• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

2015年版 ファインケミカル年鑑

  • Yearbook of Fine Chemical 2015
★ ビジネスに役立つ数少ないファインケミカル業界の資料集の最新版!
★ 業種編ではファインケミカル業界37 業種の生産・輸出入状況から最新の動向まで徹底分析!
★ 製品編では注目のファインケミカル中間体・製品100 品目のシェア・ 生産量・用途・価格を独自調査!

商品コード: A0718

  • 発行日: 2014年10月22日
  • 価格(税込): 75,600 円
  • 体裁: B5判、482ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0978-1

個数: 

カゴに入れる

この本のカタログを見る

この本のサンプルを見る

刊行にあたって

 2011年以降、2年連続で業績が悪化した化学業界でしたが、2013 年度は安倍政権の経済政策「アベノミクス」に支えられ国内景気が緩やかに回復したこと、円高修正で輸出環境が改善されたことなどにより、 多くの化学企業が業績を伸ばしました。とりわけヘルスケアや農薬、住宅建設、モバイル機器分野が好調で、石油化学、自動車関連も堅調に推移し、エレクトロニクスや家電関連も一部に回復傾向がみられました。旭化成、積水化学工業、カネカ、ダイセル、日本化薬など、過去最高の売上高を達成した企業もありました。

 今年で42周年を迎える本書は、国内唯一のファインケミカル産業の動向や貴重な化学品の各種データをとりまとめ、変化の大きい現代の指針としてご活用いただけるものと考えております。

 業種編は、「医薬品・香粧品工業」、「既存ファインケミカル工業」、「エレクトロニクス産業とファインケミカルス」、「工業用薬剤・添加剤」の4部構成にリニューアルし、再生医療、バイオ医薬品、自動車用ケミカルスなど新規項目を加えた37工業を取り上げ、統計や取材から、生産・輸出入・業界動向をまとめています。また、製品編ではファインケミカル中間体や原材料など100品目に関する製法・生産・需要動向・価格などのデータを収録しています。

 本書は、報道、解説されることの少ないファインケミカル産業の動向のまとまった資料であり、変化の大きい現代の指針の一つとしてご活用いただけるものと考えております。本書が各企業の経営戦略立案に役立つことができましたら幸いです。

目次

【 I 業種編 】

業種編総論

<医薬品・香粧品工業>

1 医薬品工業
 1.1 医療用医薬品
 1.2 一般用医薬品
 1.3 臨床検査薬
 1.4 医療機器
2 再生医療
 2.1 概要
 2.2 研究開発動向
 2.3 メーカー動向
 2.4 安全性
3 バイオ医薬品
 3.1 概要
 3.2 業界動向
 3.3 バイオシミラー
4 香料工業
 4.1 需給動向
 4.2 輸出入動向
 4.3 安全問題への対応
 4.4 メーカー動向
 4.5 製品開発動向
5 化粧品工業
 5.1 需給動向
 5.2 輸出入動向
 5.3 化粧品業界の動向
 5.4 岐路を迎えた海外戦略

<既存ファインケミカル工業>

6 農薬工業
 6.1 需給動向
 6.2 輸出入動向
 6.3 生産動向
 6.4 業界動向
 6.5 開発動向
7 合成染料工業
 7.1 生産概要
 7.2 輸出入の概要
 7.3 メーカー動向
 7.4 開発動向
8 有機顔料工業
 8.1 生産概要
 8.2 需要先概要
 8.3 輸出入の概要
 8.4 メーカー動向
 8.5 製品開発動向
 8.6 環境問題への対応
9 印刷インキ工業
 9.1 需要動向
 9.2 製品別動向
 9.3 輸出入動向
 9.4 メーカー動向
 9.5 環境対応製品開発動向
10 塗料工業
 10.1 需要概要
 10.2 品目別生産概要
 10.3 需要分野の動向
 10.4 輸出入動向
 10.5 メーカー動向
 10.6 製品・環境への対応
11 接着剤工業
 11.1 需給概要
 11.2 品目別概要
 11.3 需要動向
 11.4 輸出入の概要
 11.5 業界動向
 11.6 環境問題への対応
12 界面活性剤工業
 12.1 概要
 12.2 各用途分野の動向
 12.3 品目別需要動向
 12.4 輸出入動向
13 石けん・洗剤工業
 13.1 業界概要
 13.2 需給動向
 13.3 輸出入動向
 13.4 環境問題への対応
14 有機ゴム薬品工業
 14.1 需要動向
 14.2 新ゴム生産量
 14.3 輸出入概要
 14.4 メーカー動向・製品開発
15 触媒工業
 15.1 業界概要
 15.2 市場動向
 15.3 輸出入動向
 15.4 需要
 15.5 企業・技術動向
16 試薬工業
 16.1 概要
 16.2 需給動向

<エレクトロニクス産業とファインケミカルス>

17 半導体用ケミカルス
 17.1 半導体市場動向
 17.2 半導体製造用ガス
 17.3 フォトレジスト
 17.4 半導体封止材料
18 フラットパネルディスプレイ用ケミカルス
 18.1 フラットパネルディスプレイ市場
 18.2 液晶ディスプレイ市場
 18.3 プラズマディスプレイパネル市場
 18.4 有機EL市場
 18.5 電子ペーパー市場
 18.6 液晶ディスプレイ構成材料
 18.7 有機EL構成材料
19 プリンター用ケミカルス
 19.1 世界のプリンター市場
 19.2 国内プリンター市場
 19.3 プリンター用ケミカルスの市場動向
20 タッチパネル工業
 20.1 概要
 20.2 市場動向
 20.3 材料・開発動向
 20.4 企業動向
21 電池用材料・ケミカルス
 21.1 電池市場の概要
 21.2 開発動向と構成材料
 21.3 二次電池構成材料の市場動向
22 太陽電池用ケミカルス
 22.1 市場動向
 22.2 日本の出荷量
 22.3 太陽光発電の世界別導入状況
 22.4 タイプ別太陽電池の動向
 22.5 セル・モジュールの国内市場
 22.6 太陽電池の周辺材料・技術の動向

<工業用薬剤・添加剤>

23 プラスチック添加剤工業
 23.1 概要
 23.2 添加剤の需給動向
24 紙・パルプ用化学薬品工業
 24.1 概要
 24.2 紙・板紙需要動向
 24.3 製紙パルプ需要動向
 24.4 古紙需要動向
 24.5 製紙用薬剤需要動向
 24.6 製紙用薬剤メーカーの動向
25 水処理薬品・膜工業
 25.1 概要
 25.2 需要動向
26 コンクリート用化学混和剤工業
 26.1 概要
 26.2 コンクリート用化学混和剤の種類と性能
 26.3 コンクリート用化学混和剤の規格関連動向
 26.4 コンクリート用化学混和剤の需要動向
 26.5 コンクリート用化学混和剤の技術動向
 26.6 おわりに
27 石油製品添加剤工業
 27.1 概要
 27.2 需給動向
 27.3 添加剤メーカーの動向
28 健康食品・機能性食品工業
 28.1 健康食品と機能性食品
 28.2 トクホ制度動向
 28.3 健康食品の機能性表示制度
 28.4 食品の機能性評価モデル事業
 28.5 トクホ市場動向
 28.6 トクホ以外の健康食品市場動向
29 食品添加物工業
 29.1 概要
 29.2 需給動向
30 飼料添加物工業
 30.1 概要
 30.2 需給動向
 30.3 飼料原料の動向
 30.4 飼料添加物の動向
31 産業用酵素工業
 31.1 酵素の市場概況
 31.2 産業用酵素の市場
 31.3 メーカー動向
32 高分子凝集剤工業
 32.1 概要
 32.2 需要動向
 32.3 メーカー動向
 32.4 価格動向
33 自動車用ケミカルス工業
 33.1 自動車産業
 33.2 次世代自動車と将来展望
 3.3.3 自動車用ケミカルスの動向
34 芳香・消臭・脱臭剤工業
 34.1 概要
 34.2 種類・素材など
 34.3 市場動向
 34.4 主な企業動向
35 抗菌・防カビ剤工業
 35.1 概要
 35.2 抗菌剤の種類
 35.3 需給動向
 35.4 メーカー動向
36 脂肪酸工業
 36.1 需要概要
 36.2 輸出入動向
 36.3 原料動向
 36.4 メーカー概要
37 レアアース工業
 37.1 概要
 37.2 需給動向
 37.3 業界動向

【 II 製品編 】

1 青葉アルコール
2 アシル化ペプチド
3 N-アシルグリシン塩
4 N-アシルグルタミン酸塩
5 アスパルテーム
6 アセチルアセトン
7 α-アセチル-γ-ブチロラクトン
8 アセト酢酸アニリド
9 アセト酢酸メチル
10 アリルクロライド
11 アリルメタクリレート
12 アルギン酸プロピレングリコールエステル
13 イソキノリン
14 イソシアヌル酸
15 イソプロピルエーテル
16 イノシトール
17 M
18 NW酸
19 エチルアニリン
20 エチルブロマイド
21 エチレンカーボネート
22 エチレングリコールモノブチルエーテル
23 エチレンジアミンテトラ酢酸
24 エリスリトール
25 塩化チオニール
26 塩素化イソシアヌル酸
27 β-カロテン
28 グアニジン塩
29 D-グルコサミン
30 クロロベンゼン
31 ケイ皮酸
32 紺青
33 コンドロイチン硫酸ナトリウム
34 酢酸アミル
35 酸化セリウム
36 三酸化アンチモン
37 三フッ化ホウ素およびそのコンプレックス
38 1,4-ジヒドロキシナフタレン
39 ジブチルエーテル
40 ジブロモクレジルグリシジルエーテル
41 5,5-ジメチルヒダントイン
42 臭化イソプロピル
43 ショ糖脂肪酸エステル
44 水溶性アナトー
45 ステアリン酸アマイド
46 ソルビタン脂肪酸エステル
47 ソルビトールポリグリシジルエーテル
48 ダイアジノン
49 ダイアセトンアクリルアミド
50 チオジプロピオン酸
51 チオフェノール
52 チオリンゴ酸
53 L-テアニン
54 テトラメチルチウラムジスルフィド
55 デヒドロ酢酸塩類
56 トリグリコールジメルカプタン
57 トリス(ノニルフェニル)ホスファイト
58 トリフェニルホスフェート
59 L-トリプトファン
60 トリベンジルフェノール
61 α-ナフトール
62 p-ニトロベンゾイルクロライド
63 ノニルアルコール
64 パラチノース
65 PAP
66 ピコリン酸
67 ビタミンB6
68 p-ヒドロキシフェニル酢酸
69 4-ヒドロキシブチルアクリレート
70 p-ヒドロキシベンズアルデヒド
71 2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン
72 ピロガロール
73 フィチン酸
74 β-フェニルエチルアルコール
75 フェニル酢酸
76 o-,p-フェニルフェノール
77 フェニルホスホン酸
78 フェノチアジン
79 フェルラ酸
80 プソイドクメン
81 ブチルアルデヒド
82 p-t-ブチル安息香酸
83 プロテアーゼ
84 1-ブロモ-4-クロロブタン
85 o,p-ブロモトルエン
86 ベンジル
87 ベンジルアルコール
88 ベンゾフェノン
89 ポリリン酸カリウム
90 ボロンカーバイド
91 メタクリル酸2-ヒドロキシエチル
92 メタクリル酸ベンジル
93 メタニル酸
94 メチルシクロヘキサン
95 メチルテトラヒドロ無水フタル酸
96 N,N’-メチレンビスアクリルアミド
97 3-メトキシアクリル酸メチル
98 l-メントール
99 L-ロイシン
100 ロジン

【 III 資料・索引編 】

1 ファインケミカル関係団体リスト

2 1975~2015年版製品編総目次
このページのTOPへ