オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(1月18日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

2016年7月5日開催セミナー


バイオマスプラスチックの最新技術と将来展望



日 時 2016年7月5日(火) 
12:30 受付開始 

講演時間13:00-16:20
    

会 場 東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F
弊社FORUM会場


【地下鉄】
・東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
・東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分
・都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
【JR】
・神田駅下車 西口から徒歩10分
定 員 25名

聴講料 15,000円/1名
(税込,テキスト代込)



セミナー
コード
V1027

カタログパンフレットはこちら(PDFファイル)



第1部

13:00
  |
14:00
「甦るバイオプラスチック ―COP21を受けて―」
元・バイオインダストリー協会
大島一史 先生

<概要>
 順調な市場展開を期待されたバイオプラスチック(BP)であったが,所謂リーマン・ショックに伴う経済環境の激変から国内市場規模は十数万トン/年に停滞している。しかし乍ら,昨年末開催されたCOP21で,国は2030年の温室効果ガス(GHG)排出量を26%削減(2013年対比)する約束提案を提出,採択されたことを受けて,プラスチック製品焼却に伴うGHG排出量削減の過半をBP製品で達成することが期待され,BPは新たな切り札としての市場拡大への展開が始まっている。

<目次>
1 バイオマスとは
2 バイオマス由来素材の現状
 2.1 利活用手段
 2.2 開発及び活用事例
 2.3 市場:規模と動向
3 実用化・普及に向けた取り組みと課題
 3.1 国の取り組み(経緯・現状)
 3.2 民間の取り組み
 3.3 課題及び解決に向けた試み


第2部

14:05
  |
15:05
「天然由来原料を活用したポリウレタンの開発」
三井化学㈱ 合成化学品研究所 技術統括リーダー
山崎聡 先生

<概要>
 化石資源由来の材料と同様,植物由来原料への材料転換にあたっては,機能付与などの性能の向上が求められている。 このような状況下,当社は,化石資源で得られるポリウレタンと同等以上あるいは化石資源で得られない特性を発現する植物由来原料を活用したポリウレタン(以下,バイオポリウレタンと略する)の開発を目標に研究を進めている。本講演では,植物由来原料を活用したポリオールおよびポリイソシアネートを用いたポリウレタンの技術動向などについて紹介する。

<目次>
1 ポリウレタンとは
 1.1 ポリウレタンの市場
 1.2 ポリウレタンの特徴
 1.3 ポリウレタンの技術動向
 1.4 市場ニーズ:環境対応への対応例
2 天然由来原料ポリオール
 2.1 バイオポリオールの構造最適化
 2.2 石油系ポリウレタンフォームとの物性比較
3 バイオイソシアネート
 3.1 ポリイソシアネートの構造・特徴
 3.2 硬化剤の性状・特徴
 3.3 自己修復性・ゲルなどへの応用
4 まとめ


第3部

15:20
  |
16:20
「バイオPE,バイオPETの現状及び今後の展望」
豊田通商㈱ バイオ・石油化学開発部 バイオPEグループ
鈴木宏成 先生

<概要>
 地球温暖化の影響が世界各地で顕在化する中,先進諸国のみならず国際社会全体で化石資源の節約,地球温暖化の抑制に向けた取組みが進んでいる。日本においては『バイオマスプラスチックの普及』がCO2削減対策・施策のひとつとして閣議決定され,今後更なる普及が期待される。このような外部環境において普及が進むバイオPE,バイオPETの現状及び今後の展望について講演する。

<目次>
1 バイオプラスチックを取り巻く環境
2 なぜバイオPE,バイオPETの普及が進んでいるのか
 2.1 要因分析
 2.2 企業様が採用に至った経緯
3 バイオPE,バイオPETについて
 3.1 生産概要・製造工程
 3.2 温室効果ガス削減効果
 3.3 食糧との競合,環境への影響
4 今後の展望及び採用事例のご紹介






下記のフォームからお申し込みいただくか,またはカタログPDFのお申込書にご記入の上,FAX等でご連絡ください。
お申し込み後に,聴講券,会場地図,請求書を送付いたします。
一週間程お時間をいただきますが届かない場合はご連絡ください。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2065,FAX 03-3293-7985)


お名前
※2名様以上でお申し込みの場合は,備考欄にお名前を追加してください。
フリガナ
貴社名・団体名
部署名
ご住所

お電話番号
FAX番号
E-mail

備考欄