R&D支援センター主催 2020年6月25日開催


製薬用水の管理と設備/設計・バリデーション/設備適格性評価【LIVE配信】

~用水設備・日常管理・設備設計・DQ~PQ実施・査察時の指摘事項等など~




本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
★サンプリングの留意点とアラートレベル・アクションレベルの設定の落とし穴とは?
★DQで確認することは? IQ/OQで行うことは?

略称 製薬用水【WEBセミナー】
セミナー番号 R200633

日 時 2020年6月25日(木)
10:30-16:30

定 員 30名

講 師 医薬品GMP教育支援センター 代表 高木 肇 氏


聴講料 55,000円(税込)/1名

支払方法 銀行振込
  ※主催会社より送付の請求書に基づき、開催前までにお支払いください。
  ※振込手数料はお客様負担にてお願いいたします。

備考 ・お申込み後のお客様への連絡および請求等については、主催会社(R&D支援センター)よりさせていただきます。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・LIVE配信セミナーのご受講方法についてはこちらをご覧ください。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
・ご質問は、オープンチャットにご記入ください。
 個別質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
・申込後のキャンセルは、開催8日前までにご連絡お願いいたします。





<趣旨>
 製薬用水は医薬品の品質に大きく関わる原料である。にもかかわらず、ロット管理は困難な上、製造設備の設計はほとんどベンダーに依存するブラックボックス化した設備といえる。演者の経験をもとに、製薬用水のユーザーとして知っておくべき製薬用水システム設計時の注意点、バリデーション時の検証項目、生産時の品質管理のポイントなどを具体的に解説する。

<目次>
1.バリデーションの新潮流
  1.1 PIC/S Annex1改正案とGMP省令改正のポイント
  1.2 工場全体を横断する汚染管理戦略構築と実施が求められる
  1.3 用水システムについてもリスクアセスメントが求められる
  1.4 継続して工程が管理された状態を維持していることを検証する
  1.5 バリデートされた状態を確認するために有用な製品品質照査
2.製薬用水(製造用水)の概要
  2.1 精製水
  2.2 注射用水
  2.3 ピュアスチーム(PS)
  2.4 滅菌精製水
  2.5 バルク水と容器入り水
  2.6 製剤および原薬の「仕込水」基準
3.用水設備の概要
  3.1 水に含まれる不純物とその精製法
  3.2 活性炭塔とは
  3.3 イオン交換樹脂とは
  3.4 各種精製方法の比較
  3.5 蒸留器のリスク
  3.6 超ろ過設備のリスク
4.水質の日常管理
  4.1 用水サンプリングの留意点(オフライン測定)
  4.2 導電率測定の留意点(インライン測定)
  4.3 TOC管理の目的
  4.4 発熱性物質について
  4.5 TOC計の留意点
  4.6 TOCの各種測定方式(オンライン向き、オフライン向き)
  4.7 USPとJPのTOCに関する考え方の相違
  4.8 アラートレベル・アクションレベルの設定
  4.9 日常管理例
5.用水設備設計の留意点
  5.1 用水はロット管理が困難(管理できた状態(State of Control)を維持)
  5.2 DQの判定基準としてURSが必要
  5.3 用水設備の設計に必要な情報
  5.4 URSの目次例
  5.5 用水設備設計・施工時の留意点
  5.6 ユースポイント、貯蔵設備、配管設計の基本
  5.7 錆(ルージュ)の発生原因と発生個所例
  5.8 菌汚染リスクのある設計
  5.9 バイオフィルム(菌が排泄する粘液状物質)とは
  5.10 樹脂材(パッキン、フィルターなど)の留意点
  5.11 構造材の内面仕上げ
  5.12 バフ研磨のリスク
  5.13 用水ラインの殺菌法
6.DQ~PQの実施内容
  6.1 DQ(設計図書)で確認すること
  6.2 校正・保全のための基礎資料を要求
  6.3 IQ/OQで行うことは
  6.4 PQ(フェーズ1、2、3)で確認すること
7.生産移行後の管理
  7.1 施設・設備等は微妙に変化するもの
  7.2 事故の減少には日常点検
  7.3 校正周期の設定
  7.4 計器の重要度設定
8.査察時の指摘事項等




『製薬用水の管理と設備/設計・バリデーション/設備適格性評価【LIVE配信】』セミナー



お申し込みの方は、下記の申し込み欄をEメールにコピーし、※印の必要事項をご記入のうえ、
seminar-info@cmcbooks.co.jp あてにご送信お願いいたします。
ご参加いただいた方には定期的にメールマガジンやダイレクトメールで弊社書籍の案内を送らせていただく場合がございます。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2061,FAX 03-3293-2069)


◆ご参加者様情報◆--------------------------------------------------
【セミナー名】 :セミナー「製薬用水の管理と設備/設計・バリデーション/設備適格性評価【LIVE配信】」(R200633)
【お名前】 :
【会社名,団体名】 :
【部署名】 :
【Eメール】:
【郵便番号】 :
【ご住所】 :
【お電話】 :
【FAX】 :
【備考】 :※ご自宅に資料をご送付希望の場合、こちらに自宅住所をご記載ください。
-----------------------------------------------------------------