オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(1月18日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

セミナー「リチウム二次電池材料における国内外の技術及び市場動向と各材料の技術対策、今後の展望」

2016年4月22日開催セミナー
リチウム二次電池材料における国内外の技術及び市場動向と


各材料の技術対策、今後の展望


★セミナー終了後、無料技術相談会(事前予約制)、講師を交えての懇親会を予定! 
★国内外の電池材料の技術、メーカー、研究動向を解説!
★各電池材料の技術課題とその対策とは?
★電解液の充填プロセスと初充電における問題解決
★世界で一番厳しい中国の電動車両用電池の安全規格の実状は?


日 時 2016年4月22日(金) 
10:30-19:30

・セミナー 10:30-16:35
・技術相談会,試読会
 16:40-17:30
・懇親会 17:30-19:30
    

会 場 東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル2F
弊社FORUM会場


【地下鉄】
・東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
・東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分
・都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
【JR】
・神田駅下車 西口から徒歩10分
定 員 40名

聴講料 29,160円/1名
(税込,昼食代,テキスト費用,懇親会費を含む)



セミナー
コード
V1024

カタログパンフレットはこちら(PDFファイル)



第1部

10:30
  |
11:45
「リチウムイオン二次電池正極材料の安全性を左右する
評価技術、表面処理、技術トラブル対策」

渡辺春夫技術士事務所 所長;
元 ソニー(株)
渡辺春夫 氏

<概要>
 表面改質は,正極活物質材料粒子の表面のみの僅かな改質で粒子全体の特性を改善でき,弊害が少なく,大きな効果を得ることができ,きわめて有用な技術である。そして,今後のリチウムイオン二次電池の特性向上を進めるにおいて,その有用不可欠な重要技術である。本講では,正極の各活物質について,安全性,耐久性、,レート特性等の課題とそれに対応した表面改質技術について解説する。

<プログラム>
1. はじめに
2. 活物質の表面改質の目的と効果
3. LiCoO2
4. 高Ni系(NiCoAl, NiCo)
5. NiMnCo三元系
6. Li過剰固溶体系
7. LiMn2O4スピネル系
8. 5V級スピネル系
9. LiFePO4
10. まとめ


第2部

12:30
  |
13:45
「リチウムイオン二次電池における電解液添加剤の種類と
作用効果」

群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授
鳶島 真一 氏

<概要>
 工業製品としてのリチウム電池では電解液は電池性能のみならず信頼性に最も影響する重要な電池材料である。特に電解液の安定性は改善すべき課題である。また,電池構成材料からガス発生する場合も多い。本講演では電解液の安定性向上のための手法として電解液添加剤を中心に議論する。

<プログラム>
1. リチウム電池用電解液に要求される基本特性
2. 電解液と電池構成材料の相互作用
3. リチウムイオン電池の性能劣化と電解液
4. リチウムイオン電池の安全性と電解液
5. 電解液の安定性向上に対する添加剤の効果
6. リチウムイオン電池用電解液用添加剤の種類と機能
7. まとめ


第3部

13:55
  |
15:10
「電解液の充填プロセスと初充電における問題解決」
泉化研(株) 代表
菅原秀一 氏

<概要>
 電解液(質)を組み上がった電池(電極対=セル)に充填するステップは,電池が畜電デバイスとして誕生する瞬間でもある。結局のところ,電解液を入れて初充電をしてみないと,ここまでの製造ステップの成否は判らない。初充電は製品電池の品質管理の基本データでもあり,ここでの判断がその後の製品の履歴になる。本セミナーでは,多少基礎的な事項をも含めてこの問題を解説すると同時に,電解液の持つ諸問題からポリマーゲル,更には全固体リチウムイオン電池(セル)まで,今後の諸問題にも触れたい。

<プログラム>
1. リチウムイオン電池(セル)の構成
2. 電解液の特性と電池(セル)の動作
3. リチウムイオン電池(セル)の製造工程
4. 初充電と電圧設定
5. 関連技術
6. まとめ


第4部

15:20
  |
16:35
「世界のリチウム二次電池における材料開発の推移と
最近の動向」

小澤エネルギー研究所 代表;
元ソニー(株) 電池事業部統括部長;
元エナックス(株) 代表取締役
小澤和典 氏

<概要>
 1996年なぜソニーが世界で初めてリチウムイオン電池の実用化に成功したのか,その後どのように発展していったのかを解説する。さらに材料開発に必要な基本事項と,世界の開発および製造について詳述し,今後の日本の進むべき方向を示す。

<プログラム>
1. リチウムイオン電池の実用化
2. 電解液の選択
3. 過充電や、内部ショートによる発火
4. 安全性テスト
5. 世界のリチウムイオン電池事情
6. 今後求められる電池
7. まとめ


16:40
  |
17:30
無料技術相談会、試読会

セミナー終了後,無料技術相談会を行います。
なお事前予約制となりますので、ご希望の方は申込みフォームの備考欄に,「技術相談会希望」とご記入ください。

また,同時に弊社書籍の試読会を開催いたしますので,展示書籍をご試読いただけます。


17:30
  |
19:30
懇親会

費用は参加費に含まれています。ご参加は任意です。






下記のフォームからお申し込みいただくか,またはカタログPDFのお申込書にご記入の上,FAX等でご連絡ください。
お申し込み後に,聴講券,会場地図,請求書を送付いたします。
一週間程お時間をいただきますが届かない場合はご連絡ください。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2065,FAX 03-3293-7985)


お名前
※2名様以上でお申し込みの場合は,備考欄にお名前を追加してください。
フリガナ
貴社名・団体名
部署名
ご住所

お電話番号
FAX番号
E-mail

備考欄