会場:東京・千代田区  主催・企画元:&Tech
※当セミナー企画は講師と主催会社の発案によるセミナー企画であるため内容の無断転載を禁ずる

『【入門講座】 プラスチックの破壊機構とタフニング』
~高い剛性とタフネスが両立したプラスチック複合材料の強度設計~


★高分子破壊のマイクロメカニックスの基礎を学ぶ!
★プラスチックのタフ化、特に複合材料における強度設計を実現するには?
★微細構造の調整無機微粒子のブレンド、繊維の充填、様々なアプローチで自社の樹脂を強化する方法を学ぶ!

セミナー概要


セミナー番号
S71041 「プラスチック破壊」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

山形大学 名誉教授  石川 優 氏

対 象プラスチック破壊に関心のある方
会 場
高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】
◆東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
◆東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分、都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
◆神田駅下車 西口から徒歩10分
日 時
2017年10月13日(金) 13:30-16:30
定 員30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【1名の場合】27,000円(税込、テキスト費用を含む)

【2名の場合】32,400円(税込、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、5,400円加算】(税込、テキスト費用を含む)

※本講座は、複数でのご参加を希望される場合、サービスとして1名につき、5,400円で何名でも追加の申し込みができますが、同一部署に限ります。なお、別途でのお申し込みは正規料金になります。ご了承ください。 




【講演主旨】
 プラスチックの破壊は欠陥に由来するひずみの拘束によって応力集中の大きさが高分子の凝集構造をせん断変形支配で壊すフィブリル強度、あるいは体積変形支配で壊すクレイズ強度の何れかの臨界応力に達すると始まる。応力集中の大きさは体積弾性率に強く影響される。体積弾性率を低く調整すると応力集中は緩和され、プラスチックのタフ化が可能であることを解説する。

【プログラム】※現在最新プログラムを作成中
1.破壊力学による高分子材料の評価
  
2.強度の境界条件依存性
 
3.高分子破壊のマイクロメカニックス
 3.1 せん断変形支配の破壊
 3.2体積変形支配の破壊
 3.3 切り欠きを持つシートの破壊のマイクロメカニックスとJ積分

4.微細構造の調整によるタフニング
 4.1 数平均分子量がクレイズ強度と降伏応力に及ぼす影響 12
 4.2 分子量分布の幅がクレイズ強度と粘度に及ぼす影響
 4.3 i-PPの立体規則性がクレイズ強度に及ぼす影響
 4.4 共重合がクレイズ強度と降伏応力に及ぼす影響

5.体積弾性率の抑制によるタフニング
 5.1 ボイドによる体積弾性率の緩和とひずみの拘束の解放
 5.2 エラストマーのブレンドによるタフニングの効率に影響する因子
  5.2.1 分散相の強度がタフネスに及ぼす影響
  5.2.2 マトリックス樹脂の配向硬化とタフネス

6.高い剛性とタフネスが両立したプラスチック複合材料の強度設計
 6.1 無機微粒子のブレンドによるタフニング
 6.2 繊維の充填によるタフニング
  6.2.1 繊維と樹脂の界面の滑りによるタフニング のモデル
  6.2.2 界面強度の調整によるタフネスの改善の例
   6.2.2.1 酸変性低分子量PE改質材によるガラス繊維充填PCのタフニン
   6.2.2. 2 アラミド繊維によるPLAの弾性とタフネスの改善
 
7.終わりに
 
【質疑応答・名刺交換】







<お申し込みについて>

下記のフォームからお申し込みいただくと,主催者から、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。
一週間程お時間をいただきますが届かない場合は主催者までお問い合わせください。


  お名前 *
 
  会社名、団体名
 
  部署名
 
  ご住所 *
 
  お電話番号 *
 
  FAX番号
 
  Eメール(半角英数字でご記入下さい。) *
 
    *は必須入力です。