• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

日経バイオ年鑑2015 ―研究開発と市場・産業動向―

★バイオ業界の最新データと今年の話題・将来展望をこの1冊に網羅!
★新コラムを追加して、大幅ボリュームアップ!

商品コード: P0560

  • 発行元: 日経BP社
  • 監修: (編集) 日経バイオテク編集部
  • 発行日: 2014年12月発行
  • 価格(税込): 98,000 円
  • 体裁: B5判、約1292ページ
  • ISBNコード: 978-4-8222-3196-5

個数: 

カゴに入れる

刊行にあたって

7人の専門記者と、それぞれの分野のエキスパートである寄稿者が2013年後半から1年間のバイオ業界の主な動向を解説。個々の出来事は、要約した表を用いて紹介しています。
業界動向の把握や、バイオ関連事業参入のための企画書作り、投資先の決定、学生・社員教育などに是非お役立て下さい。

[1] バイオ業界の重要データを網羅
2014年のバイオ関連市場と動向
分野別各論
1.医薬・診断・医療機器
2.化成品・環境
3.食品
4.農業・畜産・水産
5.バイオサービス・装置・システム
パイプライン研究/審査報告書を読む

[2] 注目4領域の2025年までを展望
癌領域、ゲノム医療、再生医療、機能性食品の4領域についてロードマップを提示。2025年までの市場規模の変化と求められる商品、実現に必要な要素技術を俯瞰できます。

[3] 2014年、業界で注目されたトピックスを詳細に解説
特別リポートを大幅拡充
バイオベンチャー統計、関連予算などに加え、癌治療だけでなく、生活習慣病まで応用が進む抗体医薬の話題、ゲノム編集がもたらす未来、DeNA、Yahoo!などの参入で注目が集まる遺伝子検査の光と影、など15のトピックスを記者が解説。
<ニュースまとめ読み>
STAP細胞、エボラ出血熱

目次

第1部 総括
<2014年のバイオ関連市場と動向>
遺伝子操作技術などを用いて開発・生産されているバイオ製品の市場と、研究支援機器やサービスなど、バイオテクノロジーを支える関連市場について、市場環境や売上高などを独自に調査・集計。研究開発動向を分析しています。
2013年12月から今年10月までのバイオ関連のトピックス200数十件については、企業名や物質、その概要を一覧にまとめているので、2014年の動きが大まかにつかめます。

第2部 特別リポート
<バイオ業界の旬の話題を解説 バイオ関連予算の最新版を収録>
最先端の技術シーズやベンチャー企業の設立、再編が進む製薬業界など、バイオ産業は変わり続けています。バイオ業界の今を理解するためのトレンドを詳細に分析しています。
・癌治療用抗体の開発は免疫療法が主役
・ゲノム編集技術がもたらす世界
・様々な疾患に応用が進む抗体医薬
・ワクチンのグローバル市場に視線向ける国内企業
・次世代シーケンサーを用いた診断システムの実用化
・拡がるPGS(パーソナルゲノム・サービス)が抱える問題と将来展望
・我が国における臨床研究のあり方を見直す
・検証、国内創薬ベンチャーの実力
・上場バイオベンチャーの業績・株価動向
・2014年バイオベンチャー統計・動向調査 報告
・遺伝子組換え作物・食品を巡る世界各地の動き
・遺伝子組換え作物・食品を巡る国内の動き
・情報ランキングに活躍するバイオインフォマティクス
・バイオ知財の動向と知的財産立国への基盤整備
・2015年度バイオ関連予算・概算要求

第3部 今年のバイオが分かる ニュースまとめ読み
・STAP細胞
・エボラ出血熱

第4部 注目領域の将来展望
・癌医療
・ゲノム医療
・再生医療
・機能性食品

第5部 分野別各論
<各項目別に2014年の動向を徹底的に分析>
主要5分野の製品やサービスについて、2014年の市場規模、実用化・商品化状況、技術開発・研究の状況、関連規制など最新のトピックスをまとめました。これに基づき、項目別に2015年の動向を展望します。
1.医薬・診断・医薬機器
2.化成品・環境
3.食品
4.農業・畜産・水産
5.バイオサービス・装置・システム
■掲載全項目■
<医薬・診断・医療機器>
医薬・診断・医療機器概論
インターフェロン(IFN)α/β/γ/インターロイキン

EPO/G-CSF/GM-CSF
ヒト成長ホルモン/成長因子(FGF/HGF/KGFなど)
糖尿病治療
肥満/メタボリックシンドローム
骨関連疾患治療薬
ワクチン
認知症治療薬
中枢神経系疾患治療薬
免疫抑制薬
遺伝子治療
核酸医薬
再生医療
細胞医薬
多能性幹細胞(ES細胞/iPS細胞/Muse細胞)
治療用抗体/受容体蛋白質医薬
治療用酵素
自己免疫疾患治療薬
抗菌薬
抗ウイルス薬
抗血栓薬
血液凝固因子
アルブミン/血漿分画製剤/代替血液関連技術
生殖関連医薬
眼科系疾患治療薬
遺伝子・分子診断
イメージング
体内埋め込み型医療機器/医療用センサー(血糖センサーを含む)

<化成品・環境>
化成品・環境概論
アミノ酸
産業用酵素
バイオマスプラスチック/バイオマスエネルギー
機能性化粧品
ヒアルロン酸
バイオレメディエーション

<食品>
食品概論
保健機能食品(特定保健用食品/栄養機能食品)
健康油
ポリフェノール/カテキン
アスタキサンチン
プロバイオティクス/乳酸菌
機能性ペプチド
アミノ酸機能性食品
大豆食品
プレバイオティクス/オリゴ糖/トレハロース
キノコ機能性食品/βグルカン
食品検査薬/サービス

<農業・畜産・水産>
農業・畜産・水産概論
イネ/ダイズ/トウモロコシ/ムギ/ナタネ/ワタ
樹木/芝/花
藻類
動物用医薬品
農薬/生物農薬
農畜水産物を使った蛋白質生産

<バイオサービス・装置・システム>
バイオサービス・装置・システム概論
遺伝子・蛋白質解析サービス
薬物動態試験受託サービス
蛋白質/ペプチド/核酸の受託生産
DNAチップ/マイクロアレイ
DNA解析装置(シーケンサー)
PCR関連装置
遺伝子導入装置/試薬
蛋白質/プロテオーム/糖鎖解析システム

第6部 パイプライン研究
<審査報告書を読む>
注目製品の審査報告書を取り上げ、薬事の専門家がポイントをわかりやすく解説。
審査報告の文脈に潜む「真意」や「審査の際の重要論点」をあぶり出します。
・機能性ディスペプシア治療薬「アコファイド錠」
・過眠治療薬「モディオダール錠」
・抗悪性腫瘍薬「タルセパ」
・「ダットスキャン静注」
・2型糖尿病治療薬「スーグラ錠」
・統合失調症治療薬「ゼプリオン水性懸濁シリンジ」
・抗悪性腫瘍薬「ジオトリフ錠」
・光線力学療法用剤「注射用レザフィリン」
・ホモシスチン尿症治療薬「サイスタダン原末」
・がん疼痛・慢性疼痛治療薬「トラマールカプセル」
・非小細胞肺癌治療薬「アレセンサカプセル」
・インフル工ンザ感染症治療薬「アビガン錠」

<製薬企業のパイプライン研究>
大好評の「パイプライン研究」をアップデートして掲載。
ターゲットとする疾患領域での研究開発動向を詳細に調査しました。
・アルツハイマー病治療薬
・パーキンソン病治療薬
・抗うつ薬
・てんかん治療薬
・統合失調症治療薬
・睡眠障害治療薬
・痛風・高尿酸血症治療薬
・ウイルス感染症治療薬(肝炎ウイルス感染症治療薬)
・ウイルス感染症治療薬(HIV感染症治療薬)
・抗菌薬
・眼科疾患治療薬
・抗血栓薬-抗血小板薬・線溶系亢進薬-
・血栓治療薬-抗凝固薬-
・過活動膀胱治療薬
・排尿障害治療薬
・多発性硬化症治療薬
・関節リウマチ治療薬(生物学的製剤)
・関節リウマチ治療薬(低分子化合物)
・骨代謝異常治療薬
・呼吸器系疾患治療薬
・肥満症治療薬
・糖尿病性網膜症治療薬
・糖尿病性神経障害治療薬
・糖尿病性腎症治療薬
・糖尿病治療薬
・肺癌治療薬
・乳癌治療薬
・胃癌治療薬
・膵臓癌治療薬
・頭頸部癌治療薬
・肝癌治療薬
・前立腺癌治療薬
・腎細胞癌関連治療薬
・大腸癌治療薬
・白血病治療薬
・悪性リンパ腫治療薬
・制吐薬
・疼痛治療薬
・動脈硬化症治療薬
・高血圧症関連治療薬
・心不全治療薬
・脂質異常症治療薬

■キーワード検索■
和文索引/欧文索引
このページのTOPへ