2018年11月6日開催セミナー


空中ディスプレイの構成部材・デバイスの開発動向


★当日,簡単なデモンストレーションを実施します!
★空中ディスプレイを構成する材料や技術の開発動向!


日 時 2018年11月6日(火)
12:30 受付開始 

講演時間13:20-16:40
名刺交換、交流会(30分程度)16:40~     

会 場 東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F
弊社FORUM会場


【地下鉄】
・東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
・東京メトロ 竹橋駅下車 3b出口から徒歩8分
・都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
【JR】
・神田駅下車 西口から徒歩10分
定 員 30名

聴講料 15,000円/1名
(税込,テキスト代込)



セミナー
コード
V1132

カタログパンフレット兼FAX申込書はこちら



第1部

13:20
  |
14:20
「2面コーナーリフレクタアレイを用いた空中映像表示技術」
㈱パリティ・イノベーションズ
取締役研究開発部長
前田有希 先生

<概要>
近年,次世代の映像技術として空中映像が注目されています。本講座では,弊社開発技術である2面コーナーリフレクタアレイの仕組みや応用例など,これまでの開発内容をご紹介いたします。会場では簡単なデモを御覧いただけるスペースを設ける予定です。

<目次>
1. 2面コーナーリフレクタアレイ
 1.1. 背景・概要
 1.2. 空中映像が見える仕組み・結像原理
 1.3. 2面コーナーリフレクタアレイによる空中映像の特性
 1.4. 製造方法
2. 照明光学系シミュレーションによる解析
 2.1. 製造誤差と結像の関係
 2.2. 光線入射角度と結像面での強度分布の関係
 2.3. 照明環境下での迷光抑制
3. 空中映像の応用
 3.1. 注意点・ユーザーニーズ
 3.2. 空中映像技術の各種応用例




第2部

14:30
  |
15:30
「精密シートレンズの製造技術と空中ディスプレイへの応用」
日本特殊光学樹脂㈱
代表取締役
佐藤公一 先生

<概要>
日本特殊光学樹脂では空中ディスプレイ用途としても活用されているフレネルやレンチキュラー,シートプリズムなどの精密シートレンズを設計・製造している。本講演では,これらの設計や選定を行う上でのポイントや留意点などを製造の観点から述べる。

<目次>
1.日本特殊光学樹脂について
 1.1.会社概要
 1.2.製品種類と用途例
2.シートレンズについて
 2.1.フレネルレンズ
 2.2.レンチキュラーレンズ
 2.3.シートプリズム
 2.4.マイクロレンズアレイ
3.シートレンズの空中ディスプレイへの応用
4.シートレンズの設計と製造技術
 4.1.シートレンズの設計
 4.2.シートレンズの金型製造と留意点
 4.3.シートレンズの成形方法と留意点
5.まとめ



第3部

15:40
  |
16:40
「空中ディスプレイの基礎及び構成部材の最新動向」
宇都宮大学 准教授
山本裕紹 先生

<概要>
空中ディスプレイは従来の3Dディスプレイに比べてどのような価値を生み出すのでしょうか?
広い範囲から見える空中スクリーンを安く実現するにはどうすればよいでしょうか?
基礎と最新動向をやさしく解説します。

<目次>
1. イントロダクション
 1.1. 空中ディスプレイが注目される背景
 1.2. 物理的な存在を感じさせないスクリーンの価値
 1.3.空中に浮いて見える視覚のメカニズム
2. 空中にスクリーンを形成する原理と代表的な構成部材
 2.1.厳密な結像による空中表示
 2.2.疑似的な結像による空中表示
 2.3.錯視による空中表示
3. 最新動向
 3.1.再帰反射による空中結像(AIRR)
 3.2.空中ヒーター
 3.3.マルチモーダル空中ディスプレイ
4. まとめと今後の展望






下記のフォームからお申し込みいただくか,またはカタログPDFのお申込書にご記入の上,FAX等でご連絡ください。
お申し込み後に,聴講券,会場地図,請求書を送付いたします。
一週間程お時間をいただきますが届かない場合はご連絡ください。
また,開催日2 営業日前以降のキャンセルは承りかねます。詳しくはセミナー申込み規約をお読みくだい。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2061,FAX 03-3293-2069)


お名前
フリガナ
貴社名・団体名
部署名
ご住所

お電話番号   
FAX番号
E-mail

お支払方法   銀行振込  当日現金支払   ※いずれかを選択
備考欄