検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

CMC plus ―2015.4.20―(ミラノ国際博覧会開催!!)





<ミラノ国際博覧会開催!!>

「食」をテーマとした博覧会を開催

 皆様すでにニュース等でご存知かと思いますが,本年5月1日からイタリア・ミラノにて国際博覧会が開催される予定です。この博覧会は,5年以上の間隔を空けて開催されるBIE(博覧会国際事務局)登録博覧会で,近年では愛・地球博(2005年・日本)や上海万博(2010年・中国)は記憶に新しいところです。ミラノでの国際博覧会の開催は1906年から実に109年ぶりで,食大国イタリアらしくズバリ「食」をテーマとした博覧会となります。関連施設では食品の安全性や食育,文化との関係など,食に関する様々な課題の解決・貢献策の方向性を示していくような取組み・技術が展示されます。


表1 2015ミラノ国際博覧会の概要

テーマ:「地球に食料を,生命にエネルギーを」
サブテーマ
1. 「食料の安全,保全,品質のための科学技術」
2. 「農業と生物多様性のための科学技術」
3. 「農業食物サプライチェーンの革新」
4. 「食育」
5. 「より良い生活様式のための食」
6. 「食と文化」
7. 「食の協力と開発」

開催地:イタリア・ミラノ
会期(予定):2015年5月1日~10月31日(184日間)
会場面積:110ha
想定入場者数:約2,000万人
参加国等:148ヵ国・地域・国際機関が参加表明(2015年1月現在)

ミラノ国際博覧会公式ページ(外部リンク)

表2 日本館で展示される日本の農林水産と食文化

(1) 日本の自然環境・農林水産業
 日本の自然環境,自然と共生する生産&生活スタイル・日本の水田・自然が育む精神風土,自然と共にある暮らし

(2)日本人の伝統的な食文化
 稲作・米食文化・魚食・生食文化・野菜をベースとしたヘルシーな食・豆食文化・発酵・醸造文化・うま味・だし文化・茶道と日本料理・料理人・職人の調理技術・食の道具

(3)世界と未来に貢献する日本の技術と取り組み
 新しい食料,エネルギー生産技術の提案・新しい食品加工技術の提案・安心・安全な食の提供・ロスゼロ循環・医福食農連携・食育の広がり・食と食料生産の国際貢献

(4)世界が憧れる日本のグルメノウハウ
 美食カスタマイズ・食こそエンターテインメント!・クールジャパン

日本館公式ページ(外部リンク)

 この博覧会では,それぞれの国が持つ食品に関連した最新技術も多く紹介される予定で,我が国の日本館においても食品の生産や加工,安全に関わる技術が展示されます。ミラノ国際博覧会に行って実際に最新技術を体験することが一番ですが,「ミラノまで行くのはちょっと…」という方に向けて,今回は食品関連技術を紹介した弊社発行書籍をご案内いたしますので,この機会にぜひご一読下さい。

<編集部 栗原>



以下,関連書籍のご案内です。


機能性ペプチドの開発最前線

監修: 有原圭三 / 発行日: 2015年4月3日発行 / 価格: 62,000円+税

★食品や化粧品に利用される機能性ペプチドの最新動向を紹介しています。

食物アレルギーの現状とリスク低減化食品素材の開発

監修: 森山達哉,穐山浩 / 発行日: 2015年3月2日 / 価格(税込): 66,000円+税

★食品リスクの一つであるアレルギーの検出法と評価系,食物の低アレルゲン化技術を紹介しています。

発酵・醸造食品の最前線

監修: 北本勝ひこ / 発行日: 2015年2月13日 / 価格(税込): 66,000円+税

★日本館のテーマの一つである発酵・醸造食品の最新技術を紹介している書籍です。

食品ハイドロコロイドの開発と応用II

監修: 西成勝好 / 発行日: 2015年1月30日 / 価格(税込): 66,000円+税

★食品製造法の一つとして開発が進むハイドロコロイド技術を応用事例も交えて紹介しています。

食品分野における微生物制御技術の最前線

監修: 川崎晋 / 発行日: 2014年12月12日 / 価格(税込): 62,000円+税

★日本館のテーマ「安心・安全な食の提供」に関係する微生物検出・抑制技術を紹介しています。

大豆の栄養と機能性

監修: 家森幸男 / 発行日: 2014年8月29日 / 価格(税込): 62,000円+税

★日本食の特徴の一つである大豆食について,その栄養・機能性をエビデンスに基づき解説しています。

アミノ酸科学の最前線-基礎研究を活かした応用戦略-

監修: 鳥居邦夫,門脇基二 / 発行日: 2014年5月30日 / 価格: 57,000円+税

★うまみのグルタミン酸など,アミノ酸に関する基礎・応用研究を紹介しています。

月刊機能材料 2015年2月号
【特集】ハイバリアフィルムの性能向上と評価技術の最新動向


発行日: 2015年2月5日 / 価格: 4,000円+税

★食品包装にも用いられるバリアフィルムの最新動向を紹介する特集号です。

月刊バイオインダストリー 2015年3月号
【特集】抗菌ペプチド利用の最前線


発行日: 2015年3月12日 / 価格: 4,500円+税

★食品添加物としての利用も拡大している抗菌ペプチドについての特集号です。

月刊ファインケミカル 2014年10月号
【特集】ユニバーサルデザインフード―見た目にも“おいしく”“食べやすい”食品の開発―


発行日: 2014年10月15日 / 価格: 7,000円+税

★高齢者でもおいしく食べられるような食品の開発に向けた特集号です。


ページの一番上へ戻る トップページへ戻る




過去の一覧はこちら