屋上緑化は,屋上やベランダの焼け込み防止,省エネルギー,断熱効果,および憩い,癒しの場所として近年特に注目が集まっている。国や地方公共団体が屋上緑化に対する各種助成制度を設けるなど屋上緑化の普及を促進するさまざまな取り組みが始まっている。東京都において緑化条例が施行され,1年間で約10万m2の屋上緑化が施工された。今後,屋上緑化は時代のニーズを受け,集客施設,アメニティー空間,植物生産の場など多種多様な利用方法が模索され,需要は確実に増えていくだろう。防水は建物内部への雨水の浸入を防ぐためにあるが,屋上緑化を行うことにより,雨水浸入防止機能以外に,植物の根による防水層破損,屋上に緑化を施工することによる補修改修の困難さ,補修改修費用の増大などに対応させる必要がある。つまり,屋上緑化を施す場合は漏水事故を起こさず長期間安全に防水機能を維持させることを考慮しなければならない。

【目次】
1. 建築防水に求められる性能
2. 防水層の耐久性
3. 屋上緑化を考慮した防水層
(1)防水層の耐久性の向上
(2)耐根性
(3)防水層,耐根層の保護
4. 屋上緑化を考えると高耐久性防水
5. 耐用年数の推定工法
6. 耐用年数60年の防水層の推定式
6.1 コスト面(LCCost)
6.2 環境面(LCCO2)
7. 防水層の耐根性
8. 耐根層
9. 防水層保護
10. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

屋上緑化のための植栽基盤と土壌

--------------------------------------------------------------------------------
前田正明(東邦レオ(株) R・クリエーション事業部 部長)

 屋上緑化は都市環境の改善策の一つの方法として面的な広がりをみせている。しかし現状は,建築と緑という今までになかった技術の融合が必要であるにもかかわらず,お互いをよく理解されないまま,計画,施工されている例も多く見受けられるようになった。ここでは,植物を育てるうえでの基礎となる基盤層の考え方について述べた。

【目次】
1. はじめに
2. 基板層-人工地盤上の緑化の考え方-
2.1 耐根層
2.2 衝撃防止層
2.3 排水層
2.4 フィルター層
2.5 土壌層
3. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

新緑化素材 「マット植物」

--------------------------------------------------------------------------------
柴田忠裕(千葉県農業総合研究センター 生産技術部 花き緑化研究室 主席研究員)

 屋上緑化は軽量薄層化する傾向がみられる。当然そこに植栽される緑化植物も形態的に変化すべきである。今回紹介するマット植物は,25cm四方で培地厚4cmと超薄層化された植物で,植物の根どうしが絡み合いマットを形成したものである。薄層化が進む屋上緑化用素材として有望である。

【目次】
1. はじめに
2. 新緑化素材「マット植物」
3. マット植物の利用場面
4. 施工上の注意点
5. 保水基盤材の利用
6. 負圧に対する影響
7. マット植物の生産状況


--------------------------------------------------------------------------------

都市建築物緑化材料としての多肉植物の科学

--------------------------------------------------------------------------------
飯島健太郎(桐蔭横浜大学 工学部 医用工学科 専任講師)

 多肉植物「セダム」は,建築物緑化材料として是か非か?空前のセダム緑化ブームの背後で不安と非難の声があがっている。今,あらためてセダム緑化を考え直す時期に来ている。緑化の目的と素材選びの視点,自生地に学ぶ植栽適地,特有の栽培生理に基づく基盤整備など,セダムの生理生態の実態に迫りつつ,その緑化の意義と問題点について議論したい。

【目次】
1. はじめに
2. 建築物緑化になぜ「セダム」なのか
3. 建築物緑化における耐乾性植物の選択の視点
4. 多肉植物セダムの乾燥適応機構
5. 日本の気候に適したセダムの種類
6. セダム移動説?
7. 全面一斉開花は,大失敗の証!
8. カーペットからコロニー点在型へ,混植は不可!
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

大都市域に造られる屋上ビオトープ

--------------------------------------------------------------------------------
橘大介(清水建設(株) 技術研究所 インキュベートセンター 主任研究員)

 屋上ビオトープは屋上緑化の一手法であり,とりわけ生物多様性の保全に寄与することが期待できる究極の屋上緑化として位置づけられる。本稿では,屋上ビオトープの設計,施工にかかわる技術,使用資材,生物調査結果に基づいた生物多様性への効果などに関して報告し,その有用性を検証した。

【目次】
1. はじめに
2. 基本設計・施工計画
2.1 基本設計
2.2 施工計画
3. 屋上ビオトープの施工手順
(1)設置場所の整地
(2)見切り材の施工
(3)かさ上げ材の施工
(4)池・小川循環水設備の施工
(5)遮水・耐根シートの施工
(6)池・小川造形部の施工
(7)給排水管の施工
(8)造形部の遮水・耐根シートの施工
(9)排水層の施工
(10)透水シートの敷設
(11)ヤシ繊維シートの敷設
(12)人工軽量土壌の施工
(13)水田土の施工
(14)木本類の植え込み
(15)畑土の施工
(16)草本類の植え込み・マルチング材の施工
(17)多様な生物のハビタットづくり
(18)屋上ビオトープ管理設備の設置
4. 屋上ビオトープの仕様
4.1 使用資材と荷重
4.2 導入生物
5. 生物調査
5.1 植物
5.2 飛来生物(昆虫・鳥類)
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

都市機構における屋上緑化の推進

--------------------------------------------------------------------------------
山本幹雄((独)都市再生機構 西日本支社 技術監理部 造園設計チーム)

 独立行政法人都市再生機構(以下,都市機構)は,2004年7月1日に設立されたばかりの組織であり,その前身は都市基盤整備公団と呼ばれていた。したがって,都市機構における屋上緑化の実施などについて述べるといっても,その内容の実質は,都市基盤整備公団やそのまた前身の住宅・都市整備公団や日本住宅公団における屋上緑化の実施などに関して述べることになり,それらをまとめて都市機構における屋上緑化と表現することにする。また,実施概要とともに私見も若干含め,本報告としたい。

【目次】
1. 西日本支社屋上の緑化はじめに
2. 屋上緑化の実施状況
3. 屋上緑化の効果
4. 屋上緑化の新たなる展開


--------------------------------------------------------------------------------

屋上緑化による暑熱環境の緩和効果

--------------------------------------------------------------------------------
山田宏之(和歌山大学 システム工学部 環境システム学科 助教授)

 屋上緑化による暑熱環境の緩和効果は,建物外部空間に対する効果と,建物内部空間に対する効果に分けられる。外部空間に対する効果,内部空間に対する効果のそれぞれについて,具体的な測定事例をあげて解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 建物外部への効果
2.1 直接効果
2.2 間接効果
3. 建物内部への効果
(1)実験の概要
(2)天井面からの熱流の比較
(3)室内温度の比較
(4)WBGT値の比較
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO INFORMATION

--------------------------------------------------------------------------------
<書籍情報>
「国際環境を読む50のキーワード」   東京書籍(株)
<製品開発情報>
「そのまま資源ファイル」を開発・発売  ナカバヤシ(株)
<イベント情報>
「Focus on your World (身近な地球環境へのフォーカス)」UNEP(国連環境計画)世界環境フォトコンテスト2004-2005 参加作品募集
関連商品
このページのTOPへ