R&D支援センター主催 2021年4月27日開催


界面活性剤の基礎と活用法および最新の界面活性剤【LIVE配信】
~ハイブリッド界面活性剤、ジェミニ型界面活性剤、刺激応答性界面活性剤、酸化還元活性界面活性剤~




本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
★各種界面活性剤の特性はたらきを理解し、目的に合った効果的な活用法を習得する!

略称 界面活性剤【WEBセミナー】
セミナー番号 R210423

日 時 2021年4月27日(火)
10:30-16:30

定 員 30名

講 師 東京理科大学 工学部工業化学科 工学部長 教授 近藤行成 氏


聴講料 55,000円(税込)/1名

支払方法 銀行振込
  ※主催会社より送付の請求書に基づき、開催前までにお支払いください。
  ※振込手数料はお客様負担にてお願いいたします。

備考 ・お申込み後のお客様への連絡および請求等については、主催会社(R&D支援センター)よりさせていただきます。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・LIVE配信セミナーのご受講方法についてはこちらをご覧ください。
・開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
・申込後のキャンセルは、開催8営業日前までにご連絡お願いいたします。





<趣旨>
 界面活性剤の定義から、各種界面活性剤の基本的なはたらき、界面活性剤の特性(表面張力、ミセル形成、可溶化、乳化)等を理解することができる。また、界面活性剤の測定法についても、汎用の方法を解説するだけでなく、多くの職場に導入されているNMR装置が想像以上に万能であることを学ぶことができる。講演は、平易な言葉で解説され、分かりにくい物理化学的現象も理解できる。本講演は、長年理解が困難であった原理や機構をいよいよ理解する機会を与えるものである。


<目次>
1.界面活性剤とは

2.界面活性剤の分類
 2.1 疎水基による分類
 2.2 親水基による分類
 2.3 構造による分類

3.界面活性剤の一般的なはたらき
 3.1 アニオン性界面活性剤
 3.2 カチオン性界面活性剤
 3.3 非イオン性界面活性剤
 3.4 両性界面活性剤
  ・フッ素系界面活性剤が難燃性であるのはなぜ?

4.界面活性剤の需要
 4.1 生産量
 4.2 分野別需要

5.界面活性剤の溶解性
 5.1 クラフト点(温度)と測定法
 5.2 曇点と測定法

6.表面張力
 6.1 表面張力とは
 6.2 界面活性剤はなぜ表面張力を下げるのか
  ・フッ素系界面活性剤はなぜ、
    表面張力を大きく下げるのか
  ・フッ素系界面活性剤が撥水撥油性である理由
 6.3 ギブス吸着等温式

7.界面活性剤分子集合体のかたち
 7.1 臨界充填パラメータ
 7.2 最新のミセル構造

8.臨界ミセル濃度 (cmc)
 8.1 ミセルの物性の
     濃度依存性がわかればcmcはわかる
 8.2 Klevensの法則
 8.3 測定法
  8.3.1 表面張力法
  8.3.2 電気伝導度法
  8.3.3 静的光散乱法
  8.3.4 NMR法

9.ミセル物性の測定法
 9.1 ミセル粒径
  9.1.1 動的光散乱法
  9.1.2 NMR法
 9.2 ミセル会合数
  9.2.1 静的光散乱法
  9.2.2 蛍光消光法
  9.2.3 NMR法

10.可溶化
 10.1 可溶化とは
 10.2 可溶化能
 10.3 可溶化平衡

11.乳化
 11.1 乳化とは
 11.2 乳化系はなぜ安定ではないのか
 11.3 乳化法
 11.4 乳化系が不安定化する機構

12.最近の研究動向
 12.1 ハイブリッド界面活性剤
  12.1.1 ハイブリッド界面活性剤はなぜ合成されたのか?
  12.1.2 ハイブリッド界面活性剤の特性
   a) 水/油/フッ素系油3成分同時乳化
   b) 長寿なミセルの形成
 12.2 ジェミニ型界面活性剤
  12.2.1 ジェミニ型界面活性剤の種類
  12.2.2 ジェミニ型界面活性剤の特性
 12.3 刺激応答性界面活性剤
  12.3.1 光応答性界面活性剤
   a) 光による粘弾性制御
   b) 光による積極的な解乳化
  12.3.2 酸化還元活性界面活性剤
   a) 電気化学的酸化還元反応による粘弾性制御
   b) 酸化還元反応による遺伝子導入の制御

13.まとめ




『界面活性剤の基礎と活用法および最新の界面活性剤【LIVE配信】』セミナー




お申し込みの方は、下記の申し込み欄をEメールにコピーし、※印の必要事項をご記入のうえ、
seminar-info@cmcbooks.co.jp あてにご送信お願いいたします。
ご参加いただいた方には定期的にメールマガジンやダイレクトメールで弊社書籍の案内を送らせていただく場合がございます。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2061,FAX 03-3293-2069)


◆ご参加者様情報◆--------------------------------------------------
【セミナー名】 :セミナー「界面活性剤の基礎と活用法および最新の界面活性剤【LIVE配信】」(R210423)
【お名前】 :
【会社名,団体名】 :
【部署名】 :
【Eメール】:
【郵便番号】 :
【ご住所】 :
【お電話】 :
【FAX】 :
【備考】 :※ご自宅に資料をご送付希望の場合、こちらに自宅住所をご記載ください。
-----------------------------------------------------------------