カテゴリ

  • 近日発売の新刊情報
  • CMCeBOOK
  • セミナー開催情報

≪見逃し配信付!≫セミナー「抗菌・抗ウイルス処理技術の基礎と製品応用」【ライブ配信】

★新型コロナウイルスの感染拡大により、大きく市場を伸ばしている抗菌・抗ウイルス剤!
★樹脂への混練・塗料への応用など、最終製品に如何にして抗菌・抗ウイルス性能を付与させるか?抗菌・抗ウイルス剤の活用法を詳解!

商品コード:
V2002
価格(税込):
22,000 円 /1名
会員価格(税込):
16,500 円 /1名
ポイント: 150 Pt
関連カテゴリ:
セミナー商品

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

キーワード:

抗菌 / 抗ウイルス / 樹脂混練 / 安全性 / 持続性 / 製品応用 / 選び方 / 使い方 / 活用法

開催日時
2022年8月26日  13:30~15:30

定員
30人

講師名

関西大学 化学生命工学部 非常勤研究員 冨岡 敏一 氏

会場
Vimeo(https://vimeo.com/jp)によるインターネットライブ配信にて開催します。ご自宅・お勤め先などから安定したネット環境にてご視聴ください。

注意事項

・受講料は1名受講時の金額を記載しております。 ・インターネットライブ配信にて実施いたします。推奨視聴環境や動画の視聴テストについてはこちら  をご覧ください。 ・動画のご視聴には、マイページへのログインが必要です。会員登録済みの方は、ログイン後、ご注文ください。  非会員の方は、会員登録(無料)のうえ、ご注文お願いいたします。 ・セミナー映像の録音・録画および配布・二次利用については、禁止いたします。 ・セミナー資料は開催前日までに送らせていただきます。 ・セミナー受講料は、開催前日までにお支払いください。 ・本セミナーは、セミナー終了1週間後まで、録画映像を参加者限定で公開いたします。  講師へのご質問は、セミナー開催時のみ承ります。

目次

【概要】
 コロナ禍で手洗いが日常化する中で,消費者の手に触れる物に抗菌・抗ウイルス性能が求められる機会が増えている。目に見えない性能を再現性良く発揮させる技術,消費者に安心して信頼性を得る生産技術も含めて,基礎から応用技術まで解説します。

【プログラム】
1.細菌とウイルスの基礎情報
1.1.細菌の特徴とその分類
1.2.ウイルスの特徴とその分類
2.抗菌・抗ウイルス剤の選び方
 2.1.抗菌・抗ウイルス剤の種類と特徴
  2.1.1.抗菌剤の種類と特徴
  2.1.2.抗ウイルス剤の種類と特徴
 2.2.抗菌・抗ウイルス製品に求められる特性
  2.2.1.抗菌・抗ウイルス特性
  2.2.2.安全性
  2.2.3.即効性
  2.2.4.持続性
 2.3.薬剤添加以外の抗菌・抗ウイルス技術
  2.3.1.加熱
  2.3.2.紫外線照射
  2.3.3.pH制御
  2.3.4.ろ過
  2.3.5.電場除菌
  2.3.6.放電処理技術
3.抗菌・抗ウイルス剤の使い方
 3.1.樹脂混錬技術への応用
  3.1.1.熱可塑性樹脂の混錬成型工程
  3.1.2.樹脂表面での薬剤分布
  3.1.3.応用技術とその測定方法
  3.1.4.反応硬化性樹脂への応用と課題
  3.1.5.実用化例
 3.2.塗装技術への応用
  3.2.1.塗料分散技術
  3.2.2.薬剤最適配合技術
  3.2.3.塗装処理における課題
  3.2.4.実用化例
 3.3.製品量産化と品質管理手法
 3.4.最新の情報収集と技術習得
4.質疑応答