検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

トップ > ファインケミカル・バイオ関連 受託製造企業 > 協和発酵工業株式会社 化学品カンパニー


協和発酵キリン株式会社 化学品カンパニー

1.会社プロフィール
本社所在地 〒100-8185 東京都千代田区大手町1丁目6番1 大手町ビル
資本金 26,745 百万円
受託に関わる人員 25 名
資本系列
(資本構成比)
第一生命保険    日本興業銀行
     8.1%        4.5%
売り上げ規模(H 12 年実績)
うち受託生産による売り上げ実績
316,740 百万円
開発部門人数
年間開発予算


2.受注担当セクション
部署名 化学品カンパニー機能化学品営業部
担当者 石田靖人
住所 〒100-8185 東京都千代田区大手町1丁目6番1 大手町ビル
TEL 03-3282-0044
FAX 03-3282-1801
E-mail yasuto.ishida@kyowa.co.jp
URL http://www.kyowa-kirin.co.jp/
受託生産拠点
四日市工場 〒510-8502 三重県四日市市大協町2-3 協和油化株式会社


3.受託可能分野
医薬中間体 製剤包装 樹脂
農薬中間体 天然物バイオ 電子材料
写真薬中間体 化粧品 製品開発
その他中間体 食品 分析
※その他:


4.受託体制
これまでに受託実績を持つ
依頼があり,設備に余力がある時に受注する
試験サンプル程度の量しか対応できない
大量生産に対応する
大量の受注があれば設備の増設を検討する


5.特長的な技術・得意とする技術
得意な技術
カルボニル化/エステル化/還元反応(高圧水添(接触還元))/蒸留(常圧蒸留,減圧蒸留)/高純度精製技術
可能な技術
スルホン化/ハロゲン化(塩素化,その他)/脱ハロゲン化/アミノ化/アルキル化/エーテル化/カップリング・縮合反応/酸化反応(液相・触媒酸化)/フリーデルクラフツ反応・ルイス酸触媒/還元反応(金属水素化物)/反応重合(ラジカル重合,乳化重合,リビング重合)/毒性物質を使った反応(HCHO, CO)/悪臭物質を使った反応/爆発性危険物の取り扱い(EOのみ)/刺激性化合物の取り扱い/蒸留(抽出蒸留・水蒸気蒸留,分子蒸留)/晶析/濾過/高真空


6.所有設備
名 称 容 量 材 質 数量 温度 圧 力 その他
反応器 3m3
5m3
8m3
22m3
4m3
4m3
10m3
15m3
20m3
SUS
SUS
SUS
SUS
GL
GL
GL
GL
GL
1
1
1
1
1
1
1
1
1
160℃
200℃
260℃
220℃
220℃
230℃
160℃
130℃
160℃
0.15MPaG  
FV ~1.0MPag
FV~0.6MPag
FV~0.45MPag  
FV~0.6MPag
FV~0.6MPag  
FV~0.5MPag
FV~0.2MPag
FV~0.5MPag
オートクレーブ 10m3 SUS 1 200℃ 3MPaG
固定床水添塔  15m3 GL 2 200℃ 3MPaG
精密蒸留塔 300mmφ,25段
450mmφ,25段
700mmφ,10段
750mmφ,20段
1000mmφ,30段
SUS
SUS
SUS
SUS
SUS
1
1
1
1
1
150℃
200℃
200℃
275℃
200℃
FV~0.3MPag
FV~0.3MPag
FV~常圧
FV~常圧
FV~0.4MPag
薄膜蒸留装置 蒸発面積0.5m2 SUS 1 210℃ FV~常圧
遠心分離器 36インチ
ろ過面積2.5m2
アフロンコート
アフロンコート
コニカル乾燥機   450L
3m3
SUS
GL
1
1
100℃
130℃
FV~0.3MPag
FV~0.1MPag


7.環境対策
廃水は生活汚泥装置で処理する。
高濃度の廃水,廃液は廃水廃液燃焼装置(液中燃焼法)で焼却後,活性汚泥装置で処理する。
可燃性廃ガスはフレアースタッフで燃焼処理し,酸性廃ガスは洗浄塔で処理する。
平成12年にISO14001を取得している。


8.品質管理
平成11年にISO9002を取得しており,対象品目以外もISO9002に準じた管理を行っている。