• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2004年4月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: F0404

  • 発行日: 2004年3月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】

21世紀的の医食同源―新しい脂肪燃焼素材L-カルニチン
L-Carnitine、a Novel Fat Buener
王堂哲(ロンザジャパン(株) 微生物工学受託事業部 事業部長)
 L-カルニチンは脂肪燃焼に必須の栄養成分であり、日本では2003年から食品として実用可能になった食品素材である。本稿ではこの新規素材について、その生理作用や生化学分子としての特徴、物性と具体的な食品への加工応用例やターゲットユーザー、製造プロセスの経緯、日本市場での今後の開発予測などについて概説する。

【目次】
1. はじめに―予防は投資、治療は負債
2. L-カルニチンの生理作用
2.1 脂肪燃焼作用
2.2 乳酸体質からの脱却
2.3 抗疲労とアセチルL-カルニチン
2.4 その他の応用例
2.5 L-カルニチンの役割の本質―生理作用のまとめとして
3. L-カルニチンの製造方法
4. 潮解性との戦い―L-酒石酸塩の発明
5. 日本ならではのL-カルニチン応用
6. おわりに―Turn Fat into Energyというコンセプト


EMの香粧品分野の応用について
Application of EM(Effective Microorganisms) in the Field of Cosmetics
比嘉照夫(琉球大学 農学部 教授)

 EM(有用微生物群)は、光合成細菌を中心に乳酸菌や酵母などの有用発酵菌と共代謝的な機能をもっている。そのため、それらの微生物の発酵産物には多種多様な抗酸化物質が含まれており、きわめて強い抗酸化力と非イオン作用、および磁気に共鳴する波動(重力波)をもっている。EMのもつ万能的な性質は、このような複合的な機能性によるものであるが、本稿はその代表的な事例をあげ、EMの香粧品分野における応用と今後の可能性について解説した

【目次】
1. はじめに
2. EMの病原性細菌の抑制作用
3. EMが産生する各種の抗酸化物質
4. EM・Xセラミックスの不思議
5. EMの香粧分野での応用について
6. おわりに


化粧品の有用性評価
Evalution of Cosmetics
正木仁((株)コスモステクニカルセンター 機能評価部 取締役機能評価部長)
 近年、化粧品分野において、Evidence Based Cosmetics(EBC)という概念が導入されつつある。本稿では、今後の一般的な化粧品有用評価システムについて、機能性化粧品の効能効果として注目されている抗老化効果(シワ改善、予防)を中心に、具体的な評価例を含めてまとめた。

【目次】
1. はじめに
2. 有用性評価の流れ
3. 抗老化についての有用性評価
3.1 老化皮膚の特徴
3.2 抗老化評価のストラテジー
3.2.1 培養細胞系での抗老化評価
3.2.2 LSEを用いた抗老化評価
3.2.3 ヒト使用試験による抗老化作用の評価
4. おわりに


連載:最近の大型工業化触媒(7)
最近の大型化学工業プロセス―工業化の必要条件、今後の動向・展望―
Newly Established Chemical Process in Japan
瀬戸山亨((株)三菱化学科学技術研究センター 不均一触媒研究所 所長)
 1990年代以降、新しい触媒系による年産数万トンの大型化学プロセスがいくつか工業化される一方で、中国、台湾、韓国をはじめとするアジア、中東地域での化学産業の急激な勃興により、日本の化学産業の競争力は相対的に低下していることは認めざるをえない事実である。いくつかの新しい工業プロセスについて簡単に紹介し、それらの工業化された要因について、それぞれの化学製品事業固有の事業環境、技術的な優位性の観点から言及しながら、いまだ工業化されていない触媒プロセス技術について言及してみたい。

【目次】
1. 化学製品の製造原価、日本国内外の製造コスト構造
2. 開発にかかわる費用、期間
3. 注目される触媒プロセス
3.1 PTMG、14BG、THF
3.2 カプロラクタム
3.3 酢酸
3.4 アクリル酸、アクリロニトリル
4. 現状のまとめと今後の展望


連載:コンピューターケミストリーとファインケミカル(9)
―企業研究者のための実際的入門―
非経験的フラグメント分子軌道法によるエストロゲン受容体とリガンドとの結合性予測
Ab initio Fragment Molecular Orbital Study of the Binding Energy of Ligandsto Estrogen Receptors
長嶋雲兵((独)産業技術総合研究所 グリッド研究センター 総括研究員)
福澤薫(富士総合研究所 計算科学技術研究センター 研究員)
中野達也(国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部 主任研究官)
 エストロゲン受容体と種々の内分泌攪乱物質分子(リガンド)との結合エネルギーをフラグメントMO法を用いて理論的に計算することで、エストロゲン受容体とリガンドの結合エネルギーがその活性と強い相関をもつことがわかった。フラグメントMO法によるリガンドのインシリコ・スクリーニングの可能性を示した。

【目次】
1. はじめに
2. フラグメントMO法―タンパク質の電子状態計算のために―
2.1 フラグメントMO法
2.2 フラグメントMO法と通常の非経験的分子軌道法(Hartree-Fock法)性能比較
3. エストロゲン受容体とリガンドの結合エネルギーの計算
3.1 計算モデル
3.2 計算結果
4. おわりに


シリーズ 法改正(2)
食品衛生法・健康増進法の一部改正の経緯およびポイント
Outline of the Amendment of the Food Sanitation Law and the Health PromotionLaw
小幡篤志(厚生労働省 医薬食品局 食品安全部 企画情報課企画法令係長)
 BSEの発生などを契機として、2003年、食品安全委員会が設置されるとともに、食品衛生法の半世紀ぶりの大改正をはじめ、健康増進法など食品関係の法律の改正が行われた。その内容は、事業者の責務の明確化、企画・基準の見直し、監視・検査体制の強化、食中毒対応の強化など多岐にわたるものである。

【目次】
1. 背景
2. 「食の安全」を確保するための新しい取り組み(リスク分析)
3. 食品衛生規制の抜本的見直し
3.1 議員立法による食品衛生法の改正(中国産冷凍ホウレンソウ問題への対応)
3.2 「食品衛生法等の一部を改正する法律」と「健康増進法の一部を改正する法律」の概要
3.3 法案の附帯決議
4. おわりに


ケミカルプロフィル
水酸化カリウム
Lithium hydroxide
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


N-メチルアニリン
N-Methylaniline
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


N,N-ジメチルアニリンジ
N,N-Dimethyl-aniline
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


m-キシリレンジアミン
m-Xylylenediamine
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ