• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

工業触媒の最新動向―シェールガス・バイオマス・環境エネルギー―

  • Advanced Industrial Catalysts―Shale Gas, Biomass, Environment and Energy―
★ 月刊ファインケミカルで大好評を博した連載「触媒からみる化学工業の未来」に、最新情報を追加し書籍化!
★ 石油化学原料がナフサから天然ガスに移り始めた今、新たな触媒プロセスが必要となる!
★ 化学工業に関わるすべての人たちへ!

商品コード: B1067

  • 監修: (著者)室井髙城
  • 発行日: 2013年8月8日
  • 価格(税込): 8,640 円
  • 体裁: B5判、258ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0813-5

個数: 

カゴに入れる

この本のカタログを見る

この本のサンプルを見る

  • 工業触媒 / 触媒プロセス / シェールガス / バイオマス / 環境 / エネルギー / FT合成 / DME合成

刊行にあたって

 工業触媒は20世紀から人類に多大な貢献をしてきた。化学工業の黎明期、硫酸の製造にPt/石綿が使われたのが工業触媒の最初である。約100年前には数千回の触媒探査実験と高圧の水素化反応装置の開発により、ハーバー・ボッシュによるアンモニア合成が工業化され人類は飢餓から解放された。石炭時代にはアセチレンからの化学品合成触媒やメタノール合成触媒、フィッシャー・トロピッシュによる石炭合成ガスからの液体燃料製造触媒が見つけられた。これらの触媒は原料が石油から天然ガスに替わった現在も重要な技術となっている。チーグラー・ナッタによるポリエチレン、ポリプロピレン合成触媒の発見は人類の生活を一変させた。また、ポリエステル繊維やペットボトルが世界的に普及したのはキシレンの異性化によるp-キシレンの合成にZSM-5が開発されたことやテレフタル酸の精製にPd触媒が開発されたことに起因している。環境対策では、NOx除去触媒や自動車排ガス浄化触媒の果たした役割は大きい。既に自動車排ガス中の有害成分は99%除去されている。Pt触媒を用いた燃料電池も工業化された。この10-20年石油価格の高騰が続き、石油随伴ガスや天然ガスが注目され、中東のカタールでは大規模な天然ガスから液体燃料を合成するGTL(Gas to Liquid)プラントが稼働を始めた。中国では石炭を原料として合成ガスからメタノールを合成し、メタノールからエチレン、プロピレンを合成する触媒プロセスが稼働を始めた。さらに、数年前からシェールガス革命が米国で始まり莫大な埋蔵量の天然ガスとシェールオイルが見つかり、米国では既に掘削が始まり、石油化学原料がナフサから天然ガスに移り始めた。その結果、従来ナフサクラッカーで副生していたプロピレンやブタジエン、芳香族不足が予想され、新たな触媒プロセスが必要となっている。

 一方、地球温暖化対策のための再生可能エネルギーの探索やバイオマスの利用も進んでいる。これらの技術は工業触媒の開発がキーテクノロジーである。
現在、今まで以上に工業触媒の技術が要求されていると思われる。工業触媒は合成などの反応の手段である。実際の反応に使え、役立たなければならない。そのため触媒プロセスは触媒だけではなくプロセスと一体で開発されなければならない。最新の工業触媒を知ることは化学工業の未来を予測することにもつながる。そのため注目されている最新の工業触媒を取り上げてまとめた。

 今回刊行する内容は、2009年~2012年の約4年間、シーエムシー出版社の月刊ファインケミカル誌に連載された「触媒からみる化学工業の未来」に、若干の加筆と最新のシェールガス関連のテーマを加えたものである。 工業触媒、合成触媒、シェールガス関連、バイオマス、エネルギー・環境の最新の工業触媒についてまとめ直してある。刊行にあたってシーエムシー出版社にお礼を申し上げたい。

2013年7月
アイシーラボ 室井 髙城

目次

--------------------------------------------------

【第 I 編 工業触媒】

--------------------------------------------------
1 超高活性触媒
--------------------------------------------------
1. 均一系触媒反応
2. 均一系触媒
 2.1 カルボニル化
 2.2 ヒドロホルミル化
 2.3 水素化
 2.4 鈴木-宮浦カップリング反応
 2.5 Heck反応
3. 将来の展望

--------------------------------------------------
2 多元機能触媒
--------------------------------------------------
1. エチレンの酸化による酢酸の合成
2. 酸化エステル化
 2.1 MMA
 2.2 グリコール酸
3. MIBK
4. p-キシレン
5. パラフィンの異性化

--------------------------------------------------
3 貴金属合金触媒
--------------------------------------------------
1. 合金触媒特性
2. Pd-Ru合金触媒
3. Pd-Pt合金触媒
 3.1 芳香族ニトロ化合物の水素化
 3.2 脱ベンジル反応
 3.3 液相酸化反応
 3.4 耐硫黄毒性
4. Pd-Au合金触媒
 4.1 酢酸ビニル触媒
 4.2 水素と酸素から過酸化水素の直接合成
 4.3 Au触媒の溶出防止
 4.4 Pd-Au合金触媒の調製
5. Pt-Ru合金触媒
 5.1 芳香族ニトロ化合物の水素化
 5.2 他の官能基の水素化
6. Rh-Ru合金触媒
7. おわりに

--------------------------------------------------
4 ヘテロポリ酸触媒
--------------------------------------------------
1.ヘテロポリ酸
2.工業化されているプロセス
 2.1 プロピレンの水和
 2.2 tert‒ブタノール
 2.3 sec‒ブタノール
 2.4 THFの開環重合
 2.5 メタクロレインの酸化
 2.6 酢酸エチル
 2.7 酢酸
3. 開発の期待されている反応
 3.1 酸素によるエポキシ化
 3.2 過酸化水素によるエポキシ化
 3.3 アルキレーション
 3.4 テトラロンの合成
 3.5 脱水反応

--------------------------------------------------
5 担体との相互作用を利用した工業触媒
--------------------------------------------------
1. 担体との相互作用(SMSI)
2. カーボングラファイト
 2.1 シンナムアルコール
 2.2 アンモニアの合成
3. SnO2,Nb2O5
4. セリア(CeO2)
5. おわりに

--------------------------------------------------
6 ゼオライトの表面修飾触媒
--------------------------------------------------
1. ゼオライトの工業触媒使用例
2. ベックマン転位反応
3. CHP法プロピレンオキサイド
4. 過酸化水素法プロピレンオキサイド
5. フェノールの直接合成
6. おわりに

--------------------------------------------------
7 超深度脱硫触媒
--------------------------------------------------
1. 従来の脱硫触媒の製法
2. 超深度脱硫
3. 活性点の精密制御
4. 構造体触媒
5. アルミナフリー触媒
6. おわりに

--------------------------------------------------
8 石炭液化触媒
--------------------------------------------------
1. 石炭液化の歴史
2. NEDOLプロセス
3. BCLプロセス
4. 世界の液化プロセス
5. 石炭液化製造コスト
6. 中国の実情
7. 石炭液化の課題
8. おわりに

--------------------------------------------------
9 触媒蒸留
--------------------------------------------------
1. 触媒蒸留プロセス
2. ETBE
3. エステル分解反応
4. MIBK
5. 水素化反応
 5.1 ジエン類の選択水素化
 5.2 高純度シクロヘキサン
6. 反応蒸留触媒
7. おわりに

--------------------------------------------------
10 超重質油のアップグレーディング触媒
--------------------------------------------------
1. オイルサンド
2. アップグレーディング
 2.1 炭素除去
 2.2 接触分解
  2.2.1 残油処理(RFCC)
  2.2.2 残油処理の問題点
  2.2.3 残油処理対策
 2.3 水素化分解
  2.3.1 H‒Oilプロセス
  2.3.2 LC‒Fining
  2.3.3 HYCONプロセス
3. ビチューメン
4. おわりに

--------------------------------------------------

【第 II 編 合成触媒】

--------------------------------------------------
11 メタノールまたはDME からのプロピレン合成触媒
--------------------------------------------------
1. MTGプロセス
2. メタノールからのDMEの合成
3. メタノールからプロピレン
4. DMEからプロピレン
5. エチレンとメタノールからプロピレン
6. ブテンとメタノールからプロピレン
7. おわりに

--------------------------------------------------
12 エチレン法MMA 合成触媒
--------------------------------------------------
1. MMA
2. アセトンシアンヒドリン法
3. C4原料プロセス
 3.1 イソブテン酸化プロセス
 3.2 旭化成プロセス(直メタ法)
4. C3原料プロセス
 4.1 メチルアセチレン原料
5. エチレン法MMA合成プロセス
 5.1 BASFルート(ヒドロホルミル化)
 5.2 Lucite法(カルボメトキシ化)
 5.3 Eastman法(ヒドロカルボニル化)
6. おわりに

--------------------------------------------------
13 過酸化水素の直接合成触媒
--------------------------------------------------
1. 過酸化水素
2. DuPontプロセス
3. Headwatersプロセス
4. Pd/イオン交換樹脂
5. Pd‒Au触媒
6. マイクロリアクターによる合成
7. おわりに

--------------------------------------------------
14 DME合成触媒
--------------------------------------------------
1. DME
2. 間接法によるDMEの製造
3. 直接法によるDME の製造
 3.1 固定床プロセス
 3.2 懸濁床プロセス
 3.3 水素と二酸化炭素からのDMEの合成
4. 燃料としての利用
5. おわりに

--------------------------------------------------
15 DMEの応用触媒
--------------------------------------------------
1. MTGプロセス
2. プロピレンの合成
3. プロパンの合成
4. 酢酸メチルの合成
5. エタノールの合成
6. 酢酸ビニル
7. DMEからの水素製造
 7.1 DMEの水蒸気改質
 7.2 DMEのドライリフォーミング
8. DMEの応用
9. CO2循環システム
10. おわりに

--------------------------------------------------
16 石油によらない酢酸ビニルの製法
--------------------------------------------------
1. 酢酸ビニル製造の歴史
2. 酢酸からの酢酸ビニルの合成
3. EDDAからの酢酸ビニルの合成
 3.1 無水酢酸とアセトアルデヒドからのEDDA合成
 3.2 無水酢酸の水素化分解
 3.3 酢酸メチルのヒドロカルボニル化
 3.4 DMEと酢酸のヒドロカルボニル化
4. バイオマスエタノールからの酢酸ビニルの合成
5. おわりに

--------------------------------------------------
17 ホスゲンを用いない金触媒によるTDI製法
--------------------------------------------------
1. TDIの製法
 1.1 DNTの水素化
 1.2 イソシアネート
2. Auによる芳香族ニトロ化合物の水素化
3. カルバモイル化
 3.1 酢酸亜鉛触媒
 3.2 Au 触媒
4. Au触媒によるTDIのワンポット合成
5. おわりに

--------------------------------------------------
18 シクロヘキサノンオキシムの新製法
--------------------------------------------------
1. 従来のカプロラクタム製法
 1.1 シクロヘキサノン
 1.2 ヒドロキシルアミン
 1.3 シクロヘキサノンオキシム
 1.4 ε‒カプロラクタムの合成ルート
2. 開発され工業化された新法
 2.1 シクロヘキサノン
 2.2 シクロヘキサノンオキシム
3. シクロヘキサノンオキシムの新製法
 3.1 金触媒によるニトロシクロヘキセンの還元
 3.2 DPPHによるアミンの酸化
4. おわりに

--------------------------------------------------
19 カプロラクタム新法
--------------------------------------------------
1. 従来のε-カプロラクタム製法
2. 開発され工業化された新法
3. 超臨界水でのベックマン転位反応
4. シクロヘキサノンからカプロラクタムの直接合成
 4.1 Nb/ZSM-5
 4.2 二元機能触媒
5. ブタジエンからε-カプロラクタム
6. アジポニトリルからε-カプロラクタム
7. おわりに

--------------------------------------------------
20 エチレングリコール製造触媒
--------------------------------------------------
1. エチレン原料
2. エチレンオキサイドの水和
 2.1 従来法
 2.2 Dowプロセス
3.エチレンカーボネート経由
 3.1 三菱化学オメガプロセス
 3.2 ポリカーボネート併産法
4. エチレンのアセトキシレーション
5. ジメチルシュウ酸の還元
6. 合成ガスからの合成
7. バイオマスからのエチレングリコール
8. おわりに

--------------------------------------------------
21 石炭からのエチレングリコール製造触媒
--------------------------------------------------
1. MEG
2. 現在のMEGの製法
3. 石炭合成ガスからのMEGプロセス
4. DMOの合成
 4.1 亜硝酸メチルの合成
 4.2 DMOの合成触媒
5. DMOの水素化分解によるMEGの合成
6. おわりに

--------------------------------------------------

【第 III 編 シェールガス関連触媒】

--------------------------------------------------
22 最新の合成ガス製造触媒
--------------------------------------------------
1. 天然ガスの脱硫
2. 予備改質
3. 一次改質
4. 二次改質
5. 従来のスチームリフォーミングプロセス
6. スチームリフォーミングとオートサーマルリフォーミングの組み合わせ
7. 改良スチームリフォーミング触媒
8. ドライリフォーミング
9. 開発プロセス
10. メタンの部分酸化プロセス
11. おわりに

--------------------------------------------------
23 FT合成触媒
--------------------------------------------------
1. FT合成の歴史
2. GTL製造フロー
3. 工業プラント
 3.1 工業化プラント
 3.2 開発中のプラント
 3.3 日本のGTL 技術
4. FT 合成触媒
5. GTLプロセスの経済性
6. おわりに

--------------------------------------------------
24 小型FT合成触媒
--------------------------------------------------
1. 合成ガスの製造
2. Compact GTL
3. Velocysプロセス
 3.1 メタンの水蒸気改質
 3.2 FT合成触媒
 3.3 反応器
 3.4 実証プラント
4.おわりに

--------------------------------------------------
25 エチレン合成触媒
--------------------------------------------------
1. ナフサのスチームクラッキング
2. エタンのスチームクラッキング
 2.1 中東でのエチレン価格
 2.2 シェールガス
3. エタンの酸化
4. エタノールの脱水
5. 開発中の技術
 5.1 エタンの酸化脱水素
 5.2 メタンの酸化二量化
 5.3 メタノールからエチレン
6.おわりに

--------------------------------------------------
26 MTOプロセス
--------------------------------------------------
1.MTOプロセス
 1.1 MTOプロセスフロー
 1.2 MTOプロセス反応
 1.3 MTO反応機構
2. MTO触媒
3. UOP MTO プロセス
 3.1 MTOプロセスの収率
 3.2 MTO/OCP(C4+留分分解プロセス)プロセス
 3.3 MTOプロセスフロー
 3.4 UOP MTOプロセスの商業化
4. 中国DMTOプロセス
 4.1 DMTOプロセスの開発経過
 4.2 DMTOプロセス
5. 工業化プラント
6. 今後のMTO 計画
7. ほかのMTOプロセス
8. おわりに

--------------------------------------------------
27 メタン・エタンの直接利用触媒
--------------------------------------------------
1. シェールガスの利用
2. メタン,エタンの直接利用
3. メタンの利用
 3.1 低温メタノールの合成
 3.2 メタン酸化によるメタノール合成
 3.3 メタンの過酸化水素酸化によるメタノールの合成
 3.4 メタンの酸化二量化
 3.5 メタンからプロピレンの合成
4.エタンの利用
 4.1 エタンの酸化脱水素によるエチレンの合成
 4.2 エタンからの酢酸の合成
 4.3 エタンとベンゼンからのスチレンの直接合成
5.おわりに

--------------------------------------------------
28 炭酸ジメチル合成触媒
--------------------------------------------------
1. ホスゲン法炭酸ジメチル(DMC)の合成
2. EniChem法
3. 宇部法
4. カーボネート経由
 4.1 エチレングリコール併産法
 4.2 プロピレングリコール併産法
5. CO2とメタノールからの合成
6. DMCの用途
 6.1 ポリカーボネート
 6.2 イソシアネート
 6.3 燃料
7.おわりに

--------------------------------------------------
29 エタノール合成触媒
--------------------------------------------------
1. エタノールの合成
2. エタノール
 2.1 合成ガスからのエタノール合成
 2.2 メタノールからのエタノールの合成
3.酢酸の水素化
4.エタノールの利用
 4.1 酢酸エチル
 4.2 酢酸ビニルの直接合成
5.おわりに

--------------------------------------------------
30 C1ケミストリー
--------------------------------------------------
1. 天然ガスの供給
2. C1ケミストリー
3. 合成ガスの利用
4. 含酸素化合物
 4.1 メタノール経由
 4.2 DME経由
 4.3 DMEからプロピレン経由
 4.4 酢酸メチル経由
 4.5 シュウ酸ジメチル経由
 4.6 エチリデンアセテート
5. C1化学フロー
6.おわりに

--------------------------------------------------
31 最新のプロピレン合成触媒
--------------------------------------------------
1. プロピレン製造プロセス
2. 接触法ナフサのスチームクラッキング
3. 低級オレフィンの接触分解によるプロピレンの製造
 3.1 低級オレフィンの接触分解プロセス
 3.2 オメガプロセス
 3.3 Super flex
4. 流動床接触分解プロセス
 4.1 FCCプロセス
 4.2 PetroFCCTM
 4.3 HS-FCC(High Severity-FCC)
 4.4 DCC(Deep Catalytic Cracking)
5. プロパンの脱水素
6. メタセシス
7. エチレンからプロピレンの合成
8. おわりに

--------------------------------------------------
32 ブタジエン合成触媒
--------------------------------------------------
1. ブタジエンの需給バランス
2. ブタジエンの用途
3. ブタジエン製法の歴史
 3.1 アセチレン法
 3.2 Lebedev法
 3.3 アセトアルデヒドとエタノールからブタジエンの合成
 3.4 脱水素プロセス
4. ブタジエンの製法
 4.1 抽出法
 4.2 ブテンの酸化脱水素
5. 最近の動向
6. おわりに

--------------------------------------------------
33 芳香族製造触媒
--------------------------------------------------
1. 従来の芳香族の製造技術
2. 今後の芳香族原料
3. 軽質オレフィンからの芳香族の製造
4. パラフィンからの芳香族の合成
 4.1 芳香族の製造ルート
 4.2 Aromaxプロセス
 4.3 LPGから芳香族
 4.4 各プロセスのまとめ
5. メタノールから芳香族(MTGプロセス)
6. おわりに

--------------------------------------------------
34 LPG の合成触媒
--------------------------------------------------
1. LPG
2. LPGの合成ルート
 2.1 間接法
 2.2 半間接法
 2.3 直接法
3.おわりに

--------------------------------------------------
35 シェールガス革命によって変わる工業触媒
--------------------------------------------------
1. 今後の石油価格
2. シェールガス
 2.1 シェールガス埋蔵量
 2.2 シェールガス組成
 2.3 シェールガスの消費量
3. シェールガスの利用
 3.1 エチレン
 3.2 既存技術によるシェールガス利用
 3.3 シェールガス利用開発中の触媒
4. おわりに

--------------------------------------------------

【第IV編 バイオマス関連触媒】

--------------------------------------------------
36 バイオマスからのプロピレングリコール製造触媒
--------------------------------------------------
1. プロピレンからPG
 1.1 クロルヒドリン法
 1.2 ヒドロペルオキシド法
2. グリセロールからPG
 2.1 グリセロール
 2.2 グリセロールの脱水水素化
3. 乳酸からPG
 3.1 乳酸原料
 3.2 乳酸の水素化脱水
4. ソルビトールからPG
 4.1 ソルビトール
 4.2 ソルビトールの水素化分解
5. おわりに

--------------------------------------------------
37 バイオマスによるアクリル酸の合成
--------------------------------------------------
1. アクリル酸の用途
2. プロピレンからのアクリル酸の合成
3. グリセロールの脱水によるアクロレインの合成
 3.1 ヘテロポリ酸
 3.2 ゼオライト
 3.3 WO3/ZrO2
 3.4 H3PO4/α‒Al2O3
4. バイオ原料
5. おわりに

--------------------------------------------------
38 1,3‒プロパンジオール製造触媒
--------------------------------------------------
1. 1,3‒PD
2. 1,3‒PD の製造メーカー
3. 1,3‒PD の製法
 3.1 エチレンオキサイドのヒドロホルミル化
 3.2 アクロレインの水和
 3.3 デンプン発酵法
 3.4 グリセロールからの1,3‒PD
4. アクリル酸からの合成
5. おわりに

--------------------------------------------------
39 グリセロールの燃料としての利用触媒
--------------------------------------------------
1. グリセロールの市況
2. グリセロールから水素の製造
 2.1 グリセロールの改質
 2.2 希薄グリセロールからの水素製造
3. グリセロールの水素化によるメタノールの合成
4. グリセロールからのオクタン価向上剤の製造
5. グリセロールの燃料利用
6. おわりに

--------------------------------------------------
40 バイオディーゼル油(FAME)製造触媒
--------------------------------------------------
1. バイオディーゼル油の現状
2. 食用油脂と脂肪酸
3. エステル交換反応
4. 均一系触媒による工業化プロセス
5. 懸濁床プロセス
6. 固定床プロセス
7. 日本の実情
8. おわりに

--------------------------------------------------
41 水素化バイオディーゼル油製造触媒
--------------------------------------------------
1. FAMEの問題点
2. 油脂の水素化処理によるバイオディーゼル油の製造
3. 工業化プロセス
4. 水素化処理
5. 減圧軽油(VGO)との混合油の水素化精製
6. FCC
7. 熱分解法
8. おわりに

--------------------------------------------------

【第 V 編 エネルギー・環境触媒】

--------------------------------------------------
42 自動車排ガス浄化触媒
--------------------------------------------------
1. ガソリン車
 1.1 歴史
 1.2 三元触媒
 1.3 酸素吸蔵
 1.4 NOx吸蔵
 1.5 ゼオライト吸着
 1.6 耐熱低Pt触媒
2. ディーゼルエンジン排ガス浄化触媒
 2.1 DPF
 2.2 SCR(NOxの選択還元)
 2.3 新たな技術
3. おわりに

--------------------------------------------------
43 燃料電池触媒
--------------------------------------------------
1. リン酸型燃料電池
2. PEFC
 2.1 燃料ガス
 2.2 PEFC電極触媒
 2.3 電極の製法
 2.4 Ptの削減
3. SOFC
4. PEFCとSOFCの違い
5. おわりに

--------------------------------------------------
44 環境触媒としてのゼオライト
--------------------------------------------------
1. VOC除去触媒
2. DeNOx触媒
 2.1 HC-SCR
 2.2 NH3-SCR
 2.3 ディーゼルエンジン排ガス処理
 2.4 船舶用エンジンの排ガス処理
 2.5 ガスタービンエンジン排ガス処理
3. N2O除去触媒
4. おわりに

--------------------------------------------------
45 燃焼触媒
--------------------------------------------------
1. 触媒による燃焼
2. 燃焼触媒
3. ガスタービン排ガス処理
 3.1 水噴射によるNOx低減
 3.2 V2O5‒TiO2 触媒による選択還元
 3.3 ゼオライト触媒による選択還元
4. 触媒燃焼
 4.1 多段式触媒燃焼
 4.2 流動床燃焼
 4.3 触媒安定化気相燃焼型ハイブリッドシステム
5. おわりに

--------------------------------------------------
46 CO2を用いたポリアルキレンカーボネート製造触媒
--------------------------------------------------
1. ポリアルキレンカーボネート
2. ポリエチレンカーボネート
3. ポリプロピレンカーボネート
4. ポリシクロヘキセンカーボネート
5. おわりに

--------------------------------------------------
47 CO2を用いたメタノール合成触媒
--------------------------------------------------
1. ドライリフォーミング
2. CO2によるメタノール合成の意味
3. メタノール合成反応
4. メタノール合成触媒
5. 実証パイロットプラント
6. 他のプロセス
 6.1 懸濁床
 6.2 均一系
7. おわりに

--------------------------------------------------
48 CO2リサイクルとカーボンの固定
--------------------------------------------------
1 .CO2リサイクルシステムの確立
2. CO2とメタンからメタノールまたはDMEの合成
3. CO2と水素からメタノールの合成
4. カーボンの固定
 4.1 メタンの熱分解
 4.2 ドライリフォーミングとメタノール合成の組み合わせ
5. CO2によるDMEの合成
6. CO2からCOの合成
7. CO2リサイクル
8. おわりに

--------------------------------------------------
49 原子力発電に用いられる水素爆発防止触媒
--------------------------------------------------
1. 原子力発電所
2. 沸騰水型原子炉(BWR)
3. 加圧水型原子炉(PWR)
4. 再結合器
 4.1 再結合触媒
 4.2 再結合器反応条件
 4.3 触媒劣化
5.シビアアクシデント時の水素燃焼対策
 5.1 可燃性ガス濃度制御システム
 5.2 ヨウ素による触媒被毒
6. おわりに

--------------------------------------------------

【第 VI 編 展望】

--------------------------------------------------
50 今後期待されている触媒
--------------------------------------------------
1. 工業触媒開発のインセンティブ
2. エネルギー関連触媒
 2.1 需要の変化
 2.2 天然ガスの利用
 2.3 バイオマス原料
 2.4 燃料電池
 2.5 水素エネルギー
3.化学品関連触媒
 3.1 天然ガス利用触媒
 3.2 基礎化学品
 3.3 機能化学品
 3.4 バイオマス
4. 環境分野
5. 新規触媒
 5.1 高機能触媒
 5.2 今後の触媒
6. おわりに
このページのTOPへ