• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊エコインダストリー 2003年5月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

特集:水処理技術とシステム

商品コード: E0305

  • 発行日: 2003年4月25日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 1342-3037
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:水処理技術とシステム
--------------------------------------------------------------------------------

高濃度塩対応, 超臨界水酸化装置の開発技術

--------------------------------------------------------------------------------
北野清之(コマツ 環境・システム事業室 超臨界プロジェクト 上級主任技師)
脇田正明(栗田工業(株) 研究開発本部 SC プロジェクト サブリーダー)

 超臨界水酸化技術は, 有機物をクリーンに完全分解することができる技術である。 この技術を廃棄物処理に適用する際にネックとなっていた諸技術課題を克服し, 実用技術として完成できた。 実用化のための重要な技術課題のひとつであった超臨界水酸化条件下での無機塩の排出技術の概要と, その技術を活用した実証試験機による試験結果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. SCWO技術について
2.1 超臨界水
2.2 SCWO技術
2.3 従来の技術課題
3. 超臨界水酸化装置「アクアフレーム」における無機塩対策技術
3.1 無機塩に関する課題
3.2 アクアフレームの反応器構造と無機塩対策技術
(1) ダウンフロー方式
(2) スクレーパー
(3) クエンチ水
4. 廃液処理試験
4.1 実証プラント
4.2 無機塩含有廃液の処理試験
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

オゾンを応用したパッケージ型膜ろ過高度浄水設備の開発

--------------------------------------------------------------------------------
石田稔郎(三菱電機(株) 電力・産業システム事業所 環境システム課 主事

 水道水に起因する病原性原虫クリプトスポリジウムによる集団発症例が国内でも発生し, 旧厚生省 (現厚生労働省) は暫定指針により小規模浄水施設に対してはクリプトスポリジウムを物理的に除去できる膜処理設備の導入を推奨している。 しかし, 従来の膜処理設備は膜単体のコストが高く, 当該の水道事業体はその建設費捻出が問題となっているのが現状である。三菱パッケージ型オゾン・膜応用高度浄水設備は従来の膜処理の前段にオゾンを注入することにより, 膜単独処理に比べ膜の必要面積が約 1/5 にできることを利用し, 建設費の大幅削減を実現している。 同時にトラックにより輸送が可能なワンベース構造によるコンパクト化, 工場製作による高品質を実現し, 現地工事量の削減も可能としている。また, 専門技術者の少ない簡易水道事業体に対しては最新 IT 技術を利用した 24 時間リモート監視機能を搭載している。 これは, 万一設備に異常が発生した場合, 通信ネットワークを利用して常時送信されてくる運転トレンド情報によって, 保守センターの専門技術者が故障原因を特定, 復旧に必要な部品を持参し, 逸早く対応することができるものである。さらに, この処理システムを応用した製品として, 災害発生時に課題となる水道施設の確保の一助となる非常用給水設備について報告する。 これはシステム全体をトラックで搬送し, 河川・湖沼・プールなどの水源をオゾン・膜処理にて浄水処理し給水することで, 災害時の水道の早期給水を可能とすることを目的とするものである。

【目次】
1. はじめに
2. オゾンと膜の組み合わせについて
2.1 オゾンによる膜ろ過流束向上のメカニズム
2.2 実験装置による実証実験
2.2.1 実験装置の諸元と実験条件
2.2.2 実験結果
(1) 膜ろ過流束の向上
(2) 水質改善効果
3. 「三菱パッケージ型オゾン・膜応用高度浄水設備」製品概要
3.1 製品コンセプト
3.2 製品シリーズ特徴
4. IT利用のリモート監視技術
5. 非常用給水システム
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

排水処理, 資源回収と循環システム

--------------------------------------------------------------------------------
早川智(日本電工(株) 環境システム事業部 商品開発センター 商品開発センター長)

 鉄鋼, 化学工業, 金属等の加工などにおける表面処理など多くの製造工場においては, 重金属, あるいは有害物を含む排水が発生するが, 水質汚濁防止法で規制を受けている。 この中で有害重金属についてはほとんどスラッジとして埋立て処分されているのが現状である。 本稿では, 排水中の重金属イオン濃度が低いことを利用した Cr (Ⅵ) イオン, ホウ素, その他の重金属のリサイクルシステムについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. クロム(IV)リサイクルシステム
2.1 イオン交換樹脂の選定
2.2 pHの影響
2.3 共存イオンの影響
2.4 イオン交換塔の塔式
2.5 イオン交換樹脂の再生
2.6 Cr(IV)のリサイクル
2.7 その他
3. ホウ素リサイクルシステム
3.1 イオン交換樹脂へのホウ素の吸着
3.2 ホウ素を吸着したイオン交換樹脂からのホウ素溶離およびホウ酸の回収
3.3 システムの概要
4. その他の物質のリサイクルシステム


--------------------------------------------------------------------------------

微生物による油脂排水の分解処理技術

--------------------------------------------------------------------------------
森下新((株)大阪生物環境科学研究所 主任研究員)
森下日出旗((株)大阪生物環境科学研究所 代表取締役 所長)

 食品加工工場や製油工場, またレストランや食堂の厨房排水には多量で高濃度の油脂が含まれており, その処理は難しく, ほとんど分離法に頼って処理されていた。 しかし, 著者らは微生物による分解処理を可能とし, その浄化法を開発した。 この方法は分解により汚泥の極端な減少をもたらすので, 今後はこの処理法がより広く普及するものと思われる。

【目次】
1. はじめに
2. 一般的油脂廃水処理方法
(1) 自然分離法
(2) 加圧浮上分離法
(3) 凝集沈降法
(4) オイルセパレーター
(5) ろ過法
(6) 微生物製剤・酵素製剤による方法
3. 微生物による分解処理法
4. 微生物を利用した分解処理
4.1 微生物を導入するための条件
4.2 浄化のための排水の水質条件
4.3 微生物の選定と確定
5. 分解微生物の最大活性を発揮させるためのシステム構築
6. 現在の油脂分解の現場
(1) グリーストラップにおける油脂排水の微生物による分解浄化
(2) 食品工場の排水における油分解除去
(3) 製油工場における油脂排水処理例
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO ENGINEERING

--------------------------------------------------------------------------------

生分解性を有する熱可塑性ポリビニルアルコール“エコマティ AX”

--------------------------------------------------------------------------------
酒井紀人(日本合成化学工業(株) 中央研究所 ゴーセノール研究室 主任)

 ポリビニルアルコール (PVA) は, 古くから環境親和型の樹脂として知られており, 日本では 「グリーンプラ」 にも登録されている生分解性樹脂である。
本稿で紹介する PVA 「エコマティ AX」 は, 日本合成化学工業(株)が独自の技術で開発に成功した, 熱溶融成形可能で水溶性を有する環境対応性のある新しい素材である。

【目次】
1. はじめに
2. エコマティAXの特性
3. 応用分野
(1)紙加工材
(2)包装材・容器
(3)形状加工助材
4. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

ECO ANALYSIS

--------------------------------------------------------------------------------

プラスチックリサイクルの現状と展望

--------------------------------------------------------------------------------
喜多泰夫(大阪市立工業研究所 プラスチック課 環境材料研究室 研究主幹)

 プラスチック廃棄物が存在する限り, プラスチックリサイクルは避けては通れない課題である。 現在プラスチックリサイクルは, マテリアルリサイクル, ケミカルリサイクル, サーマルリサイクルの 3 つの柱を中心に展開されており, それぞれの分野において, 日々リサイクル率向上のための研究開発努力が繰り広げられている。 本稿では最新のデータを参照しながら, わが国のプラスチックリサイクルの現状とその将来を展望してみたい。

【目次】
1. はじめに
2. プラスチックリサイクル技術の分類と内容
2.1 マテリアルリサイクル
2.2 ケミカルリサイクル
2.2.1 油化技術
2.2.2 ガス化技術
2.2.3 高炉還元化技術
2.2.4 セメント原燃料化技術
2.3 サーマルリサイクル
3. わが国のプラスチックリサイクルの現状と課題
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO SERIAL REPORT 21世紀の環境とバイオテクノロジー(第3回)

--------------------------------------------------------------------------------

バイオレメディエーション(2)

--------------------------------------------------------------------------------
市村直也((株)関西新技術研究所 フロンティア第 2 研究部 主任研究員)

【目次】
1. はじめに
2. 高性能な油分分解菌の探索・スクリーニング
3. 油分分解微生物と他の微生物との競合性
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ECO GREEN COMPANY

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社クボタ
~ 「クボタ地球環境憲章」 ~

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 事業概要
2. 環境方針・経営展開
3. 事業部別環境対策製品動向
3.1 産業インフラ事業本部
(1) 全溶接型直埋三方バルブ
(2) 推進樋管工法
3.2 機械事業本部
(1) 水田用除草剤
(2) ミニバックホー
(3) バイオオイル(バイオグリーングラス)
3.3 環境エンジニアリング事業本部
(1) 生ゴミ発電システム(膜型メタン発酵システム)
(2) 担体投入型窒素除去システムの開発
3.4 住宅機材事業本部
(1)平板スレート屋根材「NEWカラーベスト」
(2)膜分離型合併処理浄化槽
3.5 PV事業推進部
3.6 空調事業部
4. 環境会計
5. 海外貢献活動
5.1 ラオス(小水力発電システム)
5.2 マレーシアSelangor州(液中膜)


--------------------------------------------------------------------------------

ECO MARKET

--------------------------------------------------------------------------------

燃料電池の現状

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 燃料電池の開発・導入動向
2.1 リン酸型燃料電池(PAFC)
2.2 溶融炭酸塩型燃料電池(MCFC)
2.3 固体酸化物型燃料電池(SOFC)
2.4 固体高分子型燃料電池(PEFC)


--------------------------------------------------------------------------------

ECO INFORMATION

--------------------------------------------------------------------------------
<環境経営情報>
オリエント測定コンピュータ(株)/秘密保持リサイクル
<製品開発情報>
(株)コスモエンジニアリング 余剰汚泥減溶化システムを開発
<イベント情報>
第2回 国際バイオEXPO/国際BIOEXPO事務局・リードエグジビションジャパン(株)
自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2003/(社)自動車技術会 技術交流・出版グループ
第7回環境・緑化産業展 エコ・グリーンテック2003/エコ・グリーンテック実行委員会事務局
<募集情報>
KAST 2004年度 新規研究プロジェクト募集/(財)神奈川県科学技術アカデミー
このページのTOPへ