2019年11月8日開催セミナー


エポキシ樹脂の硬化メカニズムと硬化剤の活用法



★用途に応じた理想の物性を得るための各種硬化剤の特徴とともに配合比率や効果条件の
最適化のポイントを学ぶ!

日 時 2019年11月8日(金)
11:30 受付開始 

講演時間12:30-16:45
名刺交換、交流会(30分程度)16:45~     

会 場 東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F
弊社FORUM会場


【地下鉄】
・東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
・東京メトロ 竹橋駅下車 3b出口から徒歩8分
・都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
【JR】
・神田駅下車 西口から徒歩10分
定 員 30名

聴講料 20,000円/1名
(税込、テキスト代込)



セミナー
コード
V1181

カタログパンフレット兼FAX申込書はこちら



第1部

12:30
  |
13:30
「エポキシ樹脂の硬化メカニズムの基礎」
埼玉化成技術研究所 横浜分室
鈴木敏弘 先生

<目次>
1.エポキシ樹脂・硬化剤の概要
 1.1.硬化剤の分類
 1.2.硬化反応
2.硬化促進剤
3.硬化遅延剤
4.硬化剤適正配合量
5.一液(一成分)化
6.その他



第2部

13:40
  |
14:40
「酸無水物系硬化剤の特徴と活用法」

新日本理化㈱
機能化学品事業部 研究チーム
永島田 貴之 先生

<概要>
エポキシ樹脂硬化剤として使用される酸無水物の種類と特徴、配合比率や硬化条件の最適化について概説し、耐熱性・耐湿性・不揮発性などの物性改良に取り組んだ実例を紹介する。

<目次>
1.酸無水物エポキシ硬化剤の概要
 1.1.酸無水物の種類と特徴
 1.2.酸無水物の使用方法
 1.3.酸無水物を使いこなすポイント
2.エポキシ硬化物性の改良例
 2.1.高耐熱・耐湿性液状酸無水物
 2.2.不揮発性酸無水物


第3部

14:50
  |
15:50
「フェノール系硬化剤の種類・特徴と効果的な利用法」

DIC㈱ ポリマ第一技術本部
林 弘司 先生

<概要>
フェノール系硬化剤を用いたエポキシ樹脂硬化物は、耐熱性・耐加水分解性・耐薬品性等に優れることから古くより電気・電子絶縁材料用途で広く使用され、これまで様々な種類のフェノール系硬化剤が開発されてきた。本講演では、フェノール系硬化剤に関する基礎的な知見から樹脂構造に起因した硬化物の特徴等について解説する。

<目次>
1.はじめに
2.フェノール系硬化剤の種類と特徴
3.各種電子材料の技術動向
4.フェノール樹脂硬化系による一般的な耐熱性向上技術の紹介とその課題
5.耐熱性と相反する特性を両立する分子デザインの開発動向


第4部

16:00
  |
16:45
「イミダゾール系硬化剤の特徴と応用技術」

四国化成工業㈱
機能材料チーム・リーダー
熊野 岳 先生

<概要>
イミダゾールは、エポキシ樹脂の硬化剤として有用であることが知られており、そのバリエーションの広さから様々な用途で使用されている。本講演では、特徴、構造と反応性・潜在性の相関関係、エポキシ樹脂硬化剤としての具体的な適用例について紹介する。

<目次>
1.イミダゾールの特徴
2.イミダゾールによるエポキシ樹脂硬化メカニズム
3.構造と反応性の相関関係
4.四国化成のイミダゾール
5.使用例



『エポキシ樹脂の硬化メカニズムと硬化剤の活用法』セミナー



下記のフォームからお申し込みいただくか,またはカタログPDFのお申込書にご記入の上,FAX等でご連絡ください。
お申し込み後に,聴講券,会場地図,請求書を送付いたします。
一週間程お時間をいただきますが届かない場合はご連絡ください。
また,開催日2 営業日前以降のキャンセルは承りかねます。詳しくはセミナー申込み規約をお読みくだい。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2061,FAX 03-3293-2069)

」印は入力必須項目です。

お名前
※ 2名以上でお申込みの場合は「備考欄」にお名前をご記入ください
フリガナ
貴社名・団体名
部署名
ご住所

お電話番号   
FAX番号
E-mail

お支払方法   銀行振込  当日現金支払   ※いずれかを選択
備考欄