• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2004年2月号

特集:化学物質測定,分析技術
特集:新しい色素増感太陽電池

商品コード: E0402

  • 発行日: 2004年1月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:化学物質測定,分析技術
--------------------------------------------------------------------------------

シックハウス原因物質の測定法

--------------------------------------------------------------------------------
去来川光男(松下電工(株) 解析評価技術センター グループ長)
奥本佐登志(松下電工(株) 解析評価技術センター 副参事)
三木慎一郎(松下電工(株) 住建総合技術センター)

 近年,室内空気の汚染を原因とするシックハウスやシックスクール症候群が社会問題となっている。この原因物質とされている揮発性有機化合物に関する法規制の状況,それに対応したアクティブ法やパッシブ法などによる室内空気の濃度測定法や,チャンバー法による建材などからの放散速度測定についての技術的解説を行う。

【目次】
1. はじめに
2. 室内空気のVOC濃度測定
2.1 簡易法
2.2 精密法
3. 建材などからのVOC放散速度測定
3.1 小型チャンバー法
3.2 大型チャンバー法
3.3 建材以外からのVOC放散速度の測定法
4. おわりに

--------------------------------------------------------------------------------

in vitro法による毒性試験の最新国際動向-シンジェンタ CTL (Central Toxicology Laboratory), イギリス-

--------------------------------------------------------------------------------
Joanne Miller(Syngenta CTL,UK)
伊藤一見((株)リプレ CTL 日本代表オフィス)

 簡便で正確な毒性試験法が望まれて久しい。マウス局所リンパ節アッセイLocal Lymph Node Assay:LLNA(OECD429),in vitro経皮吸収試験(同428),in vitro皮膚総合機能試験 Skin Integrity Function Test:SIFT,in vitro皮膚通過電気抵抗試験Transcutaneous Electrical Resistance:TER(同430)およびin vitro眼刺激性試験(同405)を紹介する。上記試験法はそれぞれ,化学物質の皮膚感作性,透過性,刺激性,腐食性および眼刺激性をin vitro あるいは最低限数の動物で正確に評価でき, 最近 OECD ガイドライン化された(されつつある)ものばかりである。 従来法をしのぎ,欧米やOECD加盟国内で申請用に使用されている。各試験法の開発とガイドライン化にCTLは大きく関与してきた。

【目次】
1. 新皮膚感作性試験/マウス局所リンパ節アッセイ(LLNA)
1.1 背景
1.2 皮膚感作メカニズムとアレルギー性接触皮膚炎
1.3 皮膚感作性の毒性評価
1.4 LLNAと有効性評価
1.5 規制と動物愛護
2. in vitro 経皮吸収試験
2.1 背景
2.2 in vitro 試験法の概念
2.3 CTLの拡散セル
2.4 OECDガイドラインとのかかわり
3. in vitro 皮膚刺激性試験/皮膚総合機能試験(SIFT)
3.1 背景
3.2 SIFT
4. in vitro 皮膚腐食性試験/皮膚通過電気抵抗試験 (TER)
4.1 背景
5. in vitro 眼刺激性試験バッテリー
5.1 背景
5.2 in vitro 眼刺激性試験バッテリー
5.3 K562試験
5.4 摘出眼試験
6. CTL (Central Toxicology Laboratory)
6.1 全体像
6.2 代替法開発と継続的計画
6.3 外部団体との共同研究
6.4 受託試験項目


--------------------------------------------------------------------------------

特集:新しい色素増感太陽電池

--------------------------------------------------------------------------------

色素増感太陽電池の高性能化

--------------------------------------------------------------------------------
荒川裕則((独)産業技術総合研究所 光反応制御研究センター センター長)

 低コストで高性能な次世代型太陽電池の候補とみなされている色素増感太陽電池の最近の研究開発の状況について紹介した。特に,色素増感太陽電池の市場での経済性を高めるために必須となると考えられる高性能化の研究と,オリジナリティーのある新規なルテニウム色素や有機色素を用いた高性能色素増感太陽電池の研究開発状況について紹介した。

【目次】
1. はじめに
2. プロジェクトの研究成果
2.1 高性能チタニア光電極の作製
2.2 酸化物半導体光電極の表面修飾効果
2.3 高性能金属錯体色素の開発
2.4 高性能有機色素の開発
3. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

電子線照射によるナノ酸化チタン粒子の焼成と色素増感太陽電池への応用

--------------------------------------------------------------------------------
内田聡(東北大学 多元物質科学研究所 化学機能制御研究分野  助手)
冨羽美帆(東北大学 多元物質科学研究所 化学機能制御研究分野)
長塩尚之(日新電機(株))

 酸化チタン電極の表面処理方法には,これまで電気炉加熱し,UV 照射,マイクロ波加熱,水蒸気加水分解などが提案されている。本研究では新たに大気圧下の低出力電子線照射を試みた。この方法は加速電圧と照射線量を適宣選択することで電子の到達距離,すなわちエネルギー投入部位の深さと与える熱量を制御することが可能である。最終的に酸化チタン電極を色素増感太陽電池セルとし,光電変換特性を評価した。

【目次】
1.  はじめに
1.1 電子線照射の特徴
1.2 電子線照射の加熱原理
2. 電子線照射処理
3. 電子線照射と酸化チタン膜
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO TECHNOLOGY

--------------------------------------------------------------------------------

CO2排出ゼロ,太陽エネルギー利用メタノール製造法の開発

--------------------------------------------------------------------------------
上原勝也(東洋エンジニアリング(株) 技術本部 技術企画グループ 担当部長)
片山優久雄(エネルギー総合工学研究所 研究理事)

 CO2削減は自動車,電力業界のほかに,化石資源を原料や燃料としている製造業界にとっても緊急課題である。現在の工場などではCO2固定発生源でのエネルギー効率向上策が講じられているため,これ以上の省エネルギー化などによるCO2排出抑制には限界があり,革新的な製造技術が必要となっている。ここでは,中長期的視点で取り組んでいる「大気中へCO2を排出しないメタノール製造法」を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. メタノール製造に伴う CO2排出量
2.1 メタノール製造
2.2 合成ガスからのメタノール製造 1, 2, 4)
2.2.1 石炭からのメタノール製造
2.2.2 天然ガスからのメタノール製造
3. CO2を排出しないメタノール製造法のコンセプト
4. 内部燃焼式水蒸気改質法の必要性
5. CO2を排出しないメタノール製造法 の経済性試算
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO ENGINEERING

--------------------------------------------------------------------------------

バイオマス発電の海外展開

--------------------------------------------------------------------------------
楢本博也(電源開発(株) 国際事業部 IPP 第 1 グループ 課長代理)

 本稿では,海外で商業化計画の動きが著しいバイオマス発電について,なぜ海外で商業化が盛んに推進されているのか,そのリスクと回避方法とは何か,今後の見通しはどうであるのかについて,実際に商業運転を開始した籾殻発電プラント,ロイエットの事例紹介も交えて述べることとする。

【目次】
1. 海外バイオマス発電の意義
1.1 安価なバイオマス燃料収集運搬コスト
1.2 建設費の低減
1.3 新エネルギー発電事業の投資拡大措置
1.4 CDMクレジット権の獲得
2. 海外におけるバイオマス発電事業のリスク
2.1 長期電力購入契約(PPA)
2.2 長期燃料供給契約(FSA)
2.3 エンジニアリング・機器調達契約(EPC)
2.4 融資契約(LA)
2.5 運転保守契約
2.6 長期灰売却契約
2.7 オーナーコンサルタント契約
3. 事例研究 「ロイエットグリーン発電所」
4. 海外バイオマス発電の将来


--------------------------------------------------------------------------------

ECO NEW ENERGY

--------------------------------------------------------------------------------

木質バイオマスからのアルコール製造技術

--------------------------------------------------------------------------------
早川智基(月島機械(株) バイオ事業推進部)

 エタノールは飲料用,工業用としての歴史は長いが,近年ではブラジル,米国を中心に燃料用のアルコールとして利用が進んでいる。エタノールを燃料として使用するメリットとしては,主に植物系バイオマスを原料として生産されるため,化石燃料の代替としてCO2の排出量を削減できることがあげられる。また,これまでガソリン添加剤として使用されてきたMTBE(メチルターシャリーブチルエーテル)が発癌性の疑いがあることから,米国を中心に規制の動きもあり,オクタン価向上剤の代替としてのエタノール利用も進んでいる。

【目次】
1.  自動車燃料としてのエタノール
1.1 海外でのエタノール生産量
1.2 日本国内での燃料用アルコールの動き
2. CO2排出削減のためのバイオマスの利活用戦略
3. エタノール原料と一般的な製造技術
3.1 穀物・糖質原料からのエタノール製造方法
3.2 木質系バイオマスからのエタノール製造方法
4. 木質バイオマスからのエタノール製造技術
4.1 加水分解(糖化)工程
4.2 中和工程
4.3 発酵工程
4.4 アルコール収量
5. 廃建材からのエタノール生産技術の開発
5.1 廃建材組成
5.2 一次加水分解液の組成,各成分の阻害濃度調査
5.3 各接着剤成分の発酵への影響
5.4 発酵阻害物質の前処理による除去
5.5 廃建材からのエタノール生産
6. 今後の展開
6.1 廃建材でのビジネス展開
6.2 技術開発の展望


--------------------------------------------------------------------------------

ECO SERIAL REPORT 環境共生建築から都市へ(第1回)

--------------------------------------------------------------------------------

環境共生建築から環境共生都市へ -ECO INDUSTRY の連載にあたって-

--------------------------------------------------------------------------------
宗本順三(京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻 教授)

【目次】
1. はじめに
2. 環境共生建築
3. 環境共生都市へ
4. 空間の問題
5. 「環境共生建築から都市へ」連載にあたって


--------------------------------------------------------------------------------

ECO GREEN COMPANY

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社大林組
~大林組環境報告書 2003~

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 事業概要
2. 環境への具体的取り組み
3. 環境会計


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MARKET

--------------------------------------------------------------------------------

海水淡水化装置の市場動向

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概 要
2. 市場・企業動向


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MIMETIC MATERIALS ―生物に研究開発のヒントを探る―(第8回)

--------------------------------------------------------------------------------

ホタテガイとバイオメカニクス

--------------------------------------------------------------------------------
竹本喜一(大阪大学 名誉教授)



--------------------------------------------------------------------------------

ECO INFORMATION

--------------------------------------------------------------------------------
<製品開発情報>
エヌアールイーハピネス(株) 環境対応型 中大型建物空調システムを発売
<イベント情報>
浜松ホトニクス(株) 創立50周年記念展示会「PHOTON FAIR 2004」
ENEX2004 地球環境とエネルギーの調和展
このページのTOPへ