• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(6月29日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

化粧品・化粧品受託メーカーの市場と展望

  • Research and Development of Cosmetics OEM/ODM Market
★好調の化粧品市場・化粧品受託市場(OEM / ODM)を徹底解説!
★主要 OEM / ODM メーカーの動向を調査!
★注目の化粧品原料73品目について解説!

商品コード: Z0207

  • 監修: (編集)シーエムシー出版
  • 発行日: 2017年1月20日
  • 価格(税込): 108,000 円
  • 会員価格(税込):
    97,200 円 会員価格について
  • 体裁: B5判、230ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-1236-1

個数: 

カゴに入れる

この本のカタログを見る

この本のサンプルを見る

  • 化粧品 / 化粧品受託 / OEM / ODM / 微粒子酸化亜鉛 / スクワラン / アシルコラーゲンペプチド / コンドロイチン硫酸ナトリウム / D-グルコサミン / アスタキサンチン / フラーレン / α-リポ酸 / コウジ酸 / アルブチン / キチン・キトサン / ピリドキシ塩酸塩 / リモネン

刊行にあたって

 化粧品市場の好調の裏には堅調に成長する化粧品受託製造市場の存在がある。2015年度の国内の化粧品受託製造(OEM/ODM)の市場規模は2,403億円で,前年度に比べて5.5%増と大幅に増加している。2016年度は2,504億円(前年比104.2%),2020年度には2,861億円(2015年度比119.1%)に達すると予測されている大注目の業界である。

 近年のOEMメーカーは単なる製造受注にとどまらず,製品の企画提案から新製品開発に参加する機会も増加しはじめており,高品質な生産体制と付加価値の高い製品開発力,提案力が求められているという状況である。

 本レポートは,好調な化粧品市場の動向,今後ますます活発化することが予測される化粧品OEM市場の動向,主要OEMメーカーの動向・戦略,注目の化粧品原料73品目についての解説を2編構成でまとめている。化粧品産業に従事する読者の皆様の一助になれば幸いである。

2017年1月
株式会社シーエムシー出版 編集部
(本書「刊行にあたって」より抜粋) 

目次

【第 I 編 化粧品・化粧品受託市場の動向】

第1章 国内化粧品市場の動向
1 化粧品の市場規模推移
 1.1 国内の化粧品市場
 1.2 化粧品の輸出入動向
2 化粧品の製品別市場
 2.1 皮膚用(スキンケア)化粧品
 2.2 仕上用(メイクアップ)化粧品
 2.3 頭髪用(ヘアケア)化粧品
 2.4 その他の化粧品
3 チャネル別動向
4 化粧品市場の将来展望
 4.1 2015年の新製品動向
 4.2 大手化粧品ブランドメーカーのグローバル展開
 4.3 研究開発動向
  ・資生堂
  ・コーセー
  ・花王
  ・ノエビア
  ・ファンケル
 4.4 異業種参入の動向
  ・富士フイルム
  ・トリンプインターナショナルジャパン
  ・ユーグレナ
  ・大塚製薬
  ・ロート製薬
  ・ヤクルト本社
 4.5 エイジングケア市場への注力
 4.6 オーガニックコスメ市場の競争激化
 4.7 越境ECの活発化
 4.8 ハラール対応

第2章 化粧品受託製造市場の動向
1 化粧品受託製造市場の推移
2 化粧品受託製造企業の動向
 2.1 アウトソーシング対応体制の強化
 2.2 新製品開発力,技術力の強化
 2.3 自然志向化粧品への対応
 2.4 グローバル化への対応
 2.5 ハラールへの対応

第3章 化粧品OEM/ODMメーカーの動向
1 コスメテックジャパン
2 インターナショナル・トイレツリース
3 アサヌマコーポレーション
4 クロバーコスメイク
5 ケイズ
6 ケミコスクリエイションズ
7 サティス製薬
8 シーエスラボ
9 ジェイオーコスメティックス
10 日本コルマー
11 東洋新薬
12 資生ケミカル
13 美粧ケミカル
14 ミリオナ化粧品
15 日本色材工業研究所
16 日進化学
17 東陽化成
18 東洋ビューティ
19 ホシケミカルズ
20 トキワ
21 ミロット/アリエ
22 トレミー
23 PCLグループ
24 ミック・ケミストリー
25 ファインケメティックス
26 マーナーコスメチックス
27 三菱鉛筆(ユニコスモ)
28 天真堂
29 セントラル・コーポレーション
30 日本ゼトック
31 コスモビューティー
32 近代化学
33 ポイントピュール
34 フェイスラボ
35 フィディカ
36 石田香粧


【第 II 編 注目化粧品素材の開発動向】

第1章 色材・粉体
1 合成マイカ
2 微粒子酸化亜鉛
3 微粒子酸化チタン
4 微粒子酸化鉄
5 微粒子シリカ(無水ケイ酸)

第2章 脂質類
6 環状メチルシロキサン
7 スクワラン
8 ドコサヘキサエン酸
9 ミリスチン酸

第3章 界面活性剤
10 アシルコラーゲンペプチド
11 N―アシルメチルタウリン
12 アルキルポリグルコシド
13 アルキル硫酸塩
14 酢酸ベタイン
15 ショ糖脂肪酸エステル
16 ソルビタン脂肪酸エステル
17 レシチン

第4章 保湿剤
18 D―アミノ酸
19 オリゴ糖
20 コンドロイチン硫酸ナトリウム
21 セラミド
22 ソルビトール
23 ヒアルロン酸
24 ベタイン
25 シルク蛋白分解物
26 D―グルコサミン
27 アロエエキス
28 カイソウエキス
29 大豆ペプチド
30 ビフィズス菌エキス
31 シクロデキストリン

第5章 増粘剤・品質保持剤
32 カルボキシビニルポリマー
33 ヒドロキシエチルセルロース

第6章 老化防止・抗酸化剤
34 アスタキサンチン
35 コエンザイムQ10
36 トコトリエノール
37 ビタミンE
38 フラーレン
39 ラクトフェリン
40 α―リポ酸
41 ルチン
42 核酸
43 γ―アミノ酪酸
44 カテキン
45 グリチルレチン酸
46 グルタチオン
47 パントテン酸(ビタミンB)
48 レチノール(ビタミンA)
49 ウコンエキス
50 キャッツクローエキス
51 ツボクサエキス
52 ブドウ種子エキス

第7章 紫外線吸収剤・美白剤
53 サリチル酸及びその誘導体
54 セサミン
55 フェルラ酸
56 アスコルビン酸リン酸マグネシウム
57 アゼライン酸
58 アデノシン
59 トラネキサム酸
60 イブキトラノオエキス
61 オリーブエキス
62 コウジ酸
63 アルブチン

第8章 毛髪用素材
64 キチン・キトサン
65 ポリビニルピロリドン
66 ビオチン
67 α―ヒドロキシ酸
68 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB₆)
69 カモミラエキス
70 チョウジエキス
71 ヒオウギエキス
72 グリチルリチン酸及びその誘導体
73 リモネン
このページのTOPへ