第6回試読会 展示書籍一覧


◆ジャンル別◆

●エレクトロニクス

●バイオテクノロジー

●ファインケミカル

●食品

●新材料・新素材

●地球環境

●AndTech発行書籍

●AndTechセミナー予稿集


エレクトロニクスシリーズ

商品コード 書名 発行年月 本体価格
T1052 フレキシブル熱電変換材料の開発と応用 201707 76000
S0816 最先端の有機EL 201704 90000
T1044 車載用リチウムイオン電池の高安全・評価技術 201704 80000
T1041 ヘルスケア・ウェアラブルデバイスの開発 201703 76000
T1035 高熱伝導樹脂の設計・開発 201612 72000
T1019 ワイヤレス電力伝送技術の研究開発と実用化の最前線 201608 68000
T1011 環境と福祉を支えるスマートセンシング 201606 62000
T1008 次世代パワー半導体実装の要素技術と信頼性 201605 68000
T0990 太陽光と光電変換機能 201601 72000
T0994 電波吸収材およびシールド材の開発とその応用 201601 66000
S0805 ナトリウムイオン二次電池の開発と二次電池の市場展望 201511 64000
T0985 エネルギーハーベスティングの設計と応用展開 201510 64000
T0978 最新ミリ波技術 201507 62000
T0977 次世代パワー半導体の高性能化とその産業展開 201506 66000
T0972 産業用3Dプリンターの最新技術・材料・応用事例 201505 75000
T0964 電子部品用エポキシ樹脂 201503 68000
T0955 蓄電デバイスの今後の展開と電解液の研究開発 201412 72000
T0957 次世代プリンテッドエレクトロニクス技術 201412 68000
T0954 太陽熱発電の最新動向 201411 62000
T0948 化合物薄膜太陽電池の最新技術Ⅱ 201410 70000
T0953 次世代自動車のための熱設計・評価手法と放熱・実装技術 201410 62000
T0940 リチウムイオン電池の高安全・評価技術の最前線 201408 66000
S0787 スマートフォン部品・材料の技術と市場 201404 70000
ページトップへ戻る

バイオテクノロジーシリーズ

商品コード 書名 発行年月 本体価格
T1049 生体ガス計測と高感度ガスセンシング 201707 76000
T1047 抗菌ペプチドの機能解明と技術利用 201705 74000
T1039 医療用バイオマテリアルの研究開発 201702 76000
T1037 人工細胞の創製とその応用 201701 72000
T1030 IoTを指向するバイオセンシング・デバイス技術 201611 70000
T1026 藻類由来バイオ燃料と有用物質 201610 74000
T1027 再生医療・細胞治療のための細胞加工物評価技術 201610 74000
S0809 バイオミメティクスの技術展望と産業動向 201606 70000
T1010 再生医療等製品の開発と実用化展望 201606 70000
T0999 ヘルスケアを支えるバイオ計測 201603 66000
T0992 腸内細菌・口腔細菌と全身疾患 201512 66000
S0804 再生医療のための細胞製造ハンドブック 201509 30000
T0979 難培養微生物研究の最新技術Ⅲ 201508 66000
S0799 酵素応用の技術と市場2015 201505 75000
T0959 非侵襲的検体検査の最前線 201501 68000
T0960 進化する医療用バイオベースマテリアル 201501 68000
T0938 再生医療の細胞培養技術と産業展開 201406 72000
S0785 エピジェネティクスの産業応用 201404 80000
T0932 スマート・ヒューマンセンシング 201403 68000
ページトップへ戻る

ファインケミカルシリーズ

商品コード 書名 発行年月 本体価格
S0814 最新農薬原体・キー中間体の創製2017 201705 200000
Z0208 ゲルとゲル化剤の開発と市場 201705 100000
T1046 泡の生成メカニズムと応用展開 201704 74000
T1040 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価 201703 86000
Z0207 化粧品・化粧品受託メーカーの市場と展望 201701 100000
T1036 フローマイクロ合成の実用化への展望 201701 72000
T1025 機能性粘着製品の開発と応用 201612 76000
A0720 2017年版ファインケミカル年鑑 201610 70000
T1023 マイクロニードルの製造と応用展開 201610 70000
T1029 機能性色素の新規合成・実用化動向 201610 74000
T1015 テルペン利用の新展開 201608 70000
T1017 機能性顔料の開発と応用 201608 72000
T1020 界面活性剤の最新研究・素材開発と活用技術 201608 66000
T1014 難水溶性薬物の経口製剤化技術最前線 201607 66000
T1006 抗体薬物複合体(ADC)の設計開発 201605 66000
T0991 核酸医薬の創製と応用展開 201602 68000
S0806 抗菌技術と市場動向 2016 201601 75000
T0995 医薬品添加剤の処方設計と物性評価 201601 64000
T0996 機能性化粧品素材 201601 68000
S0803 化粧品技術者のための素材開発実験プロトコール集 201510 30000
T0984 機能性インキの技術と応用 201510 62000
S0800 DDSキャリア作製プロトコル集 201508 68000
T0971 光老化科学の最前線 201504 72000
Z0205 シェールガス・オイル掘削薬剤の市場 201504 80000
T0967 抗体医薬における細胞構築・培養・ダウンストリームのすべて 201503 68000
S0796 機能性デオドラント製品の開発と市場 201412 75000
T0952 薬用植物・生薬の最前線 201411 68000
T0942 微粒子分散・凝集ハンドブック 201409 68000
T0943 バイオプラスチック技術の最新動向 201409 68000
T0941 クリックケミストリー 201408 66000
T0944 化粧品の安全・安心の科学 201408 64000
S0794 新しい農薬原体の創製2014 201407 100000
S0795 プラスチック添加剤の技術と市場 201407 75000
T0936 UV・EB硬化技術の最新応用展開 201407 70000
S0788 リモネンの化学と有効利用 201404 65000
T0935 美肌科学の最前線 201404 68000
S0784 硫黄の有効利用と将来展望 201403 70000
S0786 化粧品技術者のための処方開発ハンドブック 201403 30000
ページトップへ戻る

食品シリーズ

商品コード 書名 発行年月 本体価格
T1048 おいしさの科学とビジネス展開の最前線 201707 86000
S0815 機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集 201706 85000
S0817 機能性糖質素材・甘味料の開発と市場 201706 85000
T1032 食品機能性成分の安定化技術 201611 74000
T1021 おいしさの科学的評価・測定法と応用展開 201609 64000
T1018 脳機能改善食品素材の開発と応用 201608 62000
T1009 ポリフェノール:機能性成分研究開発の最新動向 201606 68000
T1004 日本食およびその素材の健康機能性開発 201605 64000
T1001 メイラード反応の機構・制御・利用 201604 66000
Z0206 機能性表示食品の市場 201507 80000
T0970 機能性ペプチドの開発最前線 201504 62000
T0963 食物アレルギーの現状とリスク低減化食品素材の開発 201503 66000
T0961 発酵・醸造食品の最前線 201502 66000
T0958 食品ハイドロコロイドの開発と応用Ⅱ 201501 66000
T0956 食品分野における微生物制御技術の最前線 201412 62000
T0939 大豆の栄養と機能性 201408 62000
T0937 女性の疾患と美容のための機能性素材の開発 201407 57000
S0790 抗酸化素材の開発と市場 201405 75000
T0931 アミノ酸科学の最前線 201405 57000
ページトップへ戻る

新材料・新素材シリーズ

商品コード 書名 発行年月 本体価格
T1051 高分子微粒子ハンドブック 201707 82000
T1053 プラズマ産業応用技術 201707 84000
T1054 ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向 201707 86000
T1050 有機エレクトロニクス封止・バリア技術の開発 201706 76000
T1045 ポリイミドの機能向上技術と応用展開 201704 74000
T1038 実用化に向けたソフトアクチュエータの開発と応用・制御技術 201703 74000
T1043 先端部材への応用に向けた最新粉体プロセス技術 201703 74000
T1031 イオン液体研究最前線と社会実装 201612 84000
T1033 先進無機高分子材料の開発 201612 76000
T1024 中空微粒子の合成と応用 201611 70000
T1028 潜熱蓄熱・化学蓄熱・潜熱輸送の最前線 201611 74000
T1034 異種材料接合技術 201611 74000
T1022 ポリマーナノコンポジットの開発と分析技術 201609 64000
T1005 次世代蛍光体材料の開発 201607 66000
T1012 カルコゲナイド系層状物質の最新研究 201607 70000
T1013 DLCの基礎と応用展開 201607 68000
T1016 EB技術を利用した材料創製と応用展開 201607 66000
S0811 自動車車体・内外装部品の材料開発と市場 201606 75000
T1007 元素ブロック材料の創出と応用展開 201606 66000
S0810 セルロースナノファイバー技術資料集 201605 66000
T1003 低分子ゲルの開発と応用 201605 66000
T0998 水素貯蔵材料の開発と応用 201604 68000
T1000 熱刺激電流を用いた材料・デバイス開発の最前線 201604 66000
T1002 酸化グラフェンの機能と応用 201604 68000
S0807 再生医療用足場材料の開発と市場 201603 75000
S0808 バイオプラスチックの開発と市場 201603 75000
T0997 高機能フィルムの開発と応用 201603 70000
T0989 元素ブロック高分子 201512 68000
T0986 高機能ゼオライトの最新技術 201511 62000
T0987 水溶性高分子の最新動向 201511 68000
T0988 最新高機能コーティングの技術・材料・評価 201511 64000
S0802 ポリエステルフィルムの最新開発・市場動向 201509 70000
T0982 高分子材料・製品の長寿命化・安定化技術 201509 68000
T0983 プラスチック発泡技術の最新動向 201509 60000
T0980 機能性ポリウレタンの最新技術 201508 72000
T0981 歯科再生・修復医療と材料 201508 66000
S0801 木質バイオマスのマテリアル利用・市場動向 201507 75000
T0973 省/脱Dyネオジム磁石と新規永久磁石の開発 201506 68000
T0975 スポーツバイオ科学と先進スポーツギアの開発 201506 64000
T0969 高分子トライボロジーの制御と応用 201505 70000
T0968 難燃剤・難燃化材料の最前線 201504 68000
T0965 機能性包装フィルム・容器の開発と応用 201503 70000
S0798 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 201502 75000
Z0204 フッ素製品市場の動向と展望 201502 80000
T0962 透明ポリマーの材料開発と高性能化 201501 70000
T0949 高機能性繊維の最前線 201410 64000
T0946 高分子圧電材料と無機圧電セラミックスの基礎から応用 201409 64000
T0947 超分子材料の設計と応用展開 201409 66000
S0789 カーボンナノチューブ応用最前線 201406 90000
S0793 化学建材の技術と市場 201406 58000
S0791 需要拡大するポリウレタンの技術と市場 201405 75000
T0934 フラーレン誘導体・内包技術の最前線 201404 66000
T0930 ゾル-ゲル法の最新応用と展望 201402 72000
ページトップへ戻る

地球環境シリーズ

商品コード 書名 発行年月 本体価格
S0812 バイオマスエネルギーの技術と市場 201610 85000
T0993 燃料電池自動車の開発と材料・部品 201602 70000
T0976 バイオベース資源確保戦略 201507 70000
T0974 アンモニアを用いた水素エネルギーシステム 201506 64000
T0966 バイオ水素とキャリア開発の最前線 201503 62000
S0797 2015年 水処理・浄化・水ビジネスの市場・企業・技術 201412 75000
T0950 水銀に関する水俣条約と最新対策・技術 201411 70000
T0951 吸着剤・吸着プロセスの開発動向 201411 66000
T0945 水素エネルギーの開発と応用 201408 62000
T0933 バイオマス発電の技術動向と事業性評価 201405 62000
ページトップへ戻る

AndTech発行書籍

商品コード 書名 発行年月 本体価格
AND001 フィルムの機能性向上と成形加工、分析・評価技術 201008 65000
AND003 透明断熱・遮熱ウィンドウフィルム・素材の最新技術開発動向・機能性向上と将来展望 201204 62000
AND004 MRの生産性アップと最適配置戦略 201205 62000
AND005 カーボンナノチューブの材料開発と分散・複合化技術、高機能化、市場・技術の新展開 201207 65000
AND006 導電性ペースト・インクの新規開発に向けた金属ナノ粒子の表面処理・合成・評価とCu・Ag系素材の課題克服アプローチ 201212 60000
AND007 フィルムの機能性向上と成形加工・評価技術Ⅱ 201301 65000
AND008 次世代真空断熱材の開発・評価と課題解決に向けた新技術 201311 62000
AND009 リチウムイオン二次電池電解液/電解質の安全性・長寿命・高出力化および添加剤の作用効果・技術動向 201403 46000
AND010 導電性高分子の最新開発・市場動向と技術ノウハウ集 201406 37000
AND011 国内外の農業用フィルム・被覆資材・園芸施設の技術開発と機能性・評価、市場および政策動向 201408 60000
AND012 自動車を中心としたヘッドアップディスプレイの最新技術・市場動向と高機能化・将来展望 201408 60000
AND013 燃料電池自動車に向けた高圧水素タンクの最新技術・規制動向と機能性向上 201412 46000
AND014 塗装代替・塗装レスを中心にした加飾フィルム・材料・加工技術の最新開発と自動車用途展開 201503 63000
AND015 ポリ乳酸における基礎・開発動向と改質剤・加工技術を用いた高機能化 201507 55000
AND016 PET系フィルムの技術開発と成形加工技術、評価、高機能化、環境対応技術、市場及び規制動向 201508 55000
AND017 ポストリチウムに向けた次世代二次電池の最新技術動向と材料技術 201511 35000
AND018 フィルム成形のプロセス技術 201601 60000
AND019 機能性ハードコートにおける最適調整・設計・評価と将来展望 201605 50000
AND020 進化する誘電エラストマ人工筋肉 201607 35000
AND021 次世代電子レンジ対応包装・容器の最新開発事例と要求特性・市場動向・法規制 201701 50000
ページトップへ戻る

AndTechセミナー予稿集

商品コード 書名 発行年月 本体価格
AT161 リチウムイオン二次電池用タブリードの材料構成と技術動向 201611 30000
AT160 医療用粘着剤の材料技術と求められる物性・機能・皮膚への低刺激化対策 201403 25000
AT157 自動車室内ディスプレイ搭載環境の最新技術動向と安全性向上・要求特性・将来展望 201509 30000
AT155 新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と仮説構築・儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイント 201507 30000
AT147 次世代スマート農業(農業IoT)におけるセンサー技術の現状とIoT活用の進展、実証試験例、課題、将来予測 201609 28000
AT140 3次元・曲面タッチパネルに対応するメタルメッシュ開発動向・製造プロセスと各種課題 201506 25000
AT139 量子ドット・ナノ蛍光体の開発と樹脂・フィルム・シートへの均一分散技術・応用展開 201503 32000
AT143 潜熱蓄熱材料の高機能化・技術動向と自動車の熱管理・排熱利用技術への応用 201602 28000
AT092 ≪安定的な農業生産を目的とした≫光学フィルムの基礎と物性評価、施設内光環境の条件設定、作物への影響、栽培試験例 201308 25000
AT176 PETフィルムの基礎と製造・加工プロセスおよび機能性付与・応用技術 201611 25000
AT192 ウェアラブル生体センシングの基礎と生体情報計測手法・メカニズム 201604 25000
AT193 軟包装材料の法規制動向と企業のリスク管理及び 取り組み事例 201607 25000
AT177 高硬度・ハードコート材料の最適設計と多機能化・柔軟性付与 201603 30000
ページトップへ戻る

※ご不明な点などございましたら下記の各会場お問い合わせ先にご連絡ください。
 東京会場
  担当:品田 https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php
 大阪会場
  担当:門脇 kadowaki@cmcbooks.co.jp

※大阪会場ではAndTech出版書籍の試読は出来ませんのでご了承ください。
※こちらの展示書籍以外からも試読希望書籍をお選びいただけます。
  弊社HPにて検索していただけますようお願い申し上げます
※試読希望書籍をお申込みされる場合は、東京会場の場合は10冊まで、大阪会場の場合は5冊までとさせていただきます。
※試読希望書籍は、ご希望に添えない場合がございます。