R&D支援センター主催 2021年4月22日開催


生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望【LIVE配信】



本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
★なぜ今、分解性プラスチックが注目されているのか?そして今後はどうなる?

略称 生分解性プラスチック【WEBセミナー】
セミナー番号 R210456

日 時 2021年4月22日(木)
13:00-16:30

定 員 30名

講 師 人見清貴 氏


聴講料 49,500円(税込)/1名

支払方法 銀行振込
  ※主催会社より送付の請求書に基づき、開催前までにお支払いください。
  ※振込手数料はお客様負担にてお願いいたします。

備考 ・お申込み後のお客様への連絡および請求等については、主催会社(R&D支援センター)よりさせていただきます。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・LIVE配信セミナーのご受講方法についてはこちらをご覧ください。
・開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
・申込後のキャンセルは、開催8営業日前までにご連絡お願いいたします。





<趣旨>
 海外ではポリエチレンやポリプロピレン等の規制が一層強化されている。この潮流は日本にも波及し、ストロー、レジ袋等への対応が検討され始めている。この背景には、プラスチックによる深刻な海洋汚染の問題が存在する。こうした潮流の中で、“ゴミにならないプラスチック”=生分解性プラスチックが注目を浴びつつある。この講演では各国での規制と生分解性プラスチックの基礎から商品開発のヒント、更に今後の展望を予測する。


<目次>
1.なぜ今、生分解性プラスチックが注目されているのか?
 1-1 各国の汎用プラスチックの規制から見えてくるもの
 1-2 生分解性プラスチックの海外トレンド
2.生分解とは何か?
 2-1 生分解とは何か
 2-2 生分解性プラスチックの分解ステップ
 2-3 分解速度とガラス転移点の関係
3.生分解性の歴史と認証制度
 3-1 生分解性プラスチックの誕生と歴史概要
 3-2 日本での生分解性プラスチックの認証制度
 3-3 海外での認証制度
 3-4 海洋性分解という新しいセグメント
4.生分解性プラスチックにはどんなものがあるのか?
 4-1 日本で上市されている生分解性プラスチックの種類と特徴
 4-2 安価で注目される中国製の生分解性プラスチックの種類と特徴
 4-3 ポジティブリストとは?
 4-4 酸化型生分解性プラスチックの問題点
5.生分解性プラスチックの成形課題と改善のポイント
 5-1 吸湿と乾燥のコントロール
 5-2 強度と分解速度の関係
 5-3 ポリマーブレンド技術
 5-4 添加剤の効果的な使用用法
6.生分解性プラスチックの市場動向
 6-1 生分解性プラスチック製品の市場
 6-2 生分解性プラスチック製品の課題
 6-3 グリーンプラマーク登録製品を分類する
 6-4 グリーンプラ登録製品から読み取るトレンド
 6-5 生分解性プラスチック製品の新たな展開
 6-6 今後の展望




『生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望【LIVE配信】』セミナー




お申し込みの方は、下記の申し込み欄をEメールにコピーし、※印の必要事項をご記入のうえ、
seminar-info@cmcbooks.co.jp あてにご送信お願いいたします。
ご参加いただいた方には定期的にメールマガジンやダイレクトメールで弊社書籍の案内を送らせていただく場合がございます。
(シーエムシー出版 東京都千代田区神田錦町1-17-1 TEL 03-3293-2061,FAX 03-3293-2069)


◆ご参加者様情報◆--------------------------------------------------
【セミナー名】 :セミナー「生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望【LIVE配信】」(R210456)
【お名前】 :
【会社名,団体名】 :
【部署名】 :
【Eメール】:
【郵便番号】 :
【ご住所】 :
【お電話】 :
【FAX】 :
【備考】 :※ご自宅に資料をご送付希望の場合、こちらに自宅住所をご記載ください。
-----------------------------------------------------------------