• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2003年9月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

特集:生ごみ処理・再資源化

商品コード: E0309

  • 発行日: 2003年8月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:生ごみ処理・再資源化
--------------------------------------------------------------------------------

大豆油からの高都市ごみのエネルギー・資源化と実現シナリオ
―文部科学省生活者ニーズ対応研究の成果より― 性能・低価格の生分解性プラスチック

--------------------------------------------------------------------------------
白井義人(九州工業大学大学院 生命体工学研究科 生体機能専攻 教授)

 都市ごみの中でもっともやっかいな生ごみをポリ乳酸というバイオマス起源のプラスチックに資源化する技術を中心に,その収集,運搬やポリ乳酸生産後の有効利用法についてシステマチックに論じた。さらに,ポリ乳酸自身の化学リサイクル性に注目し,新しい循環社会とその実現のためのシナリオについても考察した。

【目次】
1. はじめに
2. プロジェクトのねらい
3. ディスポーザーによる生ごみの回収と資源化
4. 生ごみからポリ乳酸の生産
5. 生ごみの回収と輸送
6. 生ごみ糖化残さの有効利用
7. ポリ乳酸の化学リサイクル
8. 汚泥の資源化
9. 全体像と実現シナリオ


--------------------------------------------------------------------------------

家畜ふん尿のエネルギー化による食品残さの飼料化システム

--------------------------------------------------------------------------------
薬師堂謙一(九州沖縄農業研究センター 畜産飼料作研究部 畜産総合研究所)

 九州沖縄農業研究センターでは,畜産集中地帯で余剰となっている家畜ふん尿を燃料源に炭化・ガス化して発電を行い,発電廃熱などにより地域で発生する食品残さを乾燥して飼料化する資源循環型のエネルギー生産システムを開発している。家畜ふん尿の処理費と売電に,廃熱による食品残さの乾燥飼料化を組み合わせることにより事業化できるシステムとなる。

【目次】
1. はじめに
2. 食品残さの資料利用
3. 家畜ふん尿のエネルギー化方式
4. 家畜ふん尿のエネルギー化の際の問題点
5. 処理システムの概要
5.1 前処理
5.2 炭化工程
5.3 ガス化・コージェネレーション工程
6. 実規模施設の試算
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微生物を応用した生ごみからの水素製造技術

--------------------------------------------------------------------------------
雷書紅((株)応微研 研究開発部 新エネルギー課)

 各国政府が非常に重要視している水素エネルギーについて,メタン発酵を経由しないで微生物を利用し,生ごみからの直接水素製造技術の確立をめざす。技術面で解決すべき問題はもっともよい微生物の組合せである。高い水素生成率を達成できると同時に,生ごみを分解できる微生物を見つけ出せれば,一石二鳥の利点がある。

【目次】
1. ”水素経済”の夢はいつ実現できるのか
2. 水素製造法
3. 食品廃棄物処理問題
4. 世界初生ごみ燃料電池発電施設
5. 微生物を応用した生ごみからの水素製造技術
5.1 土壌からの微生物を利用して,廃水を原料として水素を製造する
5.2 エビ殻などの生ごみを分解して水素を作る微生物
5.3 白アリから分離した水素を作る微生物
5.4 光合成細菌を用いる水素製造技術
5.4.1 Clostridium と光合成細菌の共生により,グルコースからの水素製造率を高める
5.4.2 光合成細菌の水素発生
6. 生ごみからの水素製造技術の展望


--------------------------------------------------------------------------------

廃大豆油を活用するポリウレタンフォームの創製

--------------------------------------------------------------------------------
松永勝治(東洋大学 工学部 応用化学科 助教授)

 大学の学生食堂で大豆油が揚げ物に使用されたあとに排出される,いわゆる廃大豆油の有効利用に着目した。この廃大豆油に過酸化水素と硫酸を作用させてヒドロキシ化を図った後,これを用いた水発泡法によるポリウレタンフォームを創製した。そのフォームはユニークな性能を有しており,新規ポリウレタンフォームとしての用途展開が期待される。本稿ではその内容を詳細に述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 廃大豆油の改質
3. ポリウレタンフォーム(PUF)の合成と物理試験
4. まとめ


--------------------------------------------------------------------------------

ECO TECHNOLOGY

--------------------------------------------------------------------------------

クリーンエネルギー水素製造法の研究開発の現状と課題

--------------------------------------------------------------------------------
荒川裕則((独)産業技術総合研究所 光反応制御研究センター センター長)

 水素燃料電池自動車の登場で,再び注目されている水素エネルギーについて,炭酸ガスを排出しないクリーンな製造法について紹介した。具体的には,太陽光エネルギーの利用を意識した光電気化学的手法や光触媒的手法を用いた直接水分解による水素製造法の研究開発の現状と課題について述べた。

【目次】
1. はじめに
2. 水素エネルギーの特徴と,その製造法の分類
3. 水の電気分解による水素製造
4. 太陽光を利用する水からの水素製造法
4.1 太陽電池を利用する水の電気分解
4.2 光電気化学的水素水素製造法
4.3 酸化物半導体光触媒による水の直接分解水素製造法
4.3.1 紫外光応答性光触媒による水の分解による水素製造
4.3.2 可視光応答性水分解光触媒の開発
4.3.3 光合成を模倣した二段階光触媒水分解システムの開発
4.3.4 光触媒による水分解水素製造プロセスの実用化への課題
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO SERIAL REPORT 21世紀の環境とバイオテクノロジー(第7回)

--------------------------------------------------------------------------------

バイオプロセスの研究開発

--------------------------------------------------------------------------------
市村直也((株)KRI フロンティア第2研究部 主任研究員)

【目次】
1. バイオマス利用とバイオプロセス
2. 米国の動き
3. バイオプロセス
4. 海外の化学企業の動き
5. 日本の動向
6. バイオプロセスの可能性
7. バイオプロセスの今後


--------------------------------------------------------------------------------

ECO GREEN COMPANY

--------------------------------------------------------------------------------

キユーピー食品株式会社
~循環型社会に適応した企業をめざす~

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 事業概要
2. 環境保全活動の概況
2.1 商品開発部門
2.2 生産部門
2.3 販売・物流部門
3. 環境会計
4. ISO14001の取得状況


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MARKET

--------------------------------------------------------------------------------

省エネ型鉄道車両の現状 

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 環境負荷と鉄道との関係
2. 鉄道車両の現状
2.1 技術背景
2.2 省エネ型車両の現状
(1) JR東日本(JRグループ)
(2) 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)
(3) 小田急電鉄
(4) 京浜急行電鉄
(5) 東京急行電鉄
(6) 阪急電鉄
(7) 近畿鉄道


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MIMETIC MATERIALS ―生物に研究開発のヒントを探る―(第3回)

--------------------------------------------------------------------------------

電気魚は科学の優等生

--------------------------------------------------------------------------------
竹本喜一(大阪大学 名誉教授)


--------------------------------------------------------------------------------

ECO INFORMATION

--------------------------------------------------------------------------------
<製品開発情報>
(株)日本ローバー  環境調査用デジタルイメージングパッケージの発売
セイコーインスツルメンツ(株)  液化窒素不要の有害金属モニタを発売
<イベント情報>
2003 NEW環境展  大阪会場
2003 中小企業ビジネスフェア
WPC EXPO 2003
このページのTOPへ