• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2013年1月号

【特集】ハイスループットな創薬スクリーニングを目指して

商品コード: I1301

  • 発行日: 2013年1月12日発行
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545

個数: 

カゴに入れる

目次

【特集】ハイスループットな創薬スクリーニングを目指して

-------------------------------------------------------------------------

抗体医薬シーズ探索
抗原スクリーニング技術と抗体スクリーニング技術
Antibody Drug Seeds Screening:Antigen Screening Technology and Antibody Screening Technology

-------------------------------------------------------------------------
杉浦雅仁((株)ACTGen 事業開発部 部長)

 癌特異的膜タンパク質をSSTREX 法(signal sequence trap 法)で同定し,該タンパ
ク質に対して抗腫瘍活性を持つ抗体を独自のスクリーニング方法で獲得する。紹介する抗
体医薬シーズは本方法によって得られた抗原に対する抗体で,各々スキルス胃癌,前立腺
癌に強い抗腫瘍活性をもつものである。

【目次】
1. はじめに
2. 抗原スクリーニング技術 SSTREX法(signal sequence trap 法)
3. 抗体作製・スクリーニング技術
4. 抗体医薬シーズ候補の探索 スキルス胃癌に対する抗体医薬シーズ
5. 抗体医薬シーズ候補の探索 前立腺癌に対する抗体医薬シーズ
6. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

プロベックス・プローブによるセルベース創薬スクリーニング
Cell Based Screening for Drug Discovery by ProbeX Probe Technology

-------------------------------------------------------------------------
三浦研二((株)ProbeX 研究開発部 部長)

 創薬スクリーニングでより特性の優れた化合物を検出するためにも細胞アッセイはます
ます増えている。発光検出はIn vitro,細胞,In vivo まで使える方法論であるが,タンパ
ク質-タンパク質相互作用を高感度に発光検出可能となったスプリットルシフェラーゼプロ
ーブによるセルベースアッセイを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ルシフェラーゼ技術
3. ProbeX プローブの開発
4. ProbeX プローブによるスクリーニング
5. 今後の展開

-------------------------------------------------------------------------

ヒトiPS 細胞由来分化誘導肝細胞を用いた薬物毒性評価系の開発  
Evaluation of Drug Toxicity by Using Hepatocytes Derived from Human iPS Cells

-------------------------------------------------------------------------
川端健二((独)医薬基盤研究所 幹細胞制御プロジェクト プロジェクトリーダー)
高山和雄(大阪大学大学院 薬学研究科 分子生物学分野)
水口裕之(大阪大学大学院 薬学研究科 分子生物学分野 教授)

 ヒトiPS 細胞は再生医療だけではなく創薬への応用も強く期待されている。特に肝細
胞を iPS 細胞から効率良く分化誘導できれば,ハイスループットな薬物毒性評価系や薬
物代謝評価系を新規に構築できると考えられる。本稿では,筆者らが考案したヒトiPS細
胞由来肝細胞の分化誘導法とその薬物毒性評価への応用について紹介したい。

【目次】
1. はじめに
2. 肝細胞の培養
3. ヒトiPS 細胞から肝細胞への分化誘導
3.1 ヒトiPS 細胞から内胚葉への分化誘導
3.2 内胚葉から肝細胞への特異化
3.3 肝幹前駆細胞から肝細胞への成熟化
3.4 遺伝子導入による肝細胞分化誘導
3.5 三次元培養技術による肝細胞の成熟化
4.iPS 細胞由来肝細胞を用いた薬物毒性評価系の開発
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液滴接触法を利用したチャネル型膜タンパク質のハイスループット機能解析システムの開発 
High Throughput Screening Platform for Ion Channel Analysis by Droplet
Contact Method

-------------------------------------------------------------------------
川野竜司((財)神奈川科学技術アカデミー バイオマイクロシステムプロジェクト 研究員)
大崎寿久((財)神奈川科学技術アカデミー バイオマイクロシステムプロジェクト 研究員)
竹内昌治(東京大学 生産技術研究所 准教授;神奈川科学技術アカデミー バイオマイ
      クロシステムプロジェクトリーダー)

 液滴接触法と呼ばれる手法の考案によって,液滴の滴下という簡便な操作で安定なモデ
ル生体膜を再現良く形成できるようになった。このモデル膜にチャネル型膜タンパク質を
再構成し,さらにアレイ化することで,ハイスループット薬剤スクリーニングシステムの実現
を目指している。

【目次】
1. はじめに
2. 生体膜モデルの再現に成功した液滴接触法
3. 接触法デバイスによるチャネル型膜タンパク質シグナル計測
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

インシリコ創薬支援事業の概要と今後の展望
Outline and Perspective of Supporting Activity of In Silico Drug Discovery

-------------------------------------------------------------------------
志水隆一(NPO 法人バイオグリッドセンター関西 理事/事務局長)

 NPO 法人バイオグリッドセンター関西は,コンピュータ技術の創薬分野への産業利用
促進を推進してきた。文部科学省等のプロジェクトに応募し,自らもインシリコ創薬を実
践しノウハウと経験値を高めてきた。神戸に次世代スパコン「京」が設置されることとな
り「次世代スパコンの創薬産業利用促進研究会」を立ち上げるなかで利用支援の必要
性を感じ,「インシリコ創薬支援事業」を開始するに至った。

【目次】
1. NPO 法人バイオグリッドセンター関西とは
2. インシリコ創薬支援事業について
3. 今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

菊花ポリフェノールの開発
Development of“ Chrysanthemum Polyphenol”

-------------------------------------------------------------------------
北村志郎((株)カネカ QOL 事業部)
本田真一((株)カネカ フロンティアバイオ・メディカル研究所)

 菊の花から見出した機能性食品素材である「菊花ポリフェノール」は,高プリン体を摂
取した場合の尿酸値上昇を抑制した。「菊花ポリフェノール」は,体内でプリン体からの
尿酸産生を抑え,さらに,尿酸の排泄を促進することにより,血中尿酸値の上昇を抑制し
ていると考えられた。

【目次】

1. はじめに
2. 痛風・高尿酸血症について
3. 菊花ポリフェノールとは
4. 菊花ポリフェノールの尿酸値上昇抑制効果
4.1 ラットでの連続投与試験
4.2 ヒトでの単回投与試験
5. 菊花ポリフェノールの作用機序
5.1 尿酸産生抑制作用(キサンチンオキシダーゼ阻害)
5.2 尿酸排泄促進作用(尿酸排泄に関するトランスポーターの発現増強)
6. 菊花ポリフェノールの安全性
7. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

タンパク質のリフォールディングを補助し,活性を保護する有機ナノチューブゲル   
Organic Nanotube Gels:Refolding Assistance and Activity Stabilization of Proteins

-------------------------------------------------------------------------
亀田直弘((独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター 研究員)

ライフサイエンス,グリーンイノベーションの観点から,タンパク質や酵素が注目を集めており,
その生産技術の発展が求められている。変性タンパク質を正常な高次構造状態へとリフォ
ールディングさせ,活性を回復させるだけでなく,当該タンパク質を熱や化学物質から保護
可能な有機ナノチューブゲルの開発に成功した。

【目次】

1. はじめに
2. 有機ナノチューブゲルの形成
3. ナノチャンネルに配置した疎水性官能基の効果
4. ナノチャンネルのサイズ効果
5. 酵素活性を保護する機能
6. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

バイオ医薬品の効率的製造に向けた世界動向と規制状況
Global Regulatory Aspects of Biotechnology Products and Current Topics of Manufacturing Technology

-------------------------------------------------------------------------
山口照英(国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部 研究員)

【目次】
1. バイオ医薬品の生産技術の開発動向
2. Escherichia coli 等の原核生物を細胞基材とする医薬品生産
3. CHO 細胞等の動物細胞を用いたタンパク質医薬品の生産
4. トランスジェニック動植物を用いたバイオ医薬品の製造
5. 核酸医薬品やペプチド合成技術
6. おわりに
このページのTOPへ