• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2008年6月号

【研究開発情報】

商品コード: F0806

  • 発行日: 2008年5月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

【研究開発情報】
高強度・高機能ゲルの開発とその生体材料への応用
Creation of Hydrogels with High Mechanical Strength and Multifunction for Biomaterials
陳咏梅(北海道大学 大学院 理学研究院 生物理学部門 創成科学共同研究機構 特任准教授)
(北海道大学 大学院 理学研究院 生物理学部門 教授)
 高分子ゲルは生体組織に類似する構造と性質をもつことから、生体組織の代替材料として注目を浴びている。筆者らの研究グループは、高強度かつ細胞親和性、生体適合性、耐摩耗性といった高機能を併せ持つ高分子ゲルの開発に成功している。これらのゲルの特徴や機能を総合すれば、人工軟骨、人工血管の創成が期待できる。

【目次】
1. はじめに
2. 軟骨に匹敵する超高強度DNゲルの創製
3. タンパク質の修飾を伴わない合成高分子ゲル上における細胞の直接培養
4. ゲルの物性による血管内皮細胞表面機能の変化
5. 細胞親和性のある高強度ゲルの創製
6. 高強度ゲルの生体適合性と摩耗
7. おわりに


防水層用遮熱断熱塗料「クールトップ♯5000セラミック」の開発
Development of Heat-shielding Heat-insulation Paint for Prevention WaterLayers、「Cooltop #5000 ceramic」
小池修(スズカファイン(株) 技術本部 係長)
 「クールトップ#5000セラミック」は、赤外線反射性能に優れた顔料とセラミックバルーンの相乗効果により優れた遮熱断熱性を有する。この遮熱断熱性により防水層を太陽熱による劣化から保護することができ、防水層のメンテナンスサイクルを長期化することができる、環境に優しい省エネルギー型塗料である。
 
【目次】
1. はじめに
2. 遮熱塗料とは
3. 遮熱塗料の評価
4. クールトップ#5000セラミックの特徴
4.1 優れた遮熱断熱性
4.2 防水層の保護
4.3 環境配慮型塗料
4.4 優れた塗膜性能
5. 適応素地および塗装仕様
6. おわりに


微生物水酸化反応による二置換ピリジンの合成
Synthesis of Di-substituted Pyridines by Microbial Hydroxylation
佐々木美江(有機合成薬品工業(株) 東京研究所 研究員)
野田哲治(有機合成薬品工業(株) 東京研究所 グループリーダー)
松本清一郎(有機合成薬品工業(株) 開発部)
詫摩勇樹(有機合成薬品工業(株) 東京研究所 所長)
 二置換ピリジンは、医薬品や合成樹脂などの原料として期待される化合物である。われわれは、土壌から単離した新規微生物Delftiasp. YGK-A649株などを用いることで、多様な一置換ピリジンの水酸化反応が高い選択性で効率よく進行し、種々の二置換ピリジンの合成が可能であることを見いだした。そのプロセス開発について紹介する。
 
【目次】
1. はじめに
2. 4-置換ピリジンの2-位水酸化活性をもつ微生物のスクリーニング
3. 微生物による2-HINAの生産
3.1 培養条件の検討
3.2 反応条件の検討
3.3 2-HINAの生産
4. 微生物による2-HINAAの生産
5. 微生物による2-H-4-ALDPの生産
6. 微生物による各種ピリジン誘導体の水酸化反応
7. おわりに


プロセス化学を指向したシリル化反応の展開
Development of Sylilation Reactions Directed towards Process Chemistry
御前智則(兵庫県立大学大学院 物質理学研究科 助教)
飯田聖(関西学院大学 理工学部 化学科)
岡崎宏紀(関西学院大学 理工学部 化学科)
岡林智仁(関西学院大学 理工学部 化学科)
田辺陽(関西学院大学 理工学部 化学科 教授)
 プロセス化学における汎用反応(エステル化・スルホニル化・アミド化など)の実用的合理化の一環として、アルコール・ケトン・エステルのシリル化反応に関する最近の進歩を中心に述べる。ここでは、「早かろう、安かろう、良かろう」、すなわち、totalcost-effectiveをコンセプトとしている。
 
【目次】
1. はじめに
2. アルコールのTBAF触媒法によるシリルエーテルの合成
3. アルコールの酸触媒法によるシリルエーテルの合成
4. ケトン・アルデヒドの塩基触媒法によるエノールシリルエーテルの合成
5. TiCl4-AcOEt or CH3NO2錯体、TBAF-置換安息香酸を用いる効率的脱TBS化反応と1β-メチルカルバペネム合成への応用
6. エステルからのケテンシリルアセタールの実用的簡便合成
7. 混合実験の反応速度逆転現象
8. おわりに


不斉アルドール反応による3-ヒドロキシプロリン誘導体の立体選択的合成法
Stereoselective Synthesis of 3-Hydroxyproline Derivatives using Asymmetric Aldol Reaction
濱田康正(千葉大学大学院 薬学研究院 教授)
牧野一石(千葉大学大学院 薬学研究院 准教授)
 プロリン類は医薬品および天然物合成の原料として有用である。3-ヒドロキシ-3-メチルプロリンは、微生物由来環状デプシペプチドポリオキシペプチン類に含まれる、隣接した2個の不斉中心を有する特異な非タンパク質性アミノ酸である。本稿では筆者らが行ってきたマイケル付加-アルドール連続反応および分子内不斉アルドール反応を経由する3-ヒドロキシプロリン類の効率の良い立体選択的合成法を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. マイケル-アルドール連続反応を経由するジアステレオ選択的合成法
3. 有機触媒を用いるプロリン誘導体のエナンチオ選択的不斉合成
4. おわりに


溶媒効果の量子化学計算による予測とマイクロリアクター実験による検証
Prediction of Solvent Effects by Quantum Chemical Calculations and their Experimental Validation by Microreactors
浅野由花子((株)日立製作所 機械研究所 第一部 研究員)
富樫盛典((株)日立製作所 機械研究所 第一部 ユニットリーダ・主任研究員)
 アニリンのアセチル化反応において、溶媒効果による反応速度の変化を予測して溶媒を選定し、マイクロリアクター実験によりその検証を行った。量子化学計算(密度汎関数法)より、アクセプター性溶媒を用いると溶媒和が起こりやすいと予測し、アクセプター性の異なるジエチルエーテルと酢酸という2つの溶媒を検討した。計算では、酢酸中のほうが反応速度定数が大きく求められ、マイクロリアクター実験でも同様の結果を得た。さらに、ジエチルエーテル中では反応律速であるが、酢酸中では拡散律速であることがわかった。

【目次】
1. はじめに
2. マイクロリアクターの特徴、および反応系へのマイクロリアクター適用手順
2.1 マイクロリアクターの特徴
2.2 反応系へのマイクロリアクター適用手順
3. 計算方法および実験方法
3.1 計算方法
3.2 実験方法
4. 計算による検討溶媒の選定
5. 計算結果および実験結果
6. おわりに


世界の新薬2006(2)
New Drugs of the World
村上尚道
【目次】
5. 合成法新薬各論(その2)
(5) Lubiprostone(Sucampo)
(6) Mozavaptan hydrochloride(大塚製薬)
(7) Paliperidone(Johnson & Johnson)
(8) Ranolazine(CV Therapeutics)
(9) Rimonabant(Sanofi-Aventis)


業界展望
プラスチック用酸化防止剤の市場動向
Market of Antioxidants for Plastics
【目次】
1. 概要
2. 需要動向
3. 価格動向
4. メーカー動向
5. 環境問題
6. 開発動向
(1) チバ・スペシャルティ・ケミカルズ
(2) ADEKA/住友化学
(3) ADEKA
(4) 住友化学
(5) 城北化学


ケミカルプロフィル
ソジウムアルコラート
(Sodium alcoholate)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
 (6) 価格


トリグリコールジクロライド
(Triglycol dichloride)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


グアニジン塩
(Guanidine salts)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


N-[3-(ジメチルアミノ)プロピル]メタクリルアミド
(N-[3-(Dimethylamino)propyl]methacrylamide)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


コラム:技術雑記(第36話)
紙の歴史
永田宏二


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ