検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

CMC plus ―2012.2.20―(ナノテクノロジー全開)


<ナノテクノロジー全開>




・ナノテクプロジェクトの全盛
・「分析ができないと学術として発展しない」
・新奇のナノ材料



ナノテクプロジェクトの全盛


 アメリカで行われた2000年からの国家ナノテクノロジー戦略以来,研究プロジェクトには,「ナノ」が枕詞のように頻出した。CMCの書籍で「ナノ材料」を前面に押し出した書籍は、2001年発行の『ナノマテリアルの最新技術』(監修:小泉光恵・目義雄・中條澄・新原皓一)が最初だった。様々な材料がナノスケールになり、ナノサイズ効果による新しい機能材料への期待が大きく膨らんだ時期であった。先の書籍にもあらゆる材料のナノ化研究が紹介されている。
 しかし、当時のナノテクブームには誇張もあり、利害関係者による煽動があったようだ。世界のナノテクブームの発端であった米国の様相を振り返った『ナノ・ハイプ狂騒』(みすず書房)という本が出版されている。数人の懇意の先生が読んでいましたのでオススメします。(私は読んでません)
 先に挙げた『ナノマテリアルの最新技術』発行の当時から、様々な材料のナノサイズ化が検討され、実現されてきました。今日はCMC出版から発行されているナノ材料書籍を集めてみました。これだけでも相当に当時の研究動向を読み取ることができそうです。


<ナノ材料関連書籍>
ナノカーボンの応用と実用化
発行:2011年7月
★ 2011年はカーボンナノチューブ発見から20年のメモリアルイヤー
★ 急速に進む研究開発!ナノカーボン材料の応用と実用化について国内一流研究者が執筆!
★ ナノカーボン材料の安全性,標準化について詳述!
コアシェル微粒子の設計・合成技術・応用の展開
発行 2010年7月
★ 相反機能を両立する材料,刺激に応答する材料――進化するポリマーの陰にコアシェル微粒子あり!!
★ ユニークな合成反応,狙った機能を発現するためのコアシェル構造の設計,調製法,作製技術の最先端!!
★ 産業界における最新コアシェル微粒子の実用化例をpick up!!
機能性粘土素材の最新動向
発行:2010年3月
★ 「千の用途」を持つ粘土素材の最新動向を網羅した関係者必読の書!!
★ 各種粘土鉱物の特性から入手法、工業応用史と粘土の基礎情報が分かりやすい!!
★ 吸着剤、触媒、ナノコンポジット、ガスバリア材、医薬品、太陽電池と期待が広がり続ける!!
グラフェンの機能と応用展望
発行:2009年7月
★ 急速に研究が広がる新規ナノ炭素材料“グラフェン”の最新研究開発動向!
★ 高いキャリア移動度、量子ホール効果、エッジ状態など、特異な物性とその原理を詳述!
★ 実用化のためのグラフェン作製と評価法およびデバイス化の最新技術を網羅!
金属ナノ・マイクロ粒子の形状・構造制御技術
発行:2009年4月
★ 産業界から注目を集める金属ナノ・マイクロ粒子を形状・構造制御の観点から論じた必読の書!
★ 金属粒子の組成・調製法なども詳述し、実用化へ向けた金属ナノ・マイクロ粒子の最新開発動向を解説!
★ 医療応用、センシングなど応用展開を取り上げ、その最前線を掲載!
新機能微粒子材料の開発とプロセス技術
発行:2006年8月
★ 微粒子の設計から加工、そのプロセス、シミュレーション技術を集大成
★ 「微粒子が拓く」新材料、新技術を紹介
無機ナノシートの科学と応用
発行:2005年4月 ※電子書籍(eBook)として販売をしております→Knowledge Worker
★ 様々な用途展開が期待される無機ナノシートに関する初の包括的書物!
★ 第一線で活躍する産学官の研究者50名による分担執筆!
ナノメタルの応用開発【普及版】
発行:2008年11月
機能性ナノガラス技術と応用【普及版】
発行:2009年3月

ページトップにもどる





「分析ができないと学術として発展しない」


とは最近お会いしたナノバブル研究の第一人者の話です。ナノバブルは、“泡”なので、取り出して顕微鏡で観察する事もできなければ、その機能性を丁寧に評価するなんていうのも発想自体がナンセンスです。ナノバブルを発生させ、その効果が「ある」ということは火を見るより明らかだけど、きちんと評価して論文を書くことができないと、学問や技術自体は発展しない、と。
 逆に言えば,今の段階でも応用が見込めるナノバブルは,これからの伸びしろがまだまだあるということでもあります。発泡性樹脂から、排水処理、その他あらゆる分野での応用がおもしろい技術です。

 ■マイクロバブル・ナノバブルの最新技術 II
 ■月刊ファインケミカル2012年2月号「マイクロバブル・ナノバブルの最新動向」

 ナノバブルの話題は、ナノ材料の研究でも同じで、ナノ化した材料を作ることはできても、ナノ粒子が凝集してしまっていないか、ナノ粒子の表面では何が起こっているのか、そもそも作ったナノ粒子は一様なのか、など課題だらけだったようです。またハンドリングや機能性の評価といったところまでは、精密な技術はまだまだ追いついていなかったということもありました。
 そして、それらは分析機器の発展によって、大きく成長を遂げたといえます。世界有数の評価技術をもった企業があることが、日本のナノテク研究の飛躍を支えていたといえるでしょう。そして、表面・界面の修飾へと、ナノテクは深耕されてきました。


<ナノ材料の分析・表面・界面・操作関連書籍>
ナノ材料の安全性-世界最前線
発行:2010年11月
★ 最新の研究成果,客観的データを揃えた「ナノ材料安全性」に関する書籍が遂に登場!
★ 国際ナノファイバーシンポジウム2009での講演及びブレーンストーミングの内容,数百もの論文リストも収録!
★ まずは絶対に押さえてください!!!
ナノ・マイクロ粒子の表面改質による機能化技術と応用
発行:2009年5月
★ 微粒子制御のための表面機能化設計,評価技術,各種表面改質技術を詳述!!
★ 顔料,医薬品,複合材,回路・配線形成,化粧品とさまざまな応用における表面改質技術を解説!!
高分子表面・界面分析法の新展開
発行:2009年3月
★ 高分子表面・界面の評価・解析方法,表面・界面研究への提言――――
★ 機能現象の機構解析、高分子の表面改質・設計、トライボロジー,バイオとデバイスの界面を詳述!!
★ 研究者向けの高分子表面・界面分析法に関する待望の実用書発刊!!
有機分散系の分散・凝集技術
発行:2008年8月
★ 分散技術の中でも高分子微粒子、カーボンナノチューブなどに特化した初の成書!
★ エレクトロニクスや塗料、食品など、様々な応用で活躍する分散・凝集の最新技術も掲載!
ナノ粒子分散系の基礎と応用【普及版】
発行:2006年
ナノ粒子の製造・評価・応用・機器の最新技術【受注販売】
発行:2002年10月

ページトップにもどる





新奇のナノ材料


 従来の材料をナノスケール化したものには,繊維,高分子微粒子,ガラスなど材料の数だけある。加えて,ナノ化することで,さらに新奇な性質を発揮する金属には,プラズモン材料,量子ドット、金ナノ触媒などがあり,新材料としてCMC書籍のなかでも大きな注目を集めているテーマです。
 ナノテクにはこのほかに、ナノスケールの技術を使ったプロセスがあります。ナノプロセスを使った技術も次世代の材料やデバイスを開発する欠かせない技術となっています。二次電池、ナノインプリント、ナノバイオプロセスがその代表例です。まとめてご紹介します。


<ナノ新奇材料関連書籍>
マクロおよびナノポーラス金属
発行:2011年7月
★ 多数の気孔を有する金属材料が魅せる多様な機能!
★ マクロおよびナノポーラス金属の製法,特性評価,応用展開を第一線の研究者が詳述!
配位空間の化学
発行:2009年10月
★ 全く異なった視点から“空間”を利用する新しい研究分野を創出!
★ 監修はもちろん北川進先生です。はっきり言ってノーベル賞候補の筆頭です!
プラズモンナノ材料の最新技術
発行:2009年6月
★ 話題の「プラズモニクス」研究を入門から応用まで詳細解説!
★ 有機太陽電池,バイオセンシング,微細加工をはじめ,新技術や応用展開も続々登場。可能性が無限に広がる!!
金ナノテクノロジ-その基礎と応用-
発行:2009年3月
★ ナノサイズの金微粒子がもたらす革新的機能に世界が注目!まさに21世紀のゴールドラッシュ!
★ 金ナノ粒子の調整法から応用まで,ゴールドナノテクノロジーのすべてがわかる!
量子ドットの生命科学領域への応用
発行:2007年8月
★ 量子ドットの研究開発を素材・特性、製造、加工、応用、測機器に大別し、その最新の解説を掲載!
★ 微粒子関連、薬物担体、バイオイメージングをはじめとするバイオ関連の研究開発者へおすすめ!
ナノ蛍光体の開発と応用
発行:2007年8月
★ ナノサイズでもすぐれた蛍光機能を有する新材料:ナノ蛍光体の最新開発動向!
★ 重要な化学的合成法と評価技術、および具体的材料開発例を詳しく解説!
★ バイオ蛍光プローブといったエレクトロニクスとバイオの両分野にまたがる応用例を収録
メタマテリアル―最新技術と応用―【普及版】
発行:2007年
新時代の多孔性材料とその応用―ナノサイエンスが作る新材料―【普及版】
発行:2004年

ページトップにもどる

<ナノプロセス関連書籍>
ナノインプリントの開発とデバイス応用
発行:2011年10月
★ 電子・光・エネルギー・バイオ・・・広がるデバイス応用と大面積・量産化適用技術を詳述!
★ さらなる高精細化・応用展開に向けて,離型問題をはじめとする技術課題への言及を多数収録!
ナノ構造光学素子開発の最前線
発行:2011年7月
★ ナノ構造を使った光学素子開発の最新動向を網羅!
★ ディスプレイ,映像機器,光センサー,太陽電池など広範な応用分野を網羅!
★ 材料開発と構造形成プロセスの最新動向を詳述!
ナノインプリントの技術と開発戦略
発行:2011年5月
★ ナノインプリント技術を61(一部本書独自の呼称)に分類,解析!
★ 基礎技術から応用まで3,577件の特許公報を精査,出願人(法人,個人)数は国内310,外国320!
★ 大学・研究所出願,特許公報一覧,登録番号対照,主要パテントファミリーなど,豊富なデータを満載!
粉体技術と次世代電池開発
発行:2011年4月
★ 電池製造プロセスに使われている粉体技術を一挙紹介!
★ 需要が急拡大,生産が活発化しているリチウムイオン電池の最新の開発動向を解説!
★ 電池,粉体,自動車など電池に関わる全ての方へお薦めする一冊!
★ 電池市場が急成長し続ける今,御社の技術・装置を売り込む絶好のチャンスです!
フォトニックナノ構造の最近の進展
発行:2011年3月
★ フォトニックナノ構造により,光を自在に操る!
★ フォトニック結晶,メタマテリアル,プラズモニクスの最新動向がこの一冊に!
★ 海外の最先端の研究内容も,日本語概要があるので分かりやすい!
ナノシリコンの最新技術と応用展開
発行:2010年6月
★ "量子効果"を発揮するナノサイズ化されたシリコン,その機能探索と応用展開を詳細に解説した初の技術書!
★ 大きな可能性を秘めた新素材ナノシリコンの"光・電子・音"に注目が集まる!
★ ディスプレイ,照明,太陽電池などへの応用研究が多くの企業で精力的に進行中!
ナノインプリントにおける離型問題の評価とその対策
発行:2010年5月
★ ナノ金型の離型がうまく行かないことが産業化の大きなネック!
★ 離型問題の評価と対策の開発現場での活用ノウハウを紹介!!
マイクロ・ナノデバイスのエッチング技術
発行:2009年10月
★ コスト面や生産性で優れるウエット,微細化に優れるドライ,そしてそれらの応用展開!
★ 太陽電池におけるテクスチャー形成,3次元実装におけるシリコン貫通ビア形成など,最新のエッチング技術を掲載!
★ 予想通りにエッチングができずにお困りなら,是非とも本書をご参考下さい!
機能性DDSキャリアの製剤設計
発行:2008年10月
★ 徐放性,選択性,集積性,吸収性,溶解性,ステルス性などの機能を有する機能性キャリア素材の開発
★ 製剤設計,外部エネルギーを利用した放出制御など最新技術を詳述!
★ ペプチド,タンパク質や核酸など,近年需要が急増しているバイオ医薬品のDDSを利用した設計技術も充実!
ナノイオニクス―最新技術とその展望―
発行:2008年2月
★ ナノイオニクスが拓く夢の技術とその展望のすべてを解明!
★ ナノイオニクスの基礎・現象・計測から材料開発・応用までを詳述!
★ 第一線の研究開発者46名による最新成果を網羅!

(文:編集部 共田/2012年2月20日)
ページトップにもどる